ストラトキャスターを使いこなすギタリスト!デヴィッド・ギルモアの魅力とおすすめ曲3選!

イギリスに生まれた天才ギタリスト、デヴィッド・ギルモア(David Gilmour)。ストラトキャスターを主に使用し、ストラトキャスターを愛するギタリストです。

実力を兼ね備え、驚異のギタープレイで観客を沸かせるデヴィッド。そんな彼の魅力とおすすめ曲を紹介していきます。また、彼が使用するギターも合わせて紹介していきたいと思います!

目次

  • デヴィッド・ギルモアとは?
  • プロフィール紹介!
  • 魅力満載!デヴィッドはここがすごい!
  • デヴィッドを感じよう!おすすめ曲3選!
  • 彼が愛するギターを紹介!
  • まとめ

デヴィッド・ギルモアとは?

デヴィッド・ギルモアはイギリス出身のミュージシャン、ギタリストです。

thank you for another success

David Gilmourさん(@davidgilmourofficial)が投稿した写真 -

1968年に「ピンク・フロイド」に加入し、ギタリストとしてボーカルとして活躍しています。

「ピンク・フロイド」加入前の10代頃はセッションミュージシャンとして音楽に携わっていました。しかし、その当時から活動していたピンク・フロイドのギタリストが突如脱退してしまったため、デヴィッドに声がかかりピンク・フロイドのギタリストとなりました。

加入してすぐにギタリスト以外にも本格的にボーカルとして歌うことも。ギタリストとしては派手さはないのですが、作詞面で大きく貢献したデヴィッド。

外部のミュージシャンとの交流も盛んなデヴィッドはソロ活動も行なっていて、1978年に初のソロアルバム「デヴィッド・ギルモア」を発売。チャリティーイベントにも大きく貢献し、世界のために活動をすることも多いのが彼の特徴でもあります。

最近では2015年に大規模なワールドツアーを行い、まだまだ健在だと証明しました。年齢を重ねても落ちることのない彼の実力にファンも驚きを隠せなかったでしょう。

プロフィール紹介!

once I fell in love with guitar, I couldn't turn back

David Gilmourさん(@davidgilmourofficial)が投稿した写真 -

  • 名前:デヴィッド・ギルモアDavid Jon Gilmour)
  • 生年月日:1946年3月6日
  • 出身地:イギリス、ケンブリッジ
  • 身長:183cm
  • ジャンル:ロック、サイケデリックロック、ブルースロックなど
  • 担当楽器:ギター、ボーカル、ベース、ピアノ、ハーモニカなど
  • 公式ホームページ
  • facebook:@davidgilmour
  • Twitter:@_DavidGilmour
  • instagram:@davidgilmourofficial
  • YouTube:Pink Floyd

魅力満載!デヴィッドはここがすごい!

デヴィッドはギタープレイ自体に派手さはないのが事実です。

しかし、緻密な音作りから繰り出される美しい独特なサウンドが評価されています。派手さがないだけで、ギタリストとしての腕前は確かで、「タイム」、「マネー」での演奏はロックの歴史にも残るほどの評価を得ました。

派手さがない分丁寧で完璧な音を届けるのがデヴィッドです。演奏以外では作詞の才能にも注目されています。彼にしか創りさせない巧みな作詞術がファンの心を響すのでしょう。

デヴィッドを感じよう!おすすめ曲3選!

Time

ロック史に残るプレイとして名高い彼のギターソロに注目。ボーカルも男らしく、これぞロックって感じがしてテンション上がります!

Money

こちらもロック史に残る伝説のプレイ!確かに派手さはないですが、丁寧で繊細な演奏だからこそ

ギターの音が生かされますね!

Wish you are here

アコースティックサウンドが特徴の曲。アコギだからこそアルペジオが心地いいです!個人的に一番好きな曲です!

彼が愛するギターを紹介!

ストラトキャスターを愛するデヴィッドですが、他にも色々なギターを使用しているので少し紹介していきたいと思います!

Gibson Les Paul

1070s Martin D-35

Mmmm. Fresh strings and tone. #martind35

Azmeeyさん(@muhammad_azmeey)が投稿した写真 -

1969 Fender Stratocaster

#1969fenderstratocaste#fendre#stratocaster#guitar

borry1さん(@borry1)が投稿した写真 -

まとめ

丁寧な演奏から繰り出される音は多くのファンを虜にしています。ロックは派手というイメージが強いかもしれませんが、デヴィッドの曲や演奏を聴けばそのイメージも変わるかもしれません

これを機にデヴィッドのロック史に残るプレイを聴いてみてください!

タカミネSA200シリーズの特徴とおすすめモデルのスペック

タカミネSA200シリーズの特徴とおすすめモデルのスペック

タカミネはエレアコのイメージが非常に強いため、多くのアコースティックギター(以下アコギ、タカミネではストレートアコースティックギターと呼んでいる)を生産していることが割と知られていないかもしれません。長渕剛が言ったアコギは叩くものという言葉はあまりにも有名です。最近では、若者に大人気の大原櫻子...

圧巻のサウンドクオリティ!320designのエフェクターの特徴とおすすめ!

圧巻のサウンドクオリティ!320designのエフェクターの特徴とおすすめ!

320Designは並々ならぬこだわりと圧倒的なサウンドクオリティから近年急速に有名になりつつある新進気鋭の国産エフェクターメーカーです。ラインナップされている製品は多くはありませんがそのクオリティはプロもこぞって使用するほどのクオリティを誇ります。今回はその320Designのエフェクターの...

ちゃんとできてる?ベースのより良い弦交換への5つのポイント

ちゃんとできてる?ベースのより良い弦交換への5つのポイント

ベーシストのみなさん、弦交換はどうやっていますか?弦交換は、実は奥が深いんですよ!ここでは、より良い弦交換をするためのポイントをお伝えしていきます。まず、基本的な弦交換のやり方はこちらへ→<a href="http://gakkimania.jp/gakki-blog/2668">ベース弦の交...

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親   サニー・ランドレス

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親 サニー・ランドレス

ルイジアナの民族音楽であるケイジャンやザディコに慣れ親しんだ個性派ギタリストのサニー・ランドレス。対照的に指で弦をつま弾くマーク・ノップラーやスライドプレイの名手であるボニー・レイットとの共演や、生みの親にして唯一無二の奏法、ビハインド・ザ・スライドプレイの秘密に迫ります。

ポールを支えるドラマー、エイブ・ラボリエル・ジュニアの使用機材と特徴

ポールを支えるドラマー、エイブ・ラボリエル・ジュニアの使用機材と特徴

エイブ(エイブラハムと記述している場合もある)・ラボリエル・ジュニア(Abe Laboriel Jr.)は、スティングやポール・マッカートニーのドラマーとして良く知られています。ちょっと見はプロレスラーのような体格ですが、ドラムだけでなく、ヴォーカルでもナイスなグルーブを持ったアーティストです...

おすすめの記事一覧

奇人にして変人で天才!!“The  Baby  S  nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

奇人にして変人で天才!!“The Baby S nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト  アレキシ・ライホ

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト アレキシ・ライホ

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

楽器・機材を探す