アイバニーズ エレキギターの商品一覧

アイバニーズ エレキギターの商品を掲載中です。アイバニーズ(Ibanez)が日本のメーカーということは、少しギターをかじったことがある方ならご存知かと思います。日本の楽器メーカーである星野楽器のギターやベースに名を冠されるブランドです。過去にはイバニーズと呼ばれていたこともありますが、現在ではアイバニーズという呼称に統一されています。ラウドロックやメタルシーンなどでの支持が非常に高く、それに応えるように「弾きやすさ」「ボディのバランス」を重視した数多くのラインナップを販売しているメーカーです。また、ボディシェイプのラインナップも豊富で用途やテーマごとに「RG」や「S」シリーズなど、多くの人気シリーズが存在します。販売価格も非常に購入しやすい値段からの販売があるのも人気の理由の1つです。

並び替え
Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

■アイバニーズ(Ibanez)エレキギターの特徴

1935年から製造を開始されたアイバニーズは、現在世界中で愛される一大ブランドとなっています。代表的なモデルはRGシリーズと呼ばれ、プロから初心者まで幅広い愛用者がいるモデルです。最も一般的なスペックはフロントから順にハムバッカー、シングルコイル、ハムバッカーのHSHレイアウトのピックアップでしょう。ブリッジもアイバニーズ独自設計ではありますがフロイドローズ機能を搭載しています。ロック式トレモロユニットなので演奏中にチューニングが狂うことが少なく、非常に安定したプレイを実現させてくれるギターとなっています。またHSHレイアウトですが、コイルタップを内蔵しており、リアハムバッカーでシングルコイルに近い音を出すことも可能にしています。これにより演奏の幅が格段に広がるので、多くのアーティストから愛用されているのでしょう。まさにストラト系とレスポール系のハイブリッドギターです。ネックはやや薄めの設計で、手が小さな方でも押さえ易いようになっています。

■アイバニーズ(Ibanez)エレキギターの価格帯、愛用アーティスト

国内外のアーティストで有名な方といえばポール・ギルバート、マーティ・フリードマン、飯塚昌明、零乃などでしょう。特にポール。ギルバートに関しては、彼と言えばアイバニーズと言っても過言ではないほどで、当然ながらシグネチャーモデルも発売されています。価格としても5万から20万程度と比較的手が出しやすいというのも魅力的です。初心者ならば5万円程度のものを、中級者から上級者であれば20万前後のJ-カスタムやシグネチャーモデルを使ってみるのもいいですね。エッジの効いたハードロックにはピッタリの一本です。

アイバニーズ エレキギターに関連する記事

出品