キングオブ・ソーシャルミュージック トランペット界の帝王 マイルス・デイビスという男

"俺の音楽はジャズじゃない"

トランペット奏者として恐らく世界で一番有名であろうマイルスが言った言葉である。

音楽の名門「ジュリアード音楽院」を卒業し、様々な大物と渡り合って行くようになったマイルス。ジャズ界に空前絶後の旋風を巻き起こしたマイルスの人生はその後誰もが予想の出来ない方向に向いて行く。。

音楽が好きな人なら一度は聞いた事がある名前だと思います。名前は知ってるけど曲は聞いた事ない!マイルスって何がすごいの?

今日はそんなあなたに"キングオブソーシャルミュージック"マイルス・デイビスの全貌をご紹介します。

目次

  • マイルス・デイビスとは
  • マイルス英雄伝説1  音楽に肌の色なんか関係ない。「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」
  • マイルス英雄伝説2 「華麗なる音楽人生からの転落、そしてカムバック」
  • マイルス英雄伝説3 「俺の音楽はジャズじゃない。"ソーシャルミュージックだ" 命を賭けてでもこだわり抜く自分の音への圧倒的な執念」
  • 絶対に聞いて欲しいマイルスデイビス 珠玉の名曲 5曲

マイルス・デイビスとは

マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III)

  • 1926年5月26日 - 1991年9月28日 アメリカ・イリノイ州生まれ
  • アフリカ系アメリカ人のトランペット奏者

Você sabe aproveitar de verdade a escuta musical no mundo do jazz? É capaz de ouvir as claves rítmicas, as cadências harmônicas ou a variedade timbrística dos instrumentos? Quer entender um pouco melhor a diferença dos vários estilos que foram se desenvolvendo ao longo desses mais de ? anos de história?! Não precisa ser necessariamente músico para se banhar nesse mar. Posso lhe ajudar nisso! Terças-feiras às 20h, venha conhecer o meu novo curso: "Como ouvir Jazz?". O tema do próximo encontro é o início do jazz moderno com o Bebop e o Cool Jazz! A primeira aula é sem compromisso e você só paga se gostar. Para interessados fora da cidade de Sampa, good news, a pedidos, começarei a transmitir on-line! Veja o programa completo em meu site www.leandrocabral.com. ????? #jazz #milesdavis #bebop #cooljazz #apreciaçãomusical #escuta #leandrocabral #musicclass

Leandro Cabralさん(@leandro_cabral_)がシェアした投稿 -

父親は歯科医で母親は音楽の教師という当時としてはかなり裕福な環境で育った。

13歳の誕生日に父親からトランペットをプレゼントされたことをきっかけに演奏を始める。

18歳の時に、ニューヨークの音楽の名門ジュリアード音楽院に入学し、チャーリー・パーカーとの親交を深めるなかで、様々な楽団に参加しスキルを磨いて行く。

その後、マイルス唯一親友だと語るギル・エバンスやジェリー・マリガンと出会い「クールの誕生」を発表。このアルバムはウエスト・コースト・ジャズにとって多大な影響を与える一枚となる。

その後1975年まで正統派ジャズの帝王として数々の名曲を産んでいる。

1975年から1980年までは空白の5年として謎とされて来たがその期間の詳細は前述のMiles ahead-空白の5年間-を見て欲しい。

その後、休養期間からカムバックしたマイルスのサウンドは今までとは打って変わって電子音を積極的に取り入れ、ポップ色の強いものとなる。また様々なジャンルのミュージシャンともセッションするようになり、音楽の幅や可能性を広げて行った。

1991年9月28日 肺炎のため死去。

死後から15年経った2006年には「ロックの殿堂」入りを果たし、プレゼンターはグループを共にしたハービー・ハンコックが務めた。まさに音楽とともに激動の時代を駆け抜けたスターであり、現在でもジャズの帝王として語り継がれるミュージシャンの一人である。

マイルス英雄伝説1

音楽に肌の色なんか関係ない。「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」

マイルスは自身としてはアメリカの人種差別に関しては批判的であったが、音楽に関して言えば人種など関係ないという信条を貫いていた。

Miles ahead-空白の5年-の中でもマイルスは黒人だというだけで警官に殴られ留置所に入れられてしまなど自身としても人種差別の被害者であり、白人社会に対して否定的ではあるもののマイルスの初期の作品である「クールの誕生」ではリー・コニッツやジェリー・マリガンなど白人を起用している。

当時、人種差別が激化する中でマイルスのファンはほとんどがアフリカ系アメリカ人であり、白人に起用に関してファンからもかなり批判を受けたが、マイルスにとって音楽の質を高めるためであれば人種差別など取るに足らない問題だったのだろう。その時にマイルスはこのような名言を残している。

「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」

音楽と正面から向き合い、音楽と正直に付き合っていたからこそ説得力のあるこのセリフ。うーん、クール過ぎる。

マイルス英雄伝説 2

華麗なる音楽人生からの転落、そしてカムバック

音楽家、トランペット奏者として順風満帆だったマイルスの音楽人生はそう簡単にうまく行くものではありませんでした。音楽界には付き物の"音楽の商品化との葛藤"。

また妻や愛人を取り巻く女性問題、日毎に増して行くドラッグ、神が嘲笑うかのように起きた交通事故、持病の関節炎や糖尿病など彼の人生はガタガタと音を立てて崩れていき、マイルスの生活も悲惨な物になっていきました。

表舞台から消えたマイルス。この空白の5年間に何があったかは去年公開になったドン・チードル監督、主演の映画「Miles ahead - 空白の5年間-」を見れば詳しく知る事ができます。

もうマイルスのサウンドを聴けないと誰もが落胆していた矢先、マイルスは急にカムバックします。さらに彼の音楽は今までのサウンドとは全く違い、シンセサイザーありエレキありパーカッションありと今までマイルスがやっていた正統派ジャズとはかけ離れた物でした。

また衣装もトラ柄や真っ赤なガウンにモザイク柄のパンツなど今までのマイルスからは想像も出来ない印象で、カムバックしてからの彼はやっと思い描いていた世界観にたどり着いたそんな感じでしょう。

復帰してからはキース・ジャレット、チック・コリア、シャカ・カーン、マーカス・ミラーなど今までは考えられない領域のミュージシャンとセッションするようになり、彼の音楽は正真正銘"ジャズ"ではないマイルス・デイビスのサウンドになったと言えるでしょう。

実は日本人でもマイルスとセッションをしたKei Akagi(赤城 けい)というピアニストがいます。マイルスとセッションする事は当時のミュージシャンにとってはこれ以上無い名誉であり、彼とセッションした事でその後世界的に有名になったミュージシャンがほとんどです。

Miles Davis & Keith Jarrett 1971

Miles Davis & Chick Corea - Call it Anything

Miles Davis & Chaka Khan: Human Nature (h3ve in Montreux 1989)

Miles Davis Marcus Miller Fun Talk+Playing Live 'Mr.Pastorius'

Miles Davis, Kei Akagi, Richard Patterson, Mr.Pastorius 1991

マイルス英雄伝説3

俺の音楽はジャズじゃない。"ソーシャルミュージックだ" 命を賭けてこだわり抜く自分のサウンドへの圧倒的な執念

先ほどご紹介した映画「Miles ahead-空白の5年間-」のなかにも出て来ますが、マイルスはとにかく自分の音楽に対して凄まじいほどの執念があります。

映画の中では空白の5年間の間にこっそりと地下室でレコーディングした曲が収録されているテープを巡って、それを狙う音楽ライターや悪徳プロデュースサーとカーチェイスあり銃撃戦ありとかなり派手に奪い合うシーンがあります。

これがほぼ実話だというから凄いです。命を張ってでも彼は自分の音を他人に渡したくなかった。ただの"売り物"にしたくなかった。

それ程までに彼は自分の音へ魂を入れていたんだと思います。この辺りが彼を天才たらしめる所以であり、音楽ファンの心を掴んで離さないポイントだと筆者は思います。

そして彼はついに5年の沈黙を破って新しいサウンドを引っさげてまた表舞台へと出てくるのです。んーかっこいい。

絶対に聞いて欲しいマイルスデイビス 珠玉の名曲 5曲

ここまで読んでマイルスの事が気になって気になってしょうがないあなた!数ある名曲の中から筆者が是非聞いて欲しいマイルス・デイビス珠玉の5曲を紹介します。

So what

やはりマイルスといえばこの一曲という人も多いのではないでしょうか。ただ映画の中で本人は全く気に入っていないと行っていましたが。私としてはマイルスといえばSo whatは外せない一曲です。

Human nature

マイケル・ジャクソンの有名なこの曲。様々なミュージシャンに大きく影響を与えた曲と言っても過言ではないでしょう。

Time after time

ザ・フーターズのロブ・ハイマンとシンディー・ローパーが共作した名曲である、この曲。マイルスが演奏するとこんな感じになるんです。日が落ちかけた海岸沿いで聞きたい一曲。

Burn

タイトル通り、まさに燃えさかる一曲。マイルスの単音の力強さには圧巻です。

Spanish key

エキゾチックな西洋の雰囲気がじっとりと現れている一曲。ワクワク、ゾクゾクしてしまうそんな夜にはぜひこの曲を。

さいごに

いかがだったでしょうか?

激動の時代を名実ともに全身全霊で駆け抜けたマイルス・デイビス。彼は亡くなっても彼のサウンドや魂はこの世界に依然として生き続け、様々な人の心に響き続けています。

自宅の倉庫に眠っているCDを引っ張り出して、CDを持っていない人はyoutubeやspotifyで、今年の夏はマイルスの世界にどっぷりと浸かってみてはいかがでしょうか。

《 ktrart 》
Suchmos好きならJamiroquai(ジャミロクワイ)は当然チェックしてるよな?

Suchmos好きならJamiroquai(ジャミロクワイ)は当然チェックしてるよな?

Suchmos(サチモス)が空前のヒットを飛ばしている。若手アーティストの中では最注目株、といって差し支えないはず。そんな彼らが掲げるアシッドジャズというジャンルは、もともとはUK発祥の比較的新しい音楽。アシッドジャズ界で最も売れたジャミロクワイ(Jamiroquai)からは、彼らも多大な影響...

モンゴル民族のメタルが思ったよりモンゴル

モンゴル民族のメタルが思ったよりモンゴル

メタルは宗教と深く結びついて、地域性を内包する。モンゴルのメタルを聴いたことがあるだろうか?すげーモンゴル臭い。MVにももちろん馬とか出てくる。かなり面白いので、是非聴いていってほしい。

ロシアのEDMトリオSwanky Tunesのおすすめ曲は最高だから聴いてみて

ロシアのEDMトリオSwanky Tunesのおすすめ曲は最高だから聴いてみて

みなさんはSwanky TunesというDJを知っていますか?Swanky Tunesは3人組でロシアを代表するトップDJ。UMFやEDC、Tomorrowlandなどのビッグフェスにも出演し、ロシアどころか世界の最前線で活躍するDJです。今回はそんなSwanky TunesとSwanky T...

知らないと損!2017年下半期必ずブレイクするK-POPアーティスト10選!

知らないと損!2017年下半期必ずブレイクするK-POPアーティスト10選!

女子高生を中心に今も根強い人気を誇っているK-POP。知っている人は知っているし、知らない人は全く知らないかもしれない。だからこそ!!私はその両者が見ても納得がいって楽しめるものを考えてみた。それが今回のランキング「2017年下半期必ずブレイクするK-POPグループ10選!」だ!K-POPが好...

今最も勢いのある激アツDJ、Quintinoのおすすめ曲を聴けば今年の夏は勝ち。

今最も勢いのある激アツDJ、Quintinoのおすすめ曲を聴けば今年の夏は勝ち。

みなさんはQuintinoというDJを知っていますか?QuintinoはEDM大国オランダ出身のDJで、EDCなどのビッグフェスにも出演する大人気DJです。その人気は世界の人気DJランキングで40人以上も追い抜かし一気にランクアップする程で、今最も勢いのあるDJ。今回はそんな今熱いDJことQu...

おすすめの記事一覧

今だから聴きたい、ブラックミュージックな90’sアニソン

今だから聴きたい、ブラックミュージックな90’sアニソン

祝!ポルカドットスティングレイが2017冬メジャーデビュー!これまでの軌跡とSNSの反応

祝!ポルカドットスティングレイが2017冬メジャーデビュー!これまでの軌跡とSNSの反応

【アニソン】アニメOP・EDの短いverの曲もいいけど、フルで聞いてみて欲しい曲がある!

【アニソン】アニメOP・EDの短いverの曲もいいけど、フルで聞いてみて欲しい曲がある!

【ロッカペラからPTXまで】海外の人気アカペラバンドをもっと知ってほしいのです

【ロッカペラからPTXまで】海外の人気アカペラバンドをもっと知ってほしいのです

音楽街京都から生まれた2ピースバンド・ユニット

音楽街京都から生まれた2ピースバンド・ユニット

Pentatonixメンバーの凄さをRPGの職業に例えることで何とか伝えたい

Pentatonixメンバーの凄さをRPGの職業に例えることで何とか伝えたい

夏に聴きたくなるアニソンとは、どんなものか?

夏に聴きたくなるアニソンとは、どんなものか?

夫婦ユニット、ハンバート ハンバートの9thと消えていく東京

夫婦ユニット、ハンバート ハンバートの9thと消えていく東京

京都のインディーズレーベルbud musicとお洒落さと熱さと

京都のインディーズレーベルbud musicとお洒落さと熱さと

今なお人気なマクロスシリーズ最高の人気を誇るシェリル・ノームの神曲に迫る

今なお人気なマクロスシリーズ最高の人気を誇るシェリル・ノームの神曲に迫る

楽器・機材を探す