ESP AMAZEシリーズの商品一覧

ESP AMAZEシリーズの商品を掲載中です。ESPのAMAZEシリーズは、数あるESPオリジナル・モデルの中でもトラディショナルなスタイルで大変人気の高いモデルです。日本人の小柄な体格を考慮されて、コンパクトなボディが採用されているのが一番の特徴です。日本人の体格にマッチしたJスタイルは取り回しのしやすさに定評があります。

並び替え
    Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

    ガッキマニアとは?

    楽器に特化したフリマ・情報サイト!

    売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

    ■ESP AMAZEシリーズの歴史、特徴

    1989年のカタログで初めてAMAZEシリーズが登場しますが、当初は現行のボディシェイプとは違い、細見でシャープな印象でした。当時開発されたJETTサーキットを内蔵していたり、同じく当時開発されたブリッジなどを搭載していてまだまだ実験的な要素が多かったようです。そこから何度か改良を重ね、5弦仕様のベースがラインナップに加わったり、シャープだったボディシェイプも現行の丸みを帯びたスマートなボディシェイプに変更されたりしました。現行モデルでは5種ほどのモデルがあります。リアピックアップがネックよりに取り付けられていて、全体的に暖かく深みのあるサウンドがでるAMAZE-ALや、多少重くなってしまうが強いアタック感と中音域が特徴になるアッシュボディをチョイスしているAMAZE-AS、5弦でありテンションを稼ぐために889mmのスーパーロングスケールを採用しているAMAZE-SL5などがあります。

    ■ESP AMAZEシリーズの価格帯

    価格帯は二十万円代から四十万円代ほどです。高価なイメージのESPですが、中古だと十万を切るAMAZEモデルもあるので探してみてはいかがでしょうか。また、ESPが持っているブランド、GrassRootsからもAMAZEのコストパフォーマンスモデルが登場しています。こちらは新品で五万円代ほどになります。AMAZEシリーズは癖の少ない素直なサウンドですので、ライブやレコーディング現場での評価が高く、どんな音楽ジャンルにも万能に活躍してくれるのでオススメしたい1本です。弾き比べてみて違いを自分自身で確認して、お気に入りのモデルを見つけてみてください。

    ESP AMAZEシリーズに関連する記事

    出品