音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

ギタリストにとってシールドは音作りには必要不可欠のアイテムですよね。でも、どのメーカー、どの型番のシールドが良いのかは結構判断しづらいと思います。そこで今回はそんな方に向けて、おすすめのシールドメーカー、型番をご紹介したいと思います。

目次

  • ギタリスト必見!!シールド特集
  • Belden
    • Belden 8412
    • Belden 9395
  • MOGAMI
    • MOGAMI 2524
    • MOGAMI 3368
  • まとめ

ギタリスト必見!!シールド特集

こんにちは。エレキギターを弾く上で欠かせないものといえば、ギター本体、アンプ、エフェクターもあるといいですね。しかし、忘れてはいけないのがギターとアンプ、エフェクターを繋ぐシールドケーブルです。これがなくてはアンプから音が出せません。

皆さんはシールドケーブル、こだわっていますか?たかだかシールドと侮るなかれ。シールドケーブルはアンプからの出音を左右する重要なファクターです。

というわけで、今回はギタリストにとって必要不可欠といえるシールドケーブル特集と題して、有名なシールドメーカーをいくつか取り上げ、それぞれの音質などについて解説していこうと思います。

Belden

シールドといえばやはりこれ!ということで最初はBelden。Beldenは、アメリカ・ミズーリ州セントルイスのケーブルメーカーです。アメリカの音楽業界では標準的に使われているケーブルなんだとか。日本でも人気が高く数多くのプロも使用していることから実力の高さが伺えます。

Beldenのギター向けシールドケーブルはいくつかあり、今回はそのなかから2つほど紹介します。

Belden 8412

8412は2芯構造をもったシールドケーブルでギター以外にもベースやレコーディング機器、マイクケーブルの接続などにも使われます。

中低域が分厚くファットで、歪ませても音が潰れない全体的にロックなサウンドが特徴です。

皮膜がやや硬く径も太いため、取り回しにやや難がありますがやはり8412はそれを補って余りあるサウンドの個性があります。ガッツリ歪ませて使いたい方にオススメです!

Belden 9395

9395は1芯構造のシールドケーブルです。8412とは対照的とも言える音質で高域に特徴があります。

8412と比べると音の線は細く感じるかもしれませんがクリーン、歪み共にバランスの良い出音でオールジャンルに使えるシールドです。高域が出過ぎないよう注意すればバンドアンサンブルでも抜けのあるサウンドが得られるでしょう。8412と比べて径が細く取り回しが楽なのもいいですね。

MOGAMI

MOGAMI(モガミ電線)は長野県塩尻市に本社を置き、日本のみならず世界的にも愛用者の多い有数のケーブルメーカーのひとつです。その中からエレキギター向けのケーブルを2つ紹介します。

MOGAMI 2524

2524は単芯のケーブルで、OFC(無酸素銅)を用いて信号伝達のロスを減らしていることが特徴です。ギタリストのスコット・ヘンダーソンが使用していることでも有名ですね。

音質はフラットに近く癖のない音が特徴です。特にどこにピークがあるというわけでもないため音作りの面で非常に扱いやすく使うギターやアンプを選びません。一音一音のガッツはBeldenに劣りますが、その分繊細な印象です。また線径も細く皮膜も柔らかいためステージやスタジオでの取り回しも良好なところもポイントが高いですね。

MOGAMI3368

3368はモガミが販売しているギター向けケーブルのラインナップのなかで最も新しいものです。単芯ながら特殊な編組シールドを採用していることが特徴です。

音質は2524と同じくフラットですがレンジが広く、且つ音の密度がグッと詰まっています。レンジが広いと書きましたがただ無闇に広いのではなく楽器として広すぎず狭すぎない最適なレンジ感です。

ただ線径がかなり太いため使えるプラグが限られており注意が必要です。しかし、それを補ってあまりある実力をもっているので是非試してみてはいかがでしょうか!お勧めです!

まとめ

いかがだったでしょうか!今回取り上げたメーカー以外にもたくさんのメーカーがシールドケーブルを販売しており、それぞれに個性があります。音の根幹を成すのはもちろんギター本体やアンプですが、やはりシールドもそれに負けないくらい重要なファクターであると私は考えています。

今後またメーカー別に様々なシールドケーブルを紹介していければと考えております。

もしくはここで紹介していない、紹介しきれなかったシールドを発見して自分なりの音作りに没頭するのも一興ですね。

それでは今日はこのへんで。ありがとうございました。

この記事に関連する商品

ESPのフラッグシップモデル!ESP Horizonシリーズのおすすめと特徴!

ESPのフラッグシップモデル!ESP Horizonシリーズのおすすめと特徴!

ESPにはいくつものギターがラインナップされていますが、そのなかでもフラッグシップとして頂点に位置しているモデルがHORIZONシリーズです。木材自体はシンプルですがその組み込み精度やエレクトロニクス、ネックコンストラクションまで全てが考え込まれているギターです。今回はそのHORIZONシリー...

思わず真似したくなる! 90年代から最近まで、邦楽の良ギターリフ10選!

思わず真似したくなる! 90年代から最近まで、邦楽の良ギターリフ10選!

みなさん、リフと聞いて何を思い浮かべますか?よくイメージされるのは、Mステの初めに鳴るあのフレーズ、でしょうか。これはB'zの松本孝弘氏が作曲した、#1090 〜Thousand Dreams〜という曲です。もしかすると、リフとしては日本で一番有名かもしれませんね。<iframe src="h...

MADE IN JAPANの実力派ARIA製ギターの特徴とおすすめモデル

MADE IN JAPANの実力派ARIA製ギターの特徴とおすすめモデル

近年、様々な新興メーカーの登場で賑わいを見せるギター・シーン。その中にあって、海外メーカー顔負けのサウンドと優れた演奏性で昔から根強い人気を誇るのが【ARIA】です。多くのトップ・ミュージシャンが認めたクオリティーはいまもなお健在で、ライブにレコーディングに頼れる一本を作り続けています。そんな...

ライプパフォーマンスには必須!?ワイヤレスシールド LINE6の特徴と種類!

ライプパフォーマンスには必須!?ワイヤレスシールド LINE6の特徴と種類!

エレキギターにとってはシールドはなくてはならないもの。しかしライブ中などに足に引っかかったりして「なんやこれ!!邪魔や!!!」なんて思ったこと、誰しも一度はあるのではないでしょうか。もしくは気づかないうちに断線していて、本番になって急に音が出なくなるなどの経験はありませんか?今回はそんなステー...

国内産ハンドメイド!momoseギターの魅力まとめ

国内産ハンドメイド!momoseギターの魅力まとめ

みなさんは、momoseというブランドはご存知ですか?日本国内のメーカーで品質が良いことで有名ですよ!そんなmomoseについて紹介していきます!

おすすめの記事一覧

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

楽器・機材を探す