スクワイア エレキギターの商品一覧

スクワイア エレキギターの商品を掲載中です。スクワイヤー(Squier)のエレキギターは、。1982年に日本向けコストパフォーマンスモデルとして販売を開始したSQUIER(スクワイヤー)はエレキギターの老舗メーカー、Fender社の兄弟ブランドで、Fender社が長年に渡り培った技術を低単価で販売する事を目的とされただけあり、楽器としては非常に求め易い価格での販売が多く、その完成度の高さにも定評があります。現在は海外への販売も多く、人気の商品です。伝統的な美しいフォルムを継承しながら、ややフラットな指板、ミディアムジャンボ・フレットの採用によって演奏性能を向上。プレイスタイルを問わず弾きやすいスタンダードなCシェイプのメイプルネックで、ボディは上位機種でもおなじみのアルダー材で製作されております。他メーカーの同じスペックのギターと比べて見ても、その完成度の差は歴然です。

Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928

スクワイア エレキギターの特徴

スクワイヤーのギター、ベースにはフェンダー社のものと比べてボディ材にバスウッドが採用されています。日本の精度の高い加工技術によって製作されるスクワイヤーは日本国内だけでなく世界でも流通するほどの人気を博しています。アメリカ、韓国、インドネシア、中国、メキシコ、インドなどで製造されています。コスト重視で作られたブランドで、ルックス、サウンド共にフェンダーとは全く違うものとされていましたが、現在ではUSA製のサーキットや、アルダーのボディ材などが採用されているモデルも販売をしています。

スクワイア エレキギターのおすすめモデル

コストパフォーマンスに優れているので、初心者の方におすすめしたいのがスクワイヤーです。アルダーのボディ、USA製のピックアップが搭載されているClassic Vibe Stratocaster ’60sシリーズのエレキギターは、中級者の方にもおすすめできるモデルが揃っています。サブギターとしてライブパフォーマンス用に、購入しておくのもありです。

スクワイアの愛用アーティスト

スクワイヤーを使用しているミュージシャンには、イギリスのロックバンド、マリリオンのギタリストスティーヴ・ロザリーや、同じくイギリスのロックバンドイット・バイツのギターボーカルフランシス・ダナリーなどがいます。スティーヴは、黒いボディのストラトタイプを使用しています。フランシスは、白いボディのストラトタイプで、リアピックアップをディマジオ社のX2Nに改良しています。このようにスクワイヤーのパーツを変更して自分好みにカスタマイズしていくのもおすすめします。

出品