エフェクターの魔術師トム・モレロの使用機材、ギターは?魅力と代表曲3選!

「ローリングストーン誌の選ぶ史上最も偉大な100人のギタリスト」にも常にランクインしている天才ギタリストのトム・モレロ(Tom Morello)。エフェクターを駆使した独特のサウンドが評判で、ファンもその音の虜になっています。今回はそんな彼の魅力と代表曲を紹介しつつ、彼が使用している機材、ギターにも触れていきたいと思います!

目次

  • トム・モレロの今まで
  • 独特のサウンドから溢れる魅力!
  • トムだけの音!代表曲3選!
  • 使用ギターを紹介!
  • プロフィール情報!
  • まとめ

トム・モレロの今まで

トム・モレロはアメリカ合衆国出身のギタリストです。

Strong egg #tommorello #rageagainstthemachine

Welcome To Walmartさん(@smashing_chili_peppers)が投稿した写真 -

彼が音楽に出会ったのは13歳の時でした。当時一世を風靡していたロックバンド「レッドツェッペリン」から影響を受け、音楽に目覚めます。しかし、金欠だったためここでは一旦挫折してしまいます。

高校進学後に改めてギターに取り組み、ヘヴィメタとパンクロックから影響を受けながら、自分の音楽を追求していきました。トムは頭も良く、大学はあの有名なハーバード大学です。卒業後も議員の秘書になるなどというキャリアも持っています。

「ロックアップ」、「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」などのバンドを経験し、現在は「ストリート・スウィーパー・ソーシャル・クラブ」を結成し、精力的に活動を続けています。

独特のサウンドから溢れる魅力!

トムはエフェクターの魔術師との別名もあるくらい、エフェクターを使うのがうまいです。

Prophets of Rage

Ana Herdaさん(@anaherda)が投稿した写真 -

エフェクターを駆使した独特のサウンドが彼の魅力の一つで、日常の音も表現できてしまうほど音を操る技術が高く、そこが評価ポイント!

まるでDJのように弦をスクラッチするスクラッチ奏法を得意とし、音質の演出が神がかっています!他にも独特な奏法によって、不思議で聞いたことのないような音を作り出せるのはトムだけではないでしょうか?

また、曲自体の人気も高く、政治的メッセージが色濃く表現されている曲が多いので、若者を中心にトムは大人気のギタリストです。

トムだけの音!代表曲3選!

Sleep Now In The Fire

Rage Against The Machine時代の曲です。政治的メッセージが強い楽曲を中心に歌っているバンドなので、若者を中心に人気のあるバンドでした!曲調もリズムを取りやすく、誰でも盛り上がれそうですね!

Promenade

以前のバンド時代とはまた違った雰囲気の曲を歌っています。トムが求め続ける新しい音が色濃く出ていますね!この曲を聴いておけばトムのことがわかります!

Clap For The Killers

もう出だしから不思議な音の虜になってしまいます!これがトムの求める誰もが出せない彼だけの音なのではないでしょうか?

使用ギターを紹介!

こちらが不思議な音の根源!彼が使用するギターです!

Fender American Standard

Applause AA-31

Compañeras de batalla ❤ #acousticguitars #vintageguitars #applauseguitar #taylorguitars #pearlriverguitars #guitarcollection

Diego Cabellosさん(@diegoocabellos)が投稿した写真 -

Gibson Les Paul Standard

#gear #guitar #gibsonlespaul #gibsonlespaulstandard hello~~~!

최장호さん(@j_hooou)が投稿した写真 -

プロフィール情報!

100 dias para verte! #tommorello #Maximus2017 #MakeArgentinaRageAgain

Fabiana Peraltaさん(@fab.peralta)が投稿した写真 -

  • 名前:トム・モレロ(Thomas Baptiste Morello)
  • 生年月日:1964年5月30日
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州
  • 学歴:ハーバード大学
  • ジャンル:オルナティブメタル、ハードロック
  • 担当楽器:ギター
  • Facebook:@TomMorello
  • Twitter:@tmorello
  • オフィシャルファンサイト

まとめ

とにかく不思議で嫌でも気になってしまう音を出すトム・モレロ。エフェクターをここまで駆使して音を作る人を見たことがありません!最近ロックバンドに飽きてきたなと思う人にはいい刺激になること間違いなしですよ!これを機にトムの音楽を体感してみてください!

この記事に関連する商品

歴史上最も偉大な女性アーティスト、ジョニ・ミッチェルの名曲まとめ

歴史上最も偉大な女性アーティスト、ジョニ・ミッチェルの名曲まとめ

ローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーにおいて42位という女性として高い順位を獲得しました。カナダ出身のフォーク歌手として1968年にデビューしました。1969年から2007年にかけてグラミー賞を9回受賞しています。芸術家としての才能も優れており、自分でデザインしたCDジャ...

サンバースト、ゴールド、ブラックと3種類のレス・ポールを使い分け、味わい深いリードギターを魅せるラス・バラード

サンバースト、ゴールド、ブラックと3種類のレス・ポールを使い分け、味わい深いリードギターを魅せるラス・バラード

アージェントのギタリストとしてデビューしたラス・バラード。味わい深いギターは幼少期に学んだピアノの経験による部分が大きいと言えます。アージェントやソロのギタリストとしてだけではなく、サンタナ、スリー・ドッグ・ナイト、エース・フレーリーなど錚々たる面々への楽曲提供を通してミュージシャンを成功に導...

最高の弾力サウンド Taylor 600シリーズの魅力と選び方

最高の弾力サウンド Taylor 600シリーズの魅力と選び方

Taylorの中で最も弾力のあるサウンドと見た目が特徴的な600シリーズ。600シリーズの中にもラインナップがあり、どれを選べば良いのかは迷いどころだと思います。この記事では600シリーズの魅力や選び方、おすすめのナインナップをご紹介していきたいと思います。1974年にボブ・テイラーとカート・...

日本でのベンチャーズブームはノーキー・エドワーズのモズライトから

日本でのベンチャーズブームはノーキー・エドワーズのモズライトから

日本国内にエレキギターを広めた人物をふたり挙げるとしたら寺内タケシとノーキー・エドワーズではないでしょうか。“ノーキー・エドワーズ”を知らない方でもザ・ベンチャーズのギタリストといえば思い出すはずです。自身のシグニチャーモデルのモズライトが奏でる小気味いいギターサウンドは1度聴くと耳から離れま...

クラシックギターってどんなギター?特徴と歴史まとめ

クラシックギターってどんなギター?特徴と歴史まとめ

クラシックギターと聞いて、どこまでその特徴を説明できるでしょうか?なかなかちゃんとその定義を理解している人は少ないのではないでしょうか?今回は、クラシックギターの特徴をしっかり抑えて周りと差をつけちゃいましょう!

おすすめの記事一覧

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

楽器・機材を探す