Gretsch (グレッチ)の商品一覧

Gretsch (グレッチ)の商品を掲載中です。グレッチ(Gretsch)は、エレキギターやドラムが有名なアメリカのメーカー、ブランドです。カントリーミュージックやロカビリーのイメージが強いのではないでしょうか。レトロで豪華なルックスは、古き良きアメリカを感じさせてくれます。また、グレッチにしか出せないサウンドはユーザーに熱烈に支持されています。エレキギター、エレキベース、アコースティックギター、ウクレレ、各種パーツ、などの楽器を製造・販売しているメーカーです。2003年からはフェンダーと提携関係にあり、グレッチのブランドを銘打った楽器の開発・流通・販売に関してはフェンダーが担っています。エレキギターにおいては「6120」「ホワイトファルコン」「カントリー・ジェントルマン」などのシリーズが有名です。

Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928

■グレッチ(Gretsch)の歴史、特徴

グレッチは、1883年にフレデリック・グレッチによって創業され、100年以上の歴史を誇ります。当初はドラム、バンジョーなどの製造をしていました。1916年にはヨーロッパから楽器輸入などを始め、アメリカで有名な楽器会社に成長します。その後、移転、第二次世界大戦などで追い詰められつつも、2003年にはギター部門がフェンダー傘下に入り、2005年にドラムメーカーのdwの傘下になったことが発表されました。グレッチの最大の魅力は、美しいデザインでしょう。特にホワイトファルコンというギターは、世界一美しいギターと呼ばれています。真っ白のボディに、ピックアップからネジに至るまでゴールドを使っており、ゴージャスで高級車のようです。グレッチのサウンドは特徴的で、サスティーンが短く乾いたような音です。エフェクターの乗りが悪いと言われていて、アンプの選択がサウンドメイキングを左右します。クリーントーンで鳴らした時に繊細さはグレッチならではでしょう。また、ホワイトファルコンを基にしたベースなどもリリースされています。

■グレッチ(Gretsch)の価格帯、愛用アーティスト

グレッチギターの現行モデルの価格帯は、20万円から50万円ほどです。ヴィンテージモデルは高額になるでしょう。グレッチからでている廉価版モデルでは2万円から20万円ほどで、韓国や中国で製造されています。グレッチを使用しているアーティストで有名なのは、ブライアン・セッツァーでしょう。彼は、リバーブのかかったクリーンなサウンドを見事に表現しています。また、国内では横山健がシグネチャーモデルをだしています。

出品