フェンダージャパン ストラトキャスターの商品一覧

フェンダージャパン ストラトキャスターの商品を掲載中です。フェンダージャパン(Fender Japan)のストラトキャスターはブランドネームと価格を考えると多くの人が最初に購入する一本ではないでしょうか。やはりエレキギターと言えばギブソンのレスポールかフェンダーのストラトキャスターというイメージが多くの方の印象だと思います。本家フェンダーUSAのストラトキャスターと比較すると、フェンダージャパンのストラトキャスターは安価なので、手が届きやすいです。ストラトキャスターは、プレイアビリティの高いダブルカッタウェイのボディに3基のピックアップで多彩なサウンドを得ることができるのが特徴です。また、トレモロユニットが搭載されていることもストラトキャスターの特徴になります。

Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928

    フェンダージャパン ストラトキャスターの特徴、価格帯

    フェンダーの廉価版とはいえ、個体によってはプロでも愛用しているほどクオリティの高いものも存在します。フェンダージャパンは日本人向けに作られているということもありピンクやライトブルーなどのパステルカラーは若年層の女性ギタリストから人気のモデルです。ボディの材には、安価で耐久性のバスウッド、本家USA製に多く使われているアルダー、上位機種に使用されるアッシュなどが使用されています。ピックアップもモデルによって日本製、USA製と違うものが搭載されています。近年では本家フェンダーのカスタムショップのビルダーが手掛けたものもあり、決して兼価格と侮ることのできないクオリティとなっているでしょう。スタンダードモデルのストラトキャスターなら5万から6万くらいで買うことができますし、下位機種のスクワイヤーであれば2万程度で初心者セットを買うことができます。ボディにアッシュが使われている高級機種は10万を超えくらいになります。

    フェンダージャパン ストラトキャスターの愛用アーティスト

    有名なギタリストとしては、オレンジレンジのNAOTOなどがフェンダージャパン製のギターを愛用しています。また、イングヴェイ・マルムスティーンも使用していますが、彼はギターを破壊するパフォーマンスの際に、価格の安いフェンダージャパン製を使っている、という話も聞きます。イングヴェイモデルのストラトも販売されており、こちらは市版にスキャロップ加工というものがされています。これは指板が大きく抉れたような加工がされており、軽いタッチで押弦が可能になる加工です。ですので、特に速弾きギタリストに愛用されています。筆者自身もインヴェイモデルを使用していた時期があるのですが、とにかくタッチが軽いというのは実感しました。しかしその分、音程が狂うというか、抑える強さでピッチに微妙な変化が現れてしまうので、カナリ上級者向けのギターであるという印象です。こちらのモデルは別として、ストラトキャスターはフラットで万能なギターであるのは間違いありませんし、是非ギターデビューはストラトキャスターを使ってみてはいかがでしょう。

    フェンダージャパンのエレキギターとフェンダーUSAのエレキギターの違い

    本家フェンダーUSAとの違いとしては、製造している工場が違います。それにより、木材、パーツ、加工、塗装技術など全く違うものになってくるでしょう。そもそもFenderのロゴはついてはいますが、フェンダー社と神田商会がライセンス契約をしFender JAPANとして販売していたので全く別のメーカーとして考えて良いでしょう。価格は、フェンダージャパンに対しUSA製のものは倍以上の設定がされていますが、フェンダージャパン製のものの質が悪いというわけではありません。フェンダージャパンは日本特有の丁寧な加工や技術で製造されていて、ギターの個体差も少ないと世界から高い評価を得ています。2015年4月でフェンダージャパンのライセンス契約は終了していて本家フェンダー社から国産モデルのラインナップ、ジャパン・エクスクルーシブとして販売されています。

    出品