フェンダーUSA エレキギターの商品一覧

フェンダーUSA エレキギターの商品を掲載中です。フェンダーUSA(Fender)と言えば、ギブソンと双璧を成す、エレキギターの原点とも言える2大エレキギターメーカーの1つです。ストラトキャスターやテレキャスターなどの機種が有名で、エレキギターと言えばこれらのタイプを想像する方が多いのではないでしょうか。テレキャスターやストラトキャスターはあまりの人気ぶりに多くのメーカーが同じ形状のエレキギターを製造・販売しており、エレキギターのスタンダードを確立しました。他にもジャガーやジャズマスター、ムスタングなどのエレキギターも人気です。フェンダーUSAエレキギターの大きな特徴としては、やはりシングルコイルピックアップでしょう。ジャキジャキとした軽快なサウンドはまさに「エレキギターの音」といっても過言ではありません。

並び替え
Img beginner 21f38ca0d7b0ae7546a4857597595027a45505ba2d2f5408aceec7426b8f0975

ガッキマニアとは?

楽器に特化したフリマ・情報サイト!

売る時も買う時もいつでも手数料無料!ガッキマニアは楽器のフリマサービス。誰でも簡単に出品・購入が可能!出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

■フェンダー(Fender)エレキギターの歴史

フェンダーの歴史はとても長く、レオ・フェンダーがラジオ受信機の修理などをきっかけにし、1946年に創業し。今では世界屈指のブランドとなっています。それまでのエレキギターと言えば、中身が空洞になっているホローボディが主体でしたが、1949年に世界で初めて量産型ソリッドボディのエレキギターの製造を開始しました。エスクワイヤーというモデルで、現在のテレキャスターの原型となったモデルです。ギブソン社がレスポールの販売を開始したのが1952年なので、僅かにフェンダーの方が早かったのです。フェンダーと言ってもストラトキャスター、テレキャスター、ジャガーなど様々なモデルが販売されていますが、やはりフェンダーのギターの真髄を感じられるモデルはストラトキャスターとテレキャスターの二本でしょう。ストラトキャスターは高音部が弾きやすいようにカッタウェイが大きく削りこまれており、バンドでのリードギターを担当する上で、非常に弾きやすい形状となっています。テレキャスターはシングルコイルの特徴である高音域が目立ちます。この独特な音を求めてテレキャスターを使っているギタリストも多いでしょう。

■フェンダー(Fender)エレキギターの愛用アーティストや価格帯

フェンダーのギターを使用しているミュージシャンは、それこそ数え切れない程います。中でもストラトキャスターと言えば、やはりイングヴェイ・マルムスティーンでしょう。一貫してフェンダーストラトキャスターを使用しており、当然シグネチャーモデルも販売されています。価格帯に関しては、10万~30万前後と様々ありますが、ヴィンテージモデルともなれば数百万レベルのものまであります。ギタリストを名乗っている以上、一度はフェンダーのギターを弾いてみてはいかがでしょう。定番ですが、定番と言われるだけの理由がしっかりと理解できるはずです。

フェンダーUSA エレキギターに関連する記事

出品