モモセ エレキギターの商品一覧

モモセ エレキギターの商品を掲載中です。モモセ(momose)は有限会社飛鳥の製作によるハンドメイドギターのブランドです。バッカス等のブランドを展開している株式会社ディバイザーから分社化した有限会社飛鳥の飛鳥工場で、百瀬恭夫氏の監修により生産するブランドとして立ち上げられました。ギブソン・レスポールやSG、フェンダー・ストラトキャスターやテレキャスター、ムスタングなどの有名モデルをmomose流にアレンジしてリリースされたエレキギターなどです。手で加工することを重視しています。50~60年代の伝統的な製法を継承して1本1本手作りしているので、大量生産にはない確かなクオリティの高さから多くのプレイヤーから愛されているブランドとして知名度を上げています。

並び替え
Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

■モモセ(momose)のエレキギターの特徴

熟練のクラフトマンが己の経験を頼りに材の個体差を判断し、ハンドメイドであるということを何よりも重視しています。50年代の伝統的な製法を継承して1本1本手作りしているので、大量生産にはないクオリティを味わうことができます。また、モモセのギターは木材にサーモウッド(加圧水蒸気下高音加熱処理)という加工が施されています。これは製材の段階で特別な熱処理を施すことで水分を飛ばし、木材の経年劣化を人為的に進行させ、ヴィンテージギターの味わいを得られるという加工です。これにより木材が安定することにより、ネックの反りやねじれが出にくくなるという利点があります。見た目的にもやや濃いめの色味となり、まさにヴィンテージギターっぽい味が出てきます。ちなみに、品番にTWが付いているものはネックがサーモウッド、WTWが付いているものはネックもボディもサーモウッドになります。ラインナップとしてはヴィンテージシリーズとオリジナルシリーズの二種類が存在します。

■モモセ(momose)のエレキギターの価格

ヴィンテージシリーズ、オリジナルシリーズ共に20万近辺の価格帯で購入することができます。イケベ楽器などはイケベオリジナルオーダーモデルなどもあり、これらは30万近辺の価格帯で購入することができます。一見高めかな、と思う部分もあるかと思いますが、ハンドメイドにこだわったハイクオリティギターであると考えると安い買い物ではないでしょうか。

モモセ エレキギターに関連する記事

出品