フェンダージャパン ジャガーの商品一覧

フェンダージャパン ジャガーの商品を掲載中です。フェンダージャパン(Fender Japan)のジャガーは1962年にフェンダーの最高級機種として発売されたフェンダーUSAジャガーの廉価版モデルです。フェンダーのエレキギターの中でも個性が強いエレキギターとして支持を集めているのがジャガーです。ジャズマスターと同じフローティングシステムを搭載していますが、ショートスケールのネックが採用されており、女性や子供にも扱いやすいボディシェイプになっています。このことから特に女性ギタリストからは、とても弾きやすいギターだと好評です。ジャガーの型番には「JG」と記載されていおり、これは文字通り「ジャガー」を意味しています。個性的だけどプレイアビリティに優れた1本、それがフェンダージャパンのジャガーです。

並び替え
Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

フェンダージャパン ジャガーの特徴

ボディ材は基本的にはバスウッドが採用されていますが、ものによってはアルダーなども採用されていますので購入の際は気にしてみるのもよいでしょう。音色としてはフェンダー特融の煌びやかな高音、歯切れのよいサウンドが特徴で、カッティングでは非常に気持ちのいい軽快な音を出してくれます。ただ、ジャズマスターよりもスイッチ類の数が多く、どこがどのスイッチなのかを覚えるまでが少し大変かもしれません。また、ショートスケールの宿命でもありますがサスティーンが短いためロングトーンを求めているギタリストには不向きな部分があります。一度生産中止となったモデルですが、ニルヴァーナのカート・コバーンが使用していることで人気が高騰。今では彼の代名詞とも言えるギターになっています。彼の人気にあやかり、日本ではコピーモデルがフェンダージャパンよりリリースされるまでにいたりました。

フェンダージャパン ジャガーの価格帯、愛用アーティスト

使用アーティストは、カート・コバーンが有名で、もはや彼の代名詞ともなっているギターです。カート・コバーンモデルでも比較的安価で、20万以下で買うことができます。ほかにもU2のジ・エッジ、レミオロメンの藤巻亮太やポルノグラフィティの岡野昭仁、元P-MODELの平沢進や吉井和哉などもジャガーを愛用しています。価格帯としては8万から10万ほどで手に入りますし、中古品を探せば5万程度で買えるものもあるのではないでしょうか。ジャガーを持っていると100%とも言える確率で「ニルヴァーナ好きなの?」と聞かれるでしょうから、そこから話題が広がってコピーバンドの結成、なんてことになればおもしろいですね。

フェンダージャパン ジャガーとUSAの違い

USAのジャガーには、ミュートが可能なパッドが搭載されていますが、ジャパンの復刻モデルにはこれが搭載されていません。また、マスターコントロール部分のセレクタースイッチのローカットスイッチですが、本家フェンダーモデルに比べてジャパン製のモデルはあまり低音がでないのであまり意味がないかも・・と言われています。低音が少ないのでギラギラよりギャリギャリとした感じでしょうか。USA製のものとはやはりサウンド的にも細く感じてしまいますが、癖が弱い分扱いやすくなっているかとも思います。また、ジャガーはカスタマイズしている人が多く、自分好みのサウンドに近づけていくのも楽しみのひとつでしょう。

フェンダージャパン ジャガーの代表モデル

フェンダージャパンのジャガーで代表されるモデルがJG66-93でしょう。アルダーボディにメイプルネック、ローズウッドの指板でシングルピックアップが2基、トレモロユニットという構成がスタンダードなジャガーです。そしてそのスペックにブロックインレイとペグが違うのがJG66B-118です。2基のハムバッカーPUでトレモロユニットが搭載されていないジャガースペシャルJGS-83があります。

出品