PRS エレキギターの商品一覧

PRS エレキギターの商品を掲載中です。ポールリードスミス(PRS)はアメリカ合衆国のギターメーカーであり、1985年に会社名にもなっているポールリードスミスによって創業されました。フェンダーやギブソンと比べると新しいメーカーではありますが、非常にクオリティの高い楽器を輩出しており、愛用しているミュージシャンも非常に多数存在します。ポールリードスミスの品質を保っている理由の1つに「他メーカーでは真似のできない木材の在庫と入手ライン」があります。木材不足が囁かれる現代において、ハイクオリティーなギター製作に欠かせない木材にしっかりとこだわり抜いたメーカーです。また、近年ではトラ目に変わり、フレイムメイプルの見た目が人気の再来傾向にあります。美しい見た目と完成されたサウンドを、是非ご堪能ください。

■ポールリードスミス(PRS)エレキギターの特徴

ポールリードスミスの特徴は、エレキギターの二大巨頭であるギブソンのレスポールとフェンダーのストラトキャスターの長所を掛け合わせたギターとなっています。ボディはマホガニーバック、メイプルトップでトレモロユニットとロッキングシステムを搭載したCustomシリーズが主力モデルです。デザインはアーチトップボディ、及びキルテッドメイプルやフレイムメイプル、鳥の飛行を象ったバードインレイが特徴です。最高機種ではギター全体を覆うドラゴンのインレイを持つDragonシリーズが存在します。PRSの一番の魅力は、やはり木目を活かしたボディの美しさでしょう。10topと呼ばれ、フレイムやキルトの木目が特別美しく、10本のうち最も木目が美しい1本という意味です。10topのキルトはもはやギターではなく芸術品のような美しさです。また、本来は台形や丸いインレイですが、PRSと言えばコレと言うほどの特徴になっているバードインレイ。慣れるまでは違和感を感じることもありますが、ステージ上での見栄えの良さは間違いありません。

■ポールリードスミス(PRS)エレキギターの価格帯、愛用アーティスト

使用しているミュージシャンも多く、有名なギタリストではマイケルジャクソンのリードギタリストとして選ばれたオリアンティやカルロス・サンタナ、国内ではSUGIZOやDAITA、野村義男などが愛用しています。価格帯は30万から、高いものだと100万を超えるものも存在します。どうしてもPRSが欲しい、でもそんな高額なギターは買えない…そんな方には廉価版であるSEシリーズもあります。こちらは10万以下で購入することができます。兼価版とはいえしっかりとPRSらしさのあるギターですので、PRSデビューにはちょうどいいギターです。

PRS エレキギターに関連する記事

Img beginner 8a1f974fc2003e435237ed8a6e74111080e8817b91586653d453cf107fddacb4

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

出品