日本のサックスメーカーも負けてない、絶大な安定感を誇るヤマハのおすすめサックス

海外のサックスメーカーに比べると、価格帯も安く購入がしやすいヤマハのサックス。

しかしながら、その性能はプロ・アマチュア問わず絶大な人気を獲得しています。

初心者向けに開発された非常に安い価格帯のサックスから、プロ上級者に向けて作られたモデルまで様々です。しかしどのサックスも個体差は少なく、日本製ということもあって安心して購入できるのがヤマハの魅力です。

そんなヤマハのサックスを初めて買うという方にオススメのモデルを紹介したいと思います。

<3 #yamaha #yamahayas #yamahayas280 #yas280 #saksofon #sax #saxophone #begginer #efektyniebawem

Damian Stemplewskiさん(@gopro_dees)が投稿した写真 -

目次

  • 安い、高いクオリティが同時に実現したYAS-62
  • 10万円代で、この性能!YAS-280
  • 初心者から上級者まで愛用可能、YAS-82Z
  • それぞれのモデルまとめ

安い、高いクオリティが同時に実現したYAS-62

初心者の方、これからサックスを始めたいという方が最もよく選ぶヤマハのサックスの中でも最も選ばれやすいのがこのYAS-62です。

20万円代という低価格の中で、非常に安定したキーアクションと、音程を実現しているコスパ最強といっても過言ではないモデルです。

20万円代という価格帯はサックスの世界のなかだと、どうしても後一歩足りないというサックスが多い中で、ここまでバランスが取れており信頼がおけるモデルはありません。この価格帯のサックスですと、個体差が激しいものも多いのですが、YAS-62は個体差も少なく、ネットショッピンで買おうと思っても比較的安心して買う事ができます。お金を多くかける事はできないけれど、安心して楽器を選びたい…そんな方はこのモデルからはじめてみるのは以下かがでしょうか?

10万円代で、この性能!YAS-280

サックスという楽器の価格帯から考えると、新品で10万円代というのはとても安いです。

無名のメーカーですと、10万円のサックスは半分おもちゃみたいな物が多いのが現状です。しかしながら、ヤマハのサックスは違います。ヤマハの他のモデルと比べると、音色や音程の性能の面で、機能が多少低下してしまうのは事実ですが、10万円代のサックスでは考えられないクオリティを保っており、初心者には本当にオススメのモデルのひとつです。

出費は最小限に押さえたいが、なるべくその中でも、良い楽器が欲しい!そんな方には是非オススメです。サックスを長く続けるか分からないがはじめてみたい…そんな人はこのモデルから入り、上達してきたら、上位モデルにかえてみるというパターンの人も多くいます。

初心者から上級者まで愛用可能、YAS-82Z

ヤマハのサックスの代表格といっても良いのがこのYAS-82Z。

プロ級のひとから、楽器を始めたてのひとまで幅広く扱う事のできるのがこのモデルの最大の魅力です。YAS-62の音色や音程の部分をさらに磨き上げたサックスです。

値段は30万円中盤ぐらいで少し値段は高くなりますが、それだけの性能があるからなのです。

深い音の鳴り、キーアクションの快適さ、音程の良さ、どれをとっても不満を言う所が見つからず、ストレスが本当に少なく練習を進める事ができるのです。

少し値段は高くなっても良い買い物をしたいという方に是非オススメです。良い楽器にはそれなりの理由があるのです。

それぞれのモデルまとめ

ここまでヤマハのサックスのオススメのモデルについて紹介してきましたが、結局一番重要なポイントは何なのかをまとめたいと思います。

YAS-62

コストパフォーマンスが最強です。価格と性能のバランスが非常によく、多くの初心者がこのモデルを選びます。中上級者になっても使えるクオリティが魅力です。

YAS-280

サックスにしては本当に安い価格帯で、きちんと演奏する事ができる性能を誇るモデルです。初期投資にお金をかけるのが不安な人にはとてもオススメです。

 YAS-82Z

ヤマハのモデルの中核を担うモデルです。ヤマハの中では少し値段は高くなりますが、プロからアマチュアまで幅広い人を受け入れるすばらしいモデルです。

以上が、ヤマハのオススメモデルです。ここののせた物を参考にして、自分で楽器屋さんに行ってみて試走してみるとまた考えも変わると思います!高いクオリティを誇る日本のヤマハで楽しいサックスライフを過ごしてみて下さいね。

この記事に関連する商品

唯一無二のアコギがここにある!ヘッドウェイカスタムショップの特徴と代表モデル

唯一無二のアコギがここにある!ヘッドウェイカスタムショップの特徴と代表モデル

ヘッドウェイのアコースティックギター(以下アコギ)を語るときに、百瀬恭夫という男の存在を欠かすわけにはいきません。 家具職人として働いていた百瀬がギターの世界に足を踏み入れたのは1964年、20歳の時です。日本のギター界にとって、ヘッドウェイのアコギを語る上で、百瀬の存在は大きすぎるくらいです...

入魂の一打!強靭なリズムを生み出すドラマー「BOBO」の機材とおすすめ楽曲

入魂の一打!強靭なリズムを生み出すドラマー「BOBO」の機材とおすすめ楽曲

束ねた長い髪と極端に短い短パンがトレードマーク、「BOBO」というドラマーが今脚光を浴びています。シンプルでタイトなリズムと野性味を帯びたグルーヴでミュージシャンをも魅了する、まさに知る人ぞ知る彼の存在は、現代のロック界隈で欠かすことのできないものになりつつあります。そんなドラマーBOBOにつ...

世界で最も使用されてるベース!?フェンダージャズベースの特徴

世界で最も使用されてるベース!?フェンダージャズベースの特徴

ポップス、R&B、ソウル、多くのジャンルでジャズベースは定番のベースとなっています。おそらく世界で最も使われているベースでしょう。今回はそんなジャズベースの特徴を紹介します。

これは絶対買い!なフェンダーUSAのおすすめストラトキャスター5選【Fender USA】

これは絶対買い!なフェンダーUSAのおすすめストラトキャスター5選【Fender USA】

フェンダーUSAのストラトキャスターを購入したいけれど、調べてみると色々グレードがあって悩む…という方も多いのではないでしょうか。フェンダーUSAの現行品には、アメリカン〜〜と名前がついたシリーズが多く、シリーズ名でそれぞれに意味合いがあります。また、様々なシグネチャーモデルも発売されており、...

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

個性的でありながら、どこか都会的なサウンドを持ち合わせるヘビーメタルバンドのジョージ・リンチ。ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンに憧れてギターを始め、オジー・オズ・ボーンのツアーをサポートした経験も持つ彼のキャリアに加え、“KAMIKAZE”や“PURPLE  TIGER”などの使用ギ...

おすすめの記事一覧

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

楽器・機材を探す