超激安エフェクター、BEHRINGER(ベリンガー)の特徴とおすすめを徹底解説!

エフェクターの中でも非常に低価格で手に入ることで有名なのが、BEHRINGER(べリンガー)のエフェクターかと思います。

他のメーカーと比較してもその価格差は印象的で、1度はみなさん購入を考えた、購入したことがあるのではないでしょうか。

しかし、価格に対して気になるのがクオリティ、品質ですよね。そこで今回はBEHRINGER(べリンガー)のエフェクターについて、その特徴やクオリティ、選び方、おすすめのエフェクターを解説していこうと思います。

目次

  • べリンガーの特徴
    • ベリンガーの始まり
    • 驚きの「3年保証」
  • べリンガー購入時のポイント
    • 価格
    • サウンド
      • 歪み系
      • 空間系
    • ちょっとしたデメリットと解決策
    • 耐久性はどうなの?
  • オススメのモデル
  • まとめ

べリンガーの特徴

ベリンガーの始まり

ベリンガーは、1989年にドイツで生まれた音響機器メーカーです。

「性能は倍に、価格は半分に」という社是を体現しているメーカーです。

半分どころか、3分の1になっているエフェクターもあります。

創立者ユーリ・ベリンガーが創業するまでのスターリーは情熱たっぷりで感動です。

BEHRINGERストーリー

べリンガーは創立20年を超える老舗メーカーです。これまでの経緯などはHPに詳しくかいてあります。

http://behringer.soundhouse.co.jp/contents/ourstory.asp

驚きの「3年保証」

べリンガーの知られていない特徴として、3年間の保証がついております。

この保証が適用される条件は以下のとおりです。

  • 国内正規代理店を務めるサウンドハウスで購入する
  • 90日以内にオンライン登録をする

べリンガー購入時のポイント

価格

ズバリ、ポイントは価格でしょう。

良し悪しが分からず、すぐに使わなくなってしまう5,000円〜10,000円のエフェクターを購入するなら、断然、ベリンガーをオススメします。

サウンド

歪み系

正直、コストパフォーマンスが良すぎて驚きます。

まず、ノイズが少ないのと、LINE出力が可能になっているモデルもあるので、ユーザー目線でのモノづくりだなぁと感心してしまいます。

個人的には、オーバードライブよりディストーションの方がよくできていると思います。クランチサウンドを作ろうと思うと、やはり「値段相応だな」と思ってしまいます。

一方、ディストーションは(あくまで個人的には)多少音ヤセする気がしますが、1台持っていれば十分ではないか!?と思えるぐらい、歪みの幅が広くて使いやすいです。

空間系

ディレイ、リバーブ、オクターバーなど必要な空間系は当然揃えてあります。空間系は正直10,000円以上のエフェクターと比べてもそん色ないと思います。

どのモデルも、機能は十分、直感的で使いやすいエフェクターになっています。

ちょっとしたデメリットと解決策

アダプター使用している人は関係ありませんが、電池の交換が面倒…です。

本体のスイッチ付近の側面を細い棒でさして開けなければなりません。ちょうど、iPhoneのSIMカードを入れ替える時に、側面の引き出しを開ける作業と似ています。

アダプター駆動の方が、面倒な作業は避けられるのでオススメです。

耐久性はどうなの?

本体がプラスチック製なので、当然、耐久性は気になるところです。ですが、よっぽどな使い方をしない限り問題ないかと思います。

よっぽどな使い方とは、全身で乗りかかったり、高いところから落としたり…です。

当然、メーカーとしても耐久テストは行っているはずなので、ある程度ライブでもみくちゃになる程度の荒い環境下でも問題ない印象です。

オススメのモデル

BEHRINGER GDI21 モデリングアンプ

なんと、これ1台で27種ものサウンドを演出できます。

簡単に説明すると、モデリングアンプ3種×ゲインモード3種×マイキングシミュレーション3種内蔵されており、クリーン、クランチ、オーバードライブ、ディストーションまでカバーできてしまう驚異の1台です。

つまり、これ1台でたいていの歪みサウンドは出せてしまいます。

BEHRINGER GDI21 モデリングアンプ

BEHRINGER UM300 Ultra Metal

とにかく、よく歪みます。値段相応とは言わせないこのクオリティ!

歪みの幅が広いので、いろいろなジャンルに対応できます。

BEHRINGER UM300 Ultra Metal

BEHRINGER VD400 Vintage Delay

テープエコー風のあたたかみのあるアナログディレイを目指したディレイです。

イメージとしては1960年代のアナログディレイです。とても使いやすく、優れたディレイだといえます。

それにしても、こちらのディレイ3,000円でお釣りがくる価格帯!

本当に驚きです。

BEHRINGER VD400 Vintage Delay

まとめ

コスパと総合点の高さが注目されるBEHRINGERです。

初心者用のエントリーモデルとして認識されがちなエフェクターですが、十分ライブ、宅録の使用に耐えうる仕様になっています。

壊れやすい、ノイズが多い、音がチープ…これらはハッキリ言って根拠のない偏見です。

まずは、あれこれ試してみましょう!

この記事に関連する商品

抜群に演奏しやすい!Ibanezのギター特徴と種類、おすすめシリーズまとめ

抜群に演奏しやすい!Ibanezのギター特徴と種類、おすすめシリーズまとめ

国内のギターメーカーとしては全世界で異例の人気を誇るIbanez(アイバニーズ)。中でもメタルやラウドなどの激しい曲を好まれる方に多く選ばれているギターです。スタンダードなストラトベースのフォルム、早弾きなどのプレイに特化した仕様などが今のアイバニーズの人気の理由の一つでは無いでしょうか。19...

天文学者のギタリスト!ブライアン・メイの使用ギター&おすすめ曲3選!

天文学者のギタリスト!ブライアン・メイの使用ギター&おすすめ曲3選!

ブライアン・メイ(Brian May)はイギリスのミュージシャン、天文学者です。天文学者なのにギタリスト!?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、そこがブライアンの興味深いところなのです。しかも、ブライアンはあの伝説のロックバンド、クイーンのギタリストとして活動していたのです!今回はそんなブラ...

意外と知らない?エレキギター用ブリッジの種類と特徴!

意外と知らない?エレキギター用ブリッジの種類と特徴!

こんにちは。皆さんは自分のギターのブリッジがどんなものなのか気にしたことはありますか?ブリッジはギターの構造上必要不可欠なもの。そして使用されているブリッジには様々な種類があり、それぞれに個性や特徴があります。今回はギターに使用されているブリッジにどのようなものがあるのか見ていきましょう。

マルチデバイス時代のDAW「Studio One 3」の特徴とレビュー

マルチデバイス時代のDAW「Studio One 3」の特徴とレビュー

Studio one 3は比較的新しいDAWです。Cubaseを制作したスタッフが、従来のしがらみのない、まっさらな白紙の状態から、プログラムを作り上げた結果、動作が軽い、音が良いと評判です。この記事では、Studio one 3の特徴とレビューをご紹介します。

LGシリーズからの継承。ギブソンアコギBシリーズの特徴とオススメモデル

LGシリーズからの継承。ギブソンアコギBシリーズの特徴とオススメモデル

Lシリーズ、そしてLGシリーズへと形を変えてきたギブソンのスモールギターは60年代前半にBシリーズへと形を変えていきます。そのBシリーズは現在、日本の有名アーティストの多くが使用しています。音楽番組やMVをよく見る方には、みたことがあるアコースティックギター(以下アコギ)かもしれません。今回は...

おすすめの記事一覧

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親   サニー・ランドレス

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親 サニー・ランドレス

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

エレキギターの王道レスポールの選び方と種類。愛用ギタリストからおすすめメーカーまで!

エレキギターの王道レスポールの選び方と種類。愛用ギタリストからおすすめメーカーまで!

チェリー・サンバースのレス・ポールが奏でるメロディアスギター  デイヴ・メニケッティ

チェリー・サンバースのレス・ポールが奏でるメロディアスギター デイヴ・メニケッティ

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

楽器・機材を探す