音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

ギタリストにとってシールドは音作りには必要不可欠のアイテムですよね。でも、どのメーカー、どの型番のシールドが良いのかは結構判断しづらいと思います。そこで今回はそんな方に向けて、おすすめのシールドメーカー、型番をご紹介したいと思います。

目次

  • ギタリスト必見!!シールド特集
  • Belden
    • Belden 8412
    • Belden 9395
  • MOGAMI
    • MOGAMI 2524
    • MOGAMI 3368
  • まとめ

ギタリスト必見!!シールド特集

こんにちは。エレキギターを弾く上で欠かせないものといえば、ギター本体、アンプ、エフェクターもあるといいですね。しかし、忘れてはいけないのがギターとアンプ、エフェクターを繋ぐシールドケーブルです。これがなくてはアンプから音が出せません。

皆さんはシールドケーブル、こだわっていますか?たかだかシールドと侮るなかれ。シールドケーブルはアンプからの出音を左右する重要なファクターです。

というわけで、今回はギタリストにとって必要不可欠といえるシールドケーブル特集と題して、有名なシールドメーカーをいくつか取り上げ、それぞれの音質などについて解説していこうと思います。

Belden

シールドといえばやはりこれ!ということで最初はBelden。Beldenは、アメリカ・ミズーリ州セントルイスのケーブルメーカーです。アメリカの音楽業界では標準的に使われているケーブルなんだとか。日本でも人気が高く数多くのプロも使用していることから実力の高さが伺えます。

Beldenのギター向けシールドケーブルはいくつかあり、今回はそのなかから2つほど紹介します。

Belden 8412

8412は2芯構造をもったシールドケーブルでギター以外にもベースやレコーディング機器、マイクケーブルの接続などにも使われます。

中低域が分厚くファットで、歪ませても音が潰れない全体的にロックなサウンドが特徴です。

皮膜がやや硬く径も太いため、取り回しにやや難がありますがやはり8412はそれを補って余りあるサウンドの個性があります。ガッツリ歪ませて使いたい方にオススメです!

Belden 9395

9395は1芯構造のシールドケーブルです。8412とは対照的とも言える音質で高域に特徴があります。

8412と比べると音の線は細く感じるかもしれませんがクリーン、歪み共にバランスの良い出音でオールジャンルに使えるシールドです。高域が出過ぎないよう注意すればバンドアンサンブルでも抜けのあるサウンドが得られるでしょう。8412と比べて径が細く取り回しが楽なのもいいですね。

MOGAMI

MOGAMI(モガミ電線)は長野県塩尻市に本社を置き、日本のみならず世界的にも愛用者の多い有数のケーブルメーカーのひとつです。その中からエレキギター向けのケーブルを2つ紹介します。

MOGAMI 2524

2524は単芯のケーブルで、OFC(無酸素銅)を用いて信号伝達のロスを減らしていることが特徴です。ギタリストのスコット・ヘンダーソンが使用していることでも有名ですね。

音質はフラットに近く癖のない音が特徴です。特にどこにピークがあるというわけでもないため音作りの面で非常に扱いやすく使うギターやアンプを選びません。一音一音のガッツはBeldenに劣りますが、その分繊細な印象です。また線径も細く皮膜も柔らかいためステージやスタジオでの取り回しも良好なところもポイントが高いですね。

MOGAMI3368

3368はモガミが販売しているギター向けケーブルのラインナップのなかで最も新しいものです。単芯ながら特殊な編組シールドを採用していることが特徴です。

音質は2524と同じくフラットですがレンジが広く、且つ音の密度がグッと詰まっています。レンジが広いと書きましたがただ無闇に広いのではなく楽器として広すぎず狭すぎない最適なレンジ感です。

ただ線径がかなり太いため使えるプラグが限られており注意が必要です。しかし、それを補ってあまりある実力をもっているので是非試してみてはいかがでしょうか!お勧めです!

まとめ

いかがだったでしょうか!今回取り上げたメーカー以外にもたくさんのメーカーがシールドケーブルを販売しており、それぞれに個性があります。音の根幹を成すのはもちろんギター本体やアンプですが、やはりシールドもそれに負けないくらい重要なファクターであると私は考えています。

今後またメーカー別に様々なシールドケーブルを紹介していければと考えております。

もしくはここで紹介していない、紹介しきれなかったシールドを発見して自分なりの音作りに没頭するのも一興ですね。

それでは今日はこのへんで。ありがとうございました。

この記事に関連する商品

  • エレキギターのピッキングを歯切れよく鳴らすためには角度に気をつけよう

    エレキギターのピッキングを歯切れよく鳴らすためには角度に気をつけよう

    上手い人と初心者に同じギターを弾き比べてもらうと、ギターのセッティングが同じはずのときでも全く違う音が出てきてびっくりすることってありませんか?セッティングが同じ状態で、同じフレーズを弾いて違う音が鳴るというのはどういうことなのでしょうか?実は、それはピッキングの仕方に大きな要因があるのです。...

    本物のアコギを弾いてみたい。ギルドの特徴と代表モデル

    本物のアコギを弾いてみたい。ギルドの特徴と代表モデル

    テイラーが発展してくるまで、アコースティックギター(以下アコギ)の3大ブランドと言えば、マーティン、ギブソン、そして今回紹介するギルドでした。ギルドは誰もが認めるアコギの最大手メーカー、ブランドであり、多くの有名アーティストも使用しています。楽器店に行けば、多くの店に本数は少なくともギルドのア...

    初めてわかるMIDIの基礎知識

    初めてわかるMIDIの基礎知識

    DTMで作曲をする時、ピアノやシンセなどの音は、ソフト音源を使用する場合があります。ソフト音源を鳴らす方法は簡単で、DAWのピアノロールに楽譜データを打ち込んで作曲していきます。普段何気なく使っているこのピアノロール、実はMIDIという規格で制御されています。今回はそんなMIDIについての基礎...

    気をつけて!フェンダージャパンのエレキギターを中古で買う時の注意点【Fender japan】

    気をつけて!フェンダージャパンのエレキギターを中古で買う時の注意点【Fender japan】

    現在、フェンダージャパンのエレキギターを購入するには、主に中古市場での良品を入手する方法しかありません。しかし、中古のギターを買うのは不安もありますよね。この記事では、フェンダージャパンの中古エレキギターを購入する時の注意点、チェックポイントをまとめていきたいと思います。これを読んで、安心して...

    専門知識不要、簡単にできる抜けの良いキックの作り方!(具体的な数値を記載!)

    専門知識不要、簡単にできる抜けの良いキックの作り方!(具体的な数値を記載!)

    楽曲のMIXをしている時に、どうしてもキック(バスドラム)の音が埋もれてしまって聞こえなくなることって誰でも一度は経験しますよね。そんな時に、本を読んだり、インターネット上の解説ブログを見たりするのですが、専門用語が多く、いまいち理解できないという方は結構多いのではないでしょうか。しかも場合に...

    おすすめの記事一覧

    ハマる人にはハマるグレッチのアコギの特徴と代表モデルを紹介

    ハマる人にはハマるグレッチのアコギの特徴と代表モデルを紹介

    日本が誇るアコギKヤイリ!その特徴と代表モデルを紹介!

    日本が誇るアコギKヤイリ!その特徴と代表モデルを紹介!

    日本での公演も多数!ベック・ハンセンの使用ギター&おすすめ曲3選!

    日本での公演も多数!ベック・ハンセンの使用ギター&おすすめ曲3選!

    ジャパンビンテージ!グレコのエレキベースの特徴とラインナップを紹介!

    ジャパンビンテージ!グレコのエレキベースの特徴とラインナップを紹介!

    心に響く歌詞が話題に!SUPER BEAVERの特徴とおすすめ曲3選!

    心に響く歌詞が話題に!SUPER BEAVERの特徴とおすすめ曲3選!

    メンバー脱退の危機から復活へ!SPYAIRにつて

    メンバー脱退の危機から復活へ!SPYAIRにつて

    フェス常連バンドといえば、TOTALFAT!魅力やおすすめ曲をご紹介!

    フェス常連バンドといえば、TOTALFAT!魅力やおすすめ曲をご紹介!

    音楽の中心にあり続ける事!ワッシュバーンの特徴とアコギの代表モデル

    音楽の中心にあり続ける事!ワッシュバーンの特徴とアコギの代表モデル

    バイオリンとロックの融合!BIGMAMAおすすめ曲5選!

    バイオリンとロックの融合!BIGMAMAおすすめ曲5選!

    王道を進まないかっこよさ!アイバニーズのアコギの特徴と代表モデル

    王道を進まないかっこよさ!アイバニーズのアコギの特徴と代表モデル

    楽器・機材を探す