個性派ベーシストならこれ!SGベースの魅力に迫る!

みなさん、SGベースってご存知ですか?

エレキギターでは定番ともされるほど有名なボディですよね!

そのベース版であるSGベースについて紹介していきます!

SGベースとは?

歴史

SGベースは、アメリカの歴史ある大手メーカーのギブソン社が1961年に発表されました。

SGではなく、「EB-3」という名前で発売していました。1970年代終わりに製造終了となり、のちに復刻版としてSGベースが再び販売されるようになりました。

また、ギブソンだけでなく、姉妹ブランドのエピフォンにもSGベースがあります。

特徴

SGギターと同じボディシェイプで、SGベースにはショートスケールが採用されています。

ショートスケールだとサスティーンが得られやすくなります。

もちろんスタンダードなのはロングスケールだったのでEB-3Lというロングスケールモデルもありました。

現行のSGベースでは従来のEB-3に付いていた4ウェイスイッチというPセレクターが省かれ、 コントロールノブもトーンコントロールが各PU毎合計2つでなくマスタートーンのみの1つとなり、 ジャズベのように随分とシンプルなものとなった。
マホガニーボディにマホガニーネック、及びフロントPUによるウォームな音色はSGベースならではのもの。 リアPUはちょっとブリブリとした音色。
引用元;ベースまとめwiki-SGベース-
SGベースは、ボディが軽いためネック落ちすることがあります。プレイアビリティの良さは期待できるので、重りをつけたり滑りにくいストラップなどをつけて解消していきたいところですね。

SGベースのモデル

SG Reissue Bass / Gibson USA

SGスタイルの復刻版モデルですね。マホガニーのボディに、オリジナルと同様のショートスケールでプレイアビリティが期待できます!

http://archive.gibson.com/

EB-3 / Epiphone(エピフォン)

エピフォンから発売されている低コストのSGベースです。ショートスケールではなく、34インチのロングスケールが採用されていますね!楽器店などでは2万円代から販売されているので初心者の方にも手にとりやすいでしょう。

EB-3:岩を定義したSGの低音http://www.epiphone.com/

EB-0 / Epiphone(エピフォン)

こちらは、EB-3を再現したものです。ショートスケールとスリムネックで、プレイアビリティが期待できます!独特なモコモコしたサウンドはこのEB-0ならではでしょう。

EB-0:誰もが余裕ができる古典的な60年代の低音http://www.epiphone.com/

SGベースを使用するアーティスト

ジャック・ブルース

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/

ジャックブルースは、イギリスのロックバンドCream(クリーム)のベースボーカルです。フェンダーやワーウィックなど様々なメーカーのものを使用していましたが、有名なのはギブソンのEB-3でしょう!

ka-yu

ka-yu

http://x58.peps.jp/myvkayu/album/

ka-yuは、大人気のロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)のベーシストです。

ka-yuは、ギブソン製やエピフォン製のものではなくフェルナンデスの姉妹ブランドであるbunny(バーニー)製のものを使用しているようですね!

いかがでしたか?

SGベースについて紹介してきました!SGはギターというイメージが強いですが、個性的なベースのひとつとしてとても魅力があるベースだと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事に関連する商品

YAMAHA式ストラトキャスター、Pacificaシリーズの魅力と特徴

YAMAHA式ストラトキャスター、Pacificaシリーズの魅力と特徴

YAMAHAと言えばフォークギター、もしくはエレキギターではSGというイメージの方はとても多いかと思いますが、実はストラトキャスターモデルのギターも結構カッコイイ物が揃っていることをご存じでしょうか。今回はYAMAHAのストラトキャスターモデル、Pacificaシリーズの魅力とその特徴をご紹介...

カナダの次世代テクニカルギタリスト!Nick Johnstonとは?使用機材は?

カナダの次世代テクニカルギタリスト!Nick Johnstonとは?使用機材は?

こんにちは。Nick Johnstonというギタリストをご存知でしょうか。最近ではYoung Guitar誌に奏法講座を寄稿していたり、Animals As Leadersの来日ライブにも同行していたので知っている方も多いかと思います。今回はそんな新進気鋭のギタリスト、Nick Johnsto...

写真でわかる、エレキギターの弦の交換方法【弦をダメにしないポイント付き】

写真でわかる、エレキギターの弦の交換方法【弦をダメにしないポイント付き】

ギター初心者のころにかなり苦戦するのが、弦の張替え作業です。見よう見まねでやってみるものの、なぜかうまくできない。サークルの先輩は10分ぐらいでささっと張り替えてしまうのに、自分は1時間やって弦をダメにしてしまう、そんな悩み方をしている方もいるのではないでしょうか?この記事では、ポイントごとに...

例でみるアナログシンセサイザーとデジタルシンセサイザーの違いとは?

例でみるアナログシンセサイザーとデジタルシンセサイザーの違いとは?

昨今、アナログシンセブームが到来しており、色んな場所で『アナログシンセサイザー』という言葉を目にします。『アナログ』の対義語は『デジタル』で、当然のことながら、『デジタルシンセサイザー』というものも存在しています。しかし、『アナログシンセ』と『デジタルシンセ』の違いはいったい何なのでしょう?よ...

フェンダーと言えばストラトキャスター!ストラトの魅力に迫る!

フェンダーと言えばストラトキャスター!ストラトの魅力に迫る!

フェンダーのストラトキャスターは、テレキャスターと並ぶ代表的なモデルですよね!テレキャスと呼ばれ愛されている魅力、モデルを紹介していきます!

おすすめの記事一覧

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

奇人にして変人で天才!!“The  Baby  S  nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

奇人にして変人で天才!!“The Baby S nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

楽器・機材を探す