ギブソン エレキギターの商品一覧

ギブソン エレキギターの商品を掲載中です。Gibson(ギブソン)はアメリカ・テネシー州ナッシュビルに本拠地を置く世界的に最も有名なギターブランドの一つで、代表的なエレキギターとして、「レスポール」「SG」セミアコースティックギターの、「ES-335」などをリリースしています。アコースティックギターにおいても代表モデル「J-50」「J-45」その他にも、大きな鳥の羽をイメージさせるピックガードを持つ「ファイアーバード」など、様々なスタイルの革新的ギターを世に放ち続けている老舗メーカーの一つです。ギブソンのエレキギターはレスポールやSG以外にも、フライングVやメロディーメーカー、エクスプローラーといった種類のエレキギターをリリースしています。

Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928

■ギブソン(Gibson)エレキギターの歴史、特徴

その歴史は深く、創設者である「オーヴィル・ヘンリー・ギブソン」が、1894年、ミシガン州カラマズーにてマンドリン製作を始めた事がきっかけとなり、1904年に「ギブソン」としてその歴史がスタート。(正式名称:the Gibson Mandolin-Guitar Mfg. Co, Ltd. )以来、現在も根強い人気と支持で、今もそのファンを増やし続けています。何と言ってもその代表モデルである「レスポール」は、2ハムバッカーピックアップから出力されるその図太いサウンドと、一説に”女性をイメージして作られた”とも言われる程の美しい”クビレ”をイメージさせるラウンド型シングルカッタウェイシェイプのそのフォルムには、ロックファンのみならず、世界中のトップミュージシャンに愛用者がいる事でも有名です。ジミーペイジ(レッド・ツェッペリン)、スラッシュ(ガンズアンドローゼス)、ゲイリー・ムーアなど世界のトップギタリストのシグネーチャーモデルを発売している事でも有名な同社において、日本にも松本孝弘(B’z)がアジアで唯一シグネーチャーモデルを発売した事は世界中のニュースでも報じられ、その後、奥田民生がインスパイアモデルを国内で発売したり、miwaが女性としては初の公認ギタリストとして認められるなど、日本のトップミュージシャンからも絶大な支持を受けています。

■ギブソン(Gibson)エレキギターの価格帯

価格は、ギブソンの代表的なモデル「レスポール・スタンダード」で20万円〜30万円前後、「ES-335」などのセミアコシリーズで約35万円〜38万円程の価格帯が定価となり、廉価版のフラットトップモデル「レスポール・ジュニア」などは10万円前後と手に取りやすいモデルまでその値段も様々。また中古市場においては、その市場価値は年々高騰している傾向にあり、1950年代の「エクスプローラー」や「フライングV」には100万ドル(1億円)以上の値段が付くものもあります。世界中のギタリストが一度は虜になるとも言われるギブソン。筆者の私自身も、学生時代、レッド・ツェッペリン「Whole Lotta Love」のそのサウンドに衝撃を受け、夏休みを返上でアルバイトをし手に入れたレスポールの、そのずっしりとした”まるで木の切り株のような重み”を肩に受けたその感触は、今でも忘れる事のできない思い出の一つです。

出品