シャーベル エレキギターの商品一覧

シャーベル エレキギターの商品を掲載中です。コンポーネントギターとして企業を運営していたシャーベルギターはフェンダーやジャクソンギターなどの大手企業の傘下として安定したギターを製作する事で定評があります。現在は「ハードロックに適したギター」をテーマにストラトタイプよりも少し小さめのシェイプを主流に製造を行っています。エドワード・ヴァン・ヘイレンのオリジナルギターがシャーベルのパーツを元に作られていた事は有名なエピソードで、これによりハードロックファン層を多く獲得したと言われています。シャーベルギターの生産は現在、「アメリカ」と「メキシコ」工場の2つを使用しています。USA製とされるギターがスペックとしては上位扱いとなり、パーツや木材などが高品質のものが使われる傾向があります。

並び替え
Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

Charvel シャーベル エレキギターの歴史

70年代の設立当初はギターの組み立てやペイント等のリペア業務を行っていましたが、ギター奏法における革命でもあったヴァン・ヘイレンのデビューと、その印象的なカラーリングのギターが折しもシャーベルに注目が集まるきっかけになりました。 しかし既にその時点で同ブランドはグローバー・ジャクソンに売却され、同じくハードロック系ギターを展開するジャクソンの兄妹ブランドとしてラインナップされていました。なお、グローバージャクソン氏は元々シャーベル社の職人でした。 その後、日本メーカーの製造に代わり、さらにまたジャクソンブランドに戻るという紆余曲折を経て、現在はフェンダー社傘下のブランドとして継続しています。 数度によるブランドの売却や、一時はジャクソンよりも格下のギターとして展開されていた、不遇の時代がありながらもブランドが存続できた理由の一つに、人数は少ないながらも、ハードロック史に重要な功績を残したギタリスト達に愛用されていたからとも言われています。

Charvel シャーベル エレキギターの使用アーティスト

エドワード・ヴァン・ヘイレンの他に、オジー・オズボーン・バンドでブレイクしたJAKE E Leeも有名です。しかし当時の彼のギターは実際には別のメーカーのギターで、それにシャーベルのロゴを張っていただけでした。しかし、これによりコピーモデルを創作するファンがいた程需要があったため、改めて同社からJAKE E Leeモデルが発売され現在でも購入できます。(販売価格は25万円程度) その他、80年代を代表するハードロックバンド、ラットのウォーレン・デ・マルティーニも愛用者の一人です。彼のシグネチャーモデルも現在販売されています。(こちらも販売価格は25万円程度)

Charvel シャーベル エレキギターの現行モデルと価格帯

デソレーションモデル:現代のHR/HMをイメージさせるギター。価格は7万円〜10万円程度 PRO MODシリーズ:80年代前後の初期のシャーベルを継承するモデル。価格は12万円前後 その他、オーダーによるカスタムショップ、上記シグネチャーモデルがあります。

シャーベル エレキギターに関連する記事

出品