シンセサイザーの王者moogの特徴とおすすめモデル

シンセサイザーと言えば、moog!Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなどをproduceする中田ヤスタカのシンセサイザーサウンドのルーツのシンセサイザーです。

moogを知らずして、シンセサイザーを語る事はできません。ゲーム音楽にも多大な影響を与えています。

過去のミュージシャンにも多くの影響を与え、現在も影響を与え続ける、そのmoogサウンドの魅力は永遠に不滅なサウンドです!

目次

  • moogの特徴
  • 使用しているアーティスト
  • オススメの機種
  • まとめ

moogの特徴

Monday morning #moog sessions! - #synth #studio #music #bass #recording #piano #composer #analog

Resonate Musicさん(@resonatelondon)が投稿した写真 -

「シンセサイザーと言えば、まずmoog!」

moog シンセサイザーは1960年代にアメリカのロバート・ムーグ博士によって開発されたシンセサイザーです。シンセサイザーの音を「ピコピコサウンド」と表現する、その「ピコピコ」とは、moogサウンドから、そう呼ばれるようになったと言われています。そのサウンドの特徴は、現代における「ゲームサウンド」 にも、多大な影響を及ぼしています。

moog、その呼び名は日本のサイ トでは表記が「モーグ」になっている場合が多いですが、ミュージシャン達の間では、一般的に英語の発音である「ムーグ」と呼ばれています。大きく分けて、 キーボードを繋ぐ「モジュラー」タイプとキーボードと一体化しているmini moogなどの「キーボード」タイプの2種類があります。当初、開発されたのは、いわゆるキーボードを繋ぐモジュラータイプで、大きく、また価格も高かっ たため、普及のスピードは遅かったようです。日本で最初に手にしたのは、世界的に有名なシンセサイザー演奏者の冨田勲です。

ちなみに冨田勲は、後に世界的 に有名になった日本のテクノバンド YMO(イエローマジックオーケストラ)のマニピュレーター(シンセサイザーの音源を操る人)松武秀樹の師匠でもあ り、日本のシンセサイザーサウンドの先駆者でもあります。

またmoogの最大の特徴は真空管を使った設計のため、独特な太い、アナログなサウンドで、ま た、音源の波形などを自分で調整できるため、プリセットされた、決められたサウンドだけでなく、無限大に自分の好みの音色を作り出せる事です。moogの 出現により、moogサウンド、イコール、シンセサイザーの音という認識が広まりました。

当初発表されたモジュラータイプは、モジュラーごとに、パッチで、繋ぐというシステムになっていたため、その大きさも大きく、後に、1970年に発表 された、パッチで繋がない、キーボードも付いているmini moogに代表されるようなキーボードタイプが発表され、値段も、大きさも、普及しやすいものになり、爆発的にミュージシャンの間で、広まっていきまし た。そして、moogサウンドを生かすためのサウンドを追求するミュージシャンも増えてゆき、moogを使っていないミュージシャンは時代遅れと言われん ばかりに、シンセサイザーサウンドが広まりました。

ですので、1970年代の音楽のジャンルを代表するのが、moogによるシンセサイザーサウンドであっ たと言っても過言ではない程です。一般的に、ミュージシャンの間で、いわゆるシンセサイザーサウンドを作る際に「打ち込み」と、その作業を呼ぶ理由も、 moogのモジュラーを調整して、作り上げていった作業、そのものを言い表したとも、言えます。

moogホームページ:

https://www.moogmusic.com/

moogの「Sub Phatty」の演奏

使用しているアーティスト

「世界中のアーティストが使っています!」

ビー トルズ、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、アース・ウィンド&ファイアー、EL&P、イエス、クラフトワーク、YMOな どに加え、エレクトロ、ヒップホップ、テクノ系まで数多くのミュージシャンが使用。

また、多くのDJが、そのトラック作りにも最近では使用しています。また、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのproducerである中田ヤ スタカも、moogサウンドに多大な影響を受けていると思われますが、ライバル会社のYAMAHAのシンセサイザーを公式には使用しているので、使用については明言していません。

海外のアーティスティストで現在有名なのは、テクノグループのunderworldです。世界的に有名になった日本のテクノバンドYMOは坂本龍一が在籍していたバンドです。

そのサウンドは、大部分がmoogによるサウンドで制作されています。

YMO「RYDEEN」

このmoogサウンドを聴いた後にPerfumeサウンドを聴いてみてください。

Perfume

また現代におけるゲームサウンドの「ピコピコした音」は、moogから生まれたと言っても過言ではありません。

音楽だけでなく、ゲームの世界にも、そのサウ ンドは影響を与え続けています。世の中のシンセサイザーすべてが、moogの影響を受けたサウンドであるとも言えるくらいです。まさに「シンセサイザーの 王者!」

オススメの機種

「まずはmini moogから!」

moog と言えば、キーボードと一体化しているmini moogがオススメ!mini moogはモノフォニック(単音づつしか音が出ない)ですが、モノフォニックが故に、moogらしい音を奏でます。

モジュラータイプも現在、購入できます が、使用方法が複雑なため、まず使いやすいmini moogタイプがオススメです。mini moogでも、充分に、さまざまな音色を作る事ができます。現在、Mini moog Voyagerなどが現在新製品として購入できます。また、値段が購入しやすい、上記でyoutubeを紹介した、mini moog Phattyというタイプも人気があります。ですが、真空管を使ったシンセサイザーであるが故に、中古の古いタイプも人気があります。ただ、古いタイプは 真空管が安定しないため、演奏中に時間が経つと、音色が変化したり、音程が変わったりすることがあるので、ライブ演奏には、向いていません。(レコーディ ングには向いています!)

Mini moog

Moog公式HPより

まとめ

現代のゲームミュージックにさえも多大な影響を与え続ける「moogサウンド」。正に、「シンセサイザーの王者」です。デジタルなものが、世の中を席巻する中で、ア ナログシンセサイザーmoogが「ピコピコ サウンド」の始まりだったなんて!デジタルを制するアナログシンセサイザー、moog。

その魅力に取り付かれ たミュージシャンは過去も、現在も、数えきれません。moogを知らずして、シンセサイザーを語る事は不可能です!まず楽器屋さんに行って、moogを 触ってみてください。、moogに付いているスイッチの意味がわからなくても、それぞれのスイッチを触るだけでも、その音色の変化を楽しむ事ができ、一瞬にしてmoogの虜になります!そして、その瞬間に中田ヤスタカになった気分を味わえます!

この記事に関連する商品

【基本編】Fコードの正しい押さえ方のパターンとポイント

【基本編】Fコードの正しい押さえ方のパターンとポイント

初心者がはじめに引っかかると言われているのが、Fコードというバレーコード(人差し指で複数の弦を押さえるコード)の押さえ方です。何割かの初心者ギタリストは、Fコードが弾けなくてやめてしまうこともあるのだそう。今回はそんなFコードに苦しむ初心者の方を少しでも減らすべく、Fコードの押さえ方についてま...

ギターの基本奏法、コード・アルペジオ・単音弾きをマスターしよう

ギターの基本奏法、コード・アルペジオ・単音弾きをマスターしよう

「エレキギターを買ったけど、弾き方がよくわからない…」「アコギは持っていたけど、エレキ独特の弾き方ってあるの?」といった悩みを抱えている皆さんに、この記事ではギターの基本の弾き方をご紹介していきます。ギターの弾き方の基本をしっかり押さえれば、ギターの練習もどんどん楽しくなるはずなので、この記事...

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

レスポールと言えばギブソンが最も有名なブランドなのは間違いないですが、他社もたくさんレスポールのコピーモデルを生産していますよね。公式に「レスポール」を名乗っているのはギブソン、エピフォンだけですが、ESP、アイバニーズ、YAMAHA、etc...など沢山の種類が存在します。沢山ブランドがある...

ベイエリア・クランチの生みの親、カーク・ハメットの自由すぎるプレイまとめ

ベイエリア・クランチの生みの親、カーク・ハメットの自由すぎるプレイまとめ

カーク・ハメットはローリング・ストーンの選ぶ「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の2003年版で第11位に輝いた世界的なギタリストです。「ベイエリア・クランチ」とも呼ばれるカークハメットのについてや使用機材、愛用ギター、奏法などをまとめました。

12弦ギター!? 一度は弾いてみたい、おすすめ12弦ギターまとめ

12弦ギター!? 一度は弾いてみたい、おすすめ12弦ギターまとめ

みなさんは12弦ギターって聞いたことありますか?12弦ギターはその名の通り12本の弦が張られているギターで、一つの趣向として愛好家たちに使われているものです。この記事ではそんな12弦ギターについてご紹介します。

おすすめの記事一覧

存在感を求めるなら! フライングVタイプの特徴とおすすめメーカー

存在感を求めるなら! フライングVタイプの特徴とおすすめメーカー

フェンダーだけじゃない!ストラトキャスタータイプの特徴とおすすめメーカー

フェンダーだけじゃない!ストラトキャスタータイプの特徴とおすすめメーカー

長く愛されている定番ギター! テレキャスタータイプの特徴とおすすめメーカー

長く愛されている定番ギター! テレキャスタータイプの特徴とおすすめメーカー

シーン別!やるせない時に聴きたい音楽セレクション

シーン別!やるせない時に聴きたい音楽セレクション

変形ギターの代表選手!フライングVの選び方と特徴、おすすめメーカー

変形ギターの代表選手!フライングVの選び方と特徴、おすすめメーカー

轟くヘヴィサウンド!7弦ギターの選び方と特徴、おすすめメーカー

轟くヘヴィサウンド!7弦ギターの選び方と特徴、おすすめメーカー

テレキャスターを構える佇まいそのものが絵になるギタリスト  スティーヴ・クロッパー

テレキャスターを構える佇まいそのものが絵になるギタリスト スティーヴ・クロッパー

サムピックが武器のドゥービー・ブラザーズの“守護神”  パトリック・シモンズ

サムピックが武器のドゥービー・ブラザーズの“守護神” パトリック・シモンズ

レス・ポール+メサ・ブギーで放つカッティングでドゥービー・ブラザーズの基盤を築いたトム・ジョンストン

レス・ポール+メサ・ブギーで放つカッティングでドゥービー・ブラザーズの基盤を築いたトム・ジョンストン

大人が愉しめる魅惑のジャンル“AOR”の名盤をピックアップ

大人が愉しめる魅惑のジャンル“AOR”の名盤をピックアップ

楽器・機材を探す