5万円以下で買えるレスポールタイプのオススメと選び方

「ギターを買いたい!」と心が決まると、次は「どのような形にしよう」と悩むものです。ギターの中でも有名かつ人気の形にはストラトタイプとレスポールタイプの2種類があります。

この記事では後者の「レスポールタイプ」の中から予算5万円以内で購入する事の出来るオススメブランドやレスポールの基本情報などをご紹介させていただきます。各メーカーによって様々な特徴がございますので、ギター選びのご参考にしていただければ幸いです。

目次

  • レスポールの歴史
  • レスポールの特徴
    • レスポールのデザイン
    • レスポールのサウンド
    • レスポールのクラス
  • オススメの5万円以下で購入できるレスポールタイプ
    • Epiphone
      • Les Paul Standard Plus Top Pro
    • Fernandes/Burny
      • RLC-55
    • GrassRoots
      • G-LP-60S

レスポールの歴史

まず初めに「レスポール」と呼ばれる由縁をご紹介させていただきます。レスポールと言う商品は1952年に老舗メーカーGIBSON(ギブソン)が初のソリッド・ギターをアメリカのギタリスト、レス・ポールのアーティストモデルとして作った事により始まりました。公式に「レスポール」としてこのモデルを販売しているのはギブソンおよび子会社のエピフォンのみが許されています。現代は多数のメーカーでコピーモデルが販売されていますが、全ての商品は厳密に言うと「レスポールタイプ」になります。

少し難しい表現となってしまいましたが、簡単にお伝えすると著作権故の大人事情と言った所になります。

またレスポールを一躍有名にしたのは、有名ギタリストの「エリック・クラプトン」であると言われています。ブルースブレイカーズのアルバム「ブルースブレイカーズ・フィーチャリング・エリック・クラプトン」にゲスト参加した曲で聴ける、レスポールとマーシャルアンプの組み合わせによるディストーション・サウンドが「極上のサウンド」と絶賛され、その魅力は全世界に届きました。

レスポールサウンドの特徴

レスポールのデザイン

基本的なデザインは高フレット部が弾きやすいようにボディが削られたシングル・カッタウェイのアーチドトップ・ボディにフロントとリアのふたつのピックアップを搭載、ネックは仕込み角をつけたセットネックで、それぞれのピックアップ専用のボリューム、トーンコントロールが備わっているのが主流です。

レスポールのサウンド

発売当時はサウンドにパワーがありすぎコントロールしづらく、重量も重いということで、一般的な人気を得るには至らなかったほどです。つまり、迫力のあるサウンドを得意とし、ロック系のジャンルが好きな方に好まれる仕様となっています。

レスポールのクラス

レスポールの中にはスタンダードやカスタム、ダブルカッタウェイやジュニアタイプなど、レスポールを基準とした様々なラインナップがございます。このモデルを深くご紹介してしまうとギブソンギター特集になってしますので割愛させていただきますが、価格や仕様などの様々な違いがあります。

#gibson #guitar #guitarporn #musicshop #lespaul #sunburst #art #beautycontest

@alexebastaが投稿した写真 -

オススメの5万円以下で購入できるレスポールタイプ

それでは実際にギターを購入する際にオススメなメーカーをいくつかご紹介させていただきます。実はレスポールで指定の価格帯を探すのはそこまで難しくはありません。しかし、低コストで作るのが難しいレスポールは良質かつコストパフォーマンスに優れたモデルを探すのは中々難しいものです。ご紹介するメーカーは良質かつ豊富なラインナップがございますので、是非ご参考ください。

Epiphone Les Paul Standard Plus Top Pro

ギブソンとライバル関係にあったエピフォンは1957年にギブソン社の傘下になりました。元から高い技術を持った会社だっただけに、非常に優秀なギターを作り続けました。

現在のラインナップで人気の商品の1つ、Epiphone Les Paul Standard Plus Top Proは本家ギブソン レスポールを忠実に再現し、コストパフォーマンスに優れた1本です。PUSH/PULLによるコイルタップを採用し、より実用的な仕様に仕上がっています。

Epiphone Les Paul Standard Plus Top Proの主な仕様

  • ボディ材:MAPLE TOP MAHOGANY BACK
  • ネック材:MAHOGANY(SET NECK)
  • フレットボード材:ROSEWOOD
  • ピックアップ:CHROME HUMBACKING×2
  • コントロール:2VOL , 2TONE 3WAY SW , COIL-TAPPING ON BOTH VOLUMES
  • ブリッジ:STOP BAR TAILPIECE

Fernandes/Burny RLC-55

「フェルナンデス」は、クラシックギター卸売業者斉藤楽器(1969年設立)が1972年に「株式会社フェルナンデス」に社名変更することで設立されたブランドです。この年から本格的にエレキギターの販売を開始し、現在ではギターやベースにとどまらず、ピックやメンテナンス用品、練習用アンプなども手掛けています。立ち上げ当初にフェンダー系を「Fernandes」、ギブソン系を「Burny」のブランド名でコピーモデルを作っていた名残から、レスポールタイプはバーニーとして販売されています。

バーニーの中でのオススメモデルはRLC-55です。オーソドックス&シンプルなボディー・シェイプ、2ハムバッキング・ピックアップ、2ボリューム&2トーンのシンプルなコントロールで初心者の方には非常に扱いやすいシンプルな構造です。

Fernandes/Burny RLC-55の主な仕様

  • ボディ:メイプルトップ、マホガニーバック
  • ネック:マホガニー、セットネック
  • 指板:ローズウッド、22フレット
  • ピックアップ:FVH2002×2
  • コントロール:2ボリューム、2トーン、3WAYトグルスイッチ
  • ブリッジ:チューンOマチック&ストップテイルピース

GrassRoots  G-LP-60S

GrassRoots(グラスルーツ)は日本が誇るギターブランド「ESP」のコストパフォーマンスモデルを作るブランドです。様々なアーティストモデルの製造などで培われた技術を生かし、完成度の高いモデルを多く販売しています。

ラインナップの中で人気の高い商品はG-LP-60Sで低価格ながらボディ材はトップにメイプル、バックにマホガニーを使用。ネック材にもマホガニーを使用し、セットネック構造でジョイントするというレスポールの基本をしっかり押さえた作りになっています。

GrassRoots G-LP-60Sの主な仕様

  • ボディ材: (Top) Flame Maple Veneer(thru color) ,(Back) Mahogany
  • ネック材:Mahogany / Rosewood, 22Frets
  • スケール:628mm
  • ジョイント:Set-neck
  • ピックアップ:GH-1G×2
  • コントロール:Neck&Bridge Volume,Neck&Bridge Tone,PU Selector
  • ブリッジ:Tune Matic / Stop Tailpiece

あとがき

オススメレスポール、いかがだったでしょうか?数あるラインナップの中から厳選してのご紹介となりましたが、お伝えしたメーカーのラインナップの中にもまだまだオススメの商品もございます。

是非、皆様の好みにあったギターが見つけてください。

この記事に関連する商品

ライブにうってつけのワイヤレスシールド!SHURE&Audio-technicaの特徴とモデル

ライブにうってつけのワイヤレスシールド!SHURE&Audio-technicaの特徴とモデル

こんにちは。前回はライブパフォーマンスをするためのマストアイテムといえるワイヤレスシステム、そのなかでもLINE6社の製品を紹介しました。今回はLINE6に負けず劣らずのワイヤレスシステム市場を獲得しているSHURE社とAudio-technica社のワイヤレスシステム製品の特徴とモデルを紹介...

あらゆる楽器を使いこなすジョニー・グリーンウッドの使用ギターとおすすめ定番曲5選!

あらゆる楽器を使いこなすジョニー・グリーンウッドの使用ギターとおすすめ定番曲5選!

ギタリストなのにも関わらず、あらゆる楽器を使いこなすマルチプレイヤーなジョニー・グリーンウッド(Jonny Greenwood)。ロックバンド「レディオヘッド」ではバンドのサウンドの中核を担っている重要なメンバーです。今回はそんなジョニーの使用しているギターや機材、おすすめの定番曲に着目し、彼...

ギターでアドリブをキメよう! ペンタトニック知らずでできるソロ練習

ギターでアドリブをキメよう! ペンタトニック知らずでできるソロ練習

日々練習に明け暮れるギタープレイヤーのみなさん、こんにちは。この世を見渡すと、アドリブが弾けるギタリストとそうでないギタリストがいますが、できる人とできない人の違いって一体どこにあるのでしょうか?ギター アドリブ、などでググると、ペンタトニックスケールなどの音楽理論の話が出てきて、ブルー・ノー...

国内産ハンドメイド!momoseギターの魅力まとめ

国内産ハンドメイド!momoseギターの魅力まとめ

みなさんは、momoseというブランドはご存知ですか?日本国内のメーカーで品質が良いことで有名ですよ!そんなmomoseについて紹介していきます!

“ローランド・レディ”も使いこなすシンセサイザー&ギターの体現者  フィル・マンザネラ

“ローランド・レディ”も使いこなすシンセサイザー&ギターの体現者 フィル・マンザネラ

ロキシー・ミュージックにギタリストとして加入したフィル・マンザネラは1980年代に入つて世界が、シンセサイザーを用いた煌びやかなサウンドに変遷する10年近く前にはギターとシンセサイザーを活かしたキャッチーなロックサウンドを模索していました。そんな彼のロキシー・ミュージック時代から名作ソロアルバ...

おすすめの記事一覧

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

本当にエントリー?!ヘッドウェイのユニヴァースシリーズの特徴と代表モデル

本当にエントリー?!ヘッドウェイのユニヴァースシリーズの特徴と代表モデル

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親   サニー・ランドレス

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親 サニー・ランドレス

ストイックな音楽集団!サカナクションのおすすめ曲5選

ストイックな音楽集団!サカナクションのおすすめ曲5選

胸キュンソングのスペシャリスト!back numberのおすすめ曲5選

胸キュンソングのスペシャリスト!back numberのおすすめ曲5選

楽器・機材を探す