クリス・ウォルステンホルムの使用ベース&おすすめ曲3選!安定のサウンドで心を掴む!

クリス・ウォルステンホルム(Chris Wolstenholme)はイギリス出身のベーシストです。MUSE(ミューズ)というバンドで活動しているクリス。元々ドラムを叩いていたはずのクリスがなぜベースに転向したのか。彼の音楽人生は興味をそそる要素がたくさんあります。今回はそんなクリス・ウォルステンホルムの使用ベースやおすすめ曲を紹介しながら、彼の魅力に迫っていきたいと思います!

目次

  • クリスの音楽人生!
  • バンドにいなきゃ困る!クリスの魅力は?
  • クリスの使用ベースの数々!
  • 実際に聴いてみよう!おすすめ曲3選!
  • プロフィール情報!
  • まとめ

#musehalloweenspecial Photo by Matt Hayslett

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

クリスの音楽人生!

クリス・ウォルステンホルムはイギリスのロックバンド、MUSEのベーシシトです。11歳の時にイギリスのロザルム自治区からデヴォン州テーンマスに引っ越したクリス。この引っ越しが彼の人生を大きく変えていきます。

Death by milkshake

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

デヴォンでバンドを結成したクリスは当初ドラムを叩いていました。ここでクリスとは別にバンドを結成していたマシューたちのバンドのベーシストがいきなり脱退。彼らの要望もあり、クリスはドラムを辞めて、マシューたちのバンドのベーシシトとして活動をスタートさせます。これがMUSEの始まりです。

ここで初めてベースに触れたクリスですが、驚くセンスで瞬く間に立派なベーシストになりました。今ではポール・マッカートニーにも絶賛されるほどの実力で、イギリスの音楽業界を代表するベーシストとして君臨しています。

バンドにいなきゃ困る!クリスの魅力は?

クリスの魅力は「絶対的な楽器演奏スキル」と「楽曲制作のセンス」です。

Cuddles with Kevin

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

イギリスの代表的なベーシストというだけあってかなりの実力を持っているクリス。安定した演奏はバンドにとっても必要不可欠であり、彼なくして今のMUSEはありません。

また、元々ドラマーだった事もあり、リズムを取るのもお手の物。ベースではありますが、激しいヘッドバンクをするほど余裕を持って演奏したりも!他にもハーモニカやギターも弾けるクリスはまさにマルチプレイヤーなのです!

MUSEといえばマシューみたいな風潮がありますが、実はMUSEの曲をクリスも制作しています。キャッチなーフレーズはクリスから生まれている事も多々あるみたいです。以上の事からクリスはMUSEにとって必要不可欠な存在なのです!

クリスの使用ベースの数々!

気になるクリスの使用ベースを紹介します!ベース選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

Rickenbacker 4001

Fender Jazz Bass

A funk still life... #studio #fender #fenderjazzbass 1972

Teddy Crockettさん(@teddycrockett)がシェアした投稿 -

Gibson Grabber Bass

他にも下記のようなベースを使用しています!

  • Kitra Double Neck Bass
  • Fender Delux Active Jazz Bass
  • Fender Precision Bass Excallibur 50
  • Pedulla Repture Bass
  • Fender American Standard Jazz Bass Sunburst
  • Fender American Vintage `75 Jazz Bass
  • Status 52-Classic
  • Status The King Bass MK II
  • G6128B Thunder Jet Bass
  • Warwick Streamer Pro M

実際に聴いてみよう!おすすめ曲3選!

Uprising

不思議なイントロからスタートする曲。それだけでワクワク感を得れます!物語を読んでいるような感覚になる面白い曲です!

Starlight

とても聴きやすく耳にも残りやすい曲。シンプルだからこそ記憶にも残りやすいのかもしれません!

New Kind Of Kick

MUSEらしい曲で不思議な世界観とキャッチーなフレーズが特徴的な一曲!個人的に一番好きです!

プロフィール情報!

Starting to cloud over in Orlando. I'm hoping we get out before the storm hits.

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

  • 名前:クリス・ウォルステンホルム(Chris Wolstenholme)
  • 生年月日:1978年12月2日
  • 出身地:イギリス
  • ジャンル:オルナティブロック、シンフォニックロックなど
  • 担当楽器:ベース、コーラス
  • 公式ホームページ
  • YouTube:Muse
  • Twitter:@CTWolstenholme
  • instagram:@ctwolstenholme78

まとめ

MUSEにとって絶対にいなくてはならないのがクリス。バンドメンバーだけではなく、有名ミュージシャンからも実力を認められている天才的なベーシストです。皆さんもこれを機にクリスのプレイやMUSEの音楽を実際に体感してみてください!SNSも覗くとよりクリスの事が分かりますよ!

この記事に関連する商品

数多くのミュージシャンが使用した名機が更なる進化を遂げた!MesaBoogie MarkVアンプの特徴とおすすめ!

数多くのミュージシャンが使用した名機が更なる進化を遂げた!MesaBoogie MarkVアンプの特徴とおすすめ!

Mesa Boogieのギター用アンプラインナップのなかでレクチファイヤーと人気を二分するMarkシリーズ。そのMarkシリーズの4世代目であるMark IVはその優れたトーン、汎用性から19年以上前線で活躍し生産され続けました。そのMarkシリーズの5世代目にして最新モデル、Mark VはM...

ちゃんとできてる?ベースのより良い弦交換への5つのポイント

ちゃんとできてる?ベースのより良い弦交換への5つのポイント

ベーシストのみなさん、弦交換はどうやっていますか?弦交換は、実は奥が深いんですよ!ここでは、より良い弦交換をするためのポイントをお伝えしていきます。まず、基本的な弦交換のやり方はこちらへ→<a href="http://gakkimania.jp/gakki-blog/2668">ベース弦の交...

ジミ・ヘンドリックスの流れを汲む1954年生まれのふたりのギタリスト

ジミ・ヘンドリックスの流れを汲む1954年生まれのふたりのギタリスト

左利きであるにも関わらず、右利き用のフェンダー・ストラトキャスターを逆さにして使ったり、ギターに火をつけたりと常識にとらわれないスタイルが世界中のギタリストに多くのフォロワーを生んだジミ・ヘンドリックス。ロックファンにとって特別な存在であった彼に多大な影響を受けた1954年生まれのふたりのギタ...

ニコニコ動画から単身現れたアーティスト米津玄師の珠玉のおすすめ曲5選!

ニコニコ動画から単身現れたアーティスト米津玄師の珠玉のおすすめ曲5選!

有名な動画サイトは?というとYoutubeもしくはニコニコ動画があげられるでしょう。youtuberが職業となりうるか話題に上るのがYoutubeですが、ニコニコ動画のユーザーは自己表現の場としてサイトを使っている印象があります。そのなかからキラ星のごとく登場したのが米津玄師です。 米津玄師の...

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来  ”クリス・デュアーテ

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来 ”クリス・デュアーテ

60年代、70年代生まれのブルースギタリストの代表格といったらチャーリー・セクストンやジョー・ボナマッサといった所でしょうか?しかし、その年代のそのジャンルで欠かすことの出来ないギタリストがクリス・デュアーテです。デュアーテはギターを始めた後にスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブを観てブルー...

おすすめの記事一覧

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

奇人にして変人で天才!!“The  Baby  S  nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

奇人にして変人で天才!!“The Baby S nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

楽器・機材を探す