ライブの撮影禁止をそろそろ禁止せえへん?

本当にあったびっくりな話

事の発端は先日行ったライブ

人生をたくましく生きて今年で24年になる。色々なことがあったがライブに行った事はほとんどない。

たった2回だが、ジャスティンビーバーとマルーン5という、いかにもなアーティストのライブに行った事がある。とても楽しかった(小並感)。この2回こそ、僕の貴重なライブ経験なのだ。(ちなみにマルーン5はライブだとボーカルがあんまり声出ない)

そんな邦楽 < 洋楽寄りな僕は先日、とある老舗ライブハウスに足を運んだ。数十人規模の会場は人生で初めてだったが、気になる文言が張り紙に書いてあった。

「撮影禁止」

正直、目を疑った。

えっ?このご時世に?音楽業界苦しんでるのに?

とっさに出てしまった僕の感情だった。

なんで撮影禁止なの?

gahag-0054438938
正直、この疑問に対してどういう答えが返ってくるかは容易に想像できる。
  • CDを売るため
  • 写真を売るため
  • ライブビデオを売るため

クソワロタwww

いや今の時代全部売れてなく無いですか?10~20年くらい前の発言ならまだ許容できるけど、今それ言ってるのおかしいやろ

悪いけどCDは今後絶対売れるようにならない

スマホも普及して洋服だってなんだって今の若者は欲しい物がめちゃくちゃある。

その中でわざわざCD買ったりアルバム買ったり、今更そういうファンを増やそうとしている時点で時代錯誤。でもCDが売れた時はめちゃくちゃ儲かったらしい。1回良い思いしちゃうと同じ事を繰り返してしまうよね〜

そんなんだから音楽業界は金が稼げない。自分の首をしめている。

もう、ファン1人当たりの売上を上げようとか、CDめっちゃ売ろうとしても絶対無理!物はそんな売れないし売れたとしても某アイドルグループがやっているような体験付随のおもちゃにしかならない

ライブという最強の武器をもっと賢く売れよ!

物は売れなくても体験は売れる、これが今わかりきっている事なのになんでもっと賢くやらないのか。。。

いくらCDが売れなくてもライブチケットはバカ売れな訳で。シンプルにライブの回数と来場者数にフォーカスした方が売り上がるだろ笑

今のライブは行くきっかけがない

gahag-0106492392
もちろん有名アーティストはライブをひらけばいつでもどこでも満員御礼だろう。そんな人たちはどうでも良い。問題は残りの9割のアーティスト達のライブ!お前ら集客できないの、自分たちのやり方が間違ってるからやない?

今こんなに情報が溢れてる中でいくらどう頑張っても賢くやっていかないとバンドの認知もしてくれないし、ライブに来ようとすら思わないよ?

とにかくきっかけがない!行きたいと思ってくれる人を増やさないと!!

写真/動画撮影をOKにすればファンがファンを呼ぶサイクルが生まれる

わざわざライブに来てくれてる最高のファンがいるのに、なんで写真撮影とか動画撮影をOKしないの?もっと撮ってもらって、SNSにアップするやら友達に見せるやらしてもらおうよ!!

ライブの体験はライブに行かないと絶対にわからない!たかだか写真や動画では絶対に超えらえない価値がライブにはあるんだからどんどん撮ってもらって拡散してもらえばええんちゃう?

今いるファンが他のファンを呼んでくれるかもしれない1番のユーザーなんだから!!

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-kawamura20160818253714

バンドが盛り上がらないのがファンは1番悲しい

みんな頑張ってるのはわかる、ジリ貧でなんとか食いつないでライブ開催して、お客さんに楽しんでもらおうとしてるのはわかる。だからこそもっと有名になって初期からファンだった人が胸張って「私このバンド昔から好きだったんだ」って言えるようにしてあげなきゃいけなくない?

写真撮影禁止を禁止しよう

ライブってやっぱり足を運ぶと空気感、熱気が伝わって来てめちゃくちゃ高まる。記憶にも残るし、誰かにその高ぶりをシェアしたくなる。だからこそ、もっと写真撮影歓迎にして、良い写真撮ってもらって、はたまた動画なんかも撮ってもらっちゃったりして、ついでにTwitter,Instagramなんかで投稿してもらおう。そうすればマジで絶対もっとお客さんくるよ。間違いない。

《 freak 》
  • ミュージカル風なアイドルソングを聞いてたら「アイドルはミュージカル」だと思った話。

    ミュージカル風なアイドルソングを聞いてたら「アイドルはミュージカル」だと思った話。

    2017年7月19日リリース、夢みるアドレセンスの9thシングル「ララララ・ライフ」。なんか耳馴染みのあるタイトル、ミュージカル調の楽曲某映画に便乗したかのような曲です・・・ただ、何故かアイドルとミュージカルの親和性って結構高いですよね。絶対といっていいほど有名なアイドルは持ち曲にミュージカル...

  • 「バンドマンは彼氏にしてはいけない」はやっぱり本当だった?今一度よく考えてみた

    「バンドマンは彼氏にしてはいけない」はやっぱり本当だった?今一度よく考えてみた

    美容師、バーテーンダーと並び、彼氏にしてはいけない3Bの筆頭格とされるのが「バンドマン」だ。しかし、04 Limited Sazabys や THE ORAL CIGARETTESになんかに代表されるような、空前のイケメンバンドマン大豊作の時代においては<h4>「付き合うならバンドマンがいい!...

  • 京都のインディーズレーベルbud musicとお洒落さと熱さと

    京都のインディーズレーベルbud musicとお洒落さと熱さと

    京都にbud music(バド・ミュージック)という、有名なインディーズレーベルがある。素晴らしいインストバンドたちが在籍し、あのPolarisや長谷川健一も所属している。インディーズこそ音楽の本流だと思う。ノーマークだった方、チェックしておいて損は無いよ。

  • 乃木坂46  個人PVのすばらしさを伝えたい!

    乃木坂46 個人PVのすばらしさを伝えたい!

    AKB48の公式ライバルとして2011年に誕生したアイドルグループ・乃木坂46。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女たち。たとえドルオタじゃなくても、ひとりやふたりお気に入りの子がいる人も少なくないのではないでしょうか。私は今だからこそ知ってほしい、乃木坂の<span style="font-siz...

  • よくレビューに出てくる「多幸感」ってどういう意味?

    よくレビューに出てくる「多幸感」ってどういう意味?

    曲のレビューにはよく「多幸感」という言葉が出てくる。これはもともと医学用語で、いわゆる薬でラリってる状態を現す言葉だ。そんな過激な表現がまかり通っていることが不思議でならない。いったいどういう意味で使われているのだろうか?自分も間違って使ってないかチェックしておこう。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す