グレッチ エレキギターの商品一覧

グレッチ エレキギターの商品を掲載中です。グレッチ(Gretch)はギターやドラムで知られるアメリカの代表的な楽器メーカーです。高級感があり、芸術品のようなルックスが特徴的なエレキギターを多くリリースしています。グレッチは1883年にフレデリック・グレッチによって創業され、元々はバンジョー・タンブリン・ドラムなどを生産していました。その後、ギターの製造を始め、現在でも名ギターとして知られる「6120」や「ホワイトファルコン」などのヒット作品を開発。他にも「ナッシュビル」「チェットアトキンス」「カントリー・ジェットマン」「テネシーローズ」といったシリーズのエレキギターもリリースしており、今もなお非常に高いクオリティを誇る古株メーカーです。

Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928

■グレッチ(Gretch)のエレキギターの特徴

世界一美しいギターとして知られるホワイトファルコンはグレッチの代名詞とも言えるほど有名なギターです。漫画「BECK」では一時期主人公が使っていたギターですので、漫画好きの方はもしかしたらご存じかもしれません。芸術的な曲線を描くfホールや独特のカラーリングといったデザインの美しさが特徴的です。サウンドとしてはクリーン~クランチが得意なサウンドです。現代のエレキギターとしては、やや守備範囲の狭さを感じます。また、ノイズやハウリングに弱いので思いっきり歪ませたサウンドには向きません。カントリーやロックンロールなどではまさにといったほど相性が良いのですが、他のジャンルをやるギタリストには不向きです。だからこそ、この音がいいというファンも多いのでしょう。人間で言えばガンコな職人といったところでしょうか。

■グレッチ(Gretch)のエレキギターの価格、愛用アーティスト

かの有名なエルヴィス・プレスリーやロブライアン・セッツァー、日本でも浅井健一やチバユウスケなどがグレッチのギターを愛用していることで有名です。聞いてみればわかるとおり、どのアーティストもクリーンやクランチを最大限生かした楽曲を生み出していますね。価格としては、代表モデルであるホワイトファルコンは90万円前後。漫画「BECK」では100万と書かれていましたが、だいたいそのくらいの金額ですので、とても筆者には手が届かないギターです…。

出品