ベースアンプの選び方 - 基本からわかる、種類のまとめ

ベースアンプと一口に言っても、実際に購入しようとして調べるといろいろな種類がありますね。

自宅練習、スタジオ・・・使用する環境やサウンドの違いでベースアンプを選べるように、基本的な知識をまとめます。

ここでは、ベースアンプの種類とともに選び方をみていきましょう!

目次

  • ベースアンプとは?
  • ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!
  • ベースアンプの種類
    • コンポアンプ
    • セパレートタイプ
  • 回路の違い
    • 真空管アンプ(チューブアンプ)
    • トランジスタアンプ(ソリッドステート)
  • 出力ワット数

ベースアンプとは?

ベースアンプは、エレキベースから送られた信号を増幅する機器で、一言で言えばベースのためのスピーカー、にあたります。

略して、ベーアンとも言われますね!

ベースをこのベースアンプにつなぐことで、大音量でベースを鳴らすことができるのです。

ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!

ギターアンプと構造は同じで、ギターアンプにつなげても音は出るのですが、再生レンジ幅が違うのでベース専用のアンプを使うと良いです。

ギターアンプにベースをつなげて音を出すと、低音域が豊かに鳴らないなど、演奏上の問題点や、微妙に低音寄りのクセがギターアンプについてしまう(※これについては諸説あります)など、デメリットが多いと言われています。

ただ、ギターアンプでベースを鳴らすとギターアンプが壊れる、といった迷信もあるようですが、これはかなり特殊な場合のみで、本当に壊れることは滅多にないので、間違って鳴らしてしまっても慌てないようにしてくださいね。

ベースアンプの種類

ベースアンプは、実は大きく

  • コンボタイプ
  • セパレートタイプ

の2種類に分けることができます。

それぞれどういったものか見てみましょう。

コンボタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが一体になっているものです。

アンプヘッドとは、実際に受け取った音声データを編集・加工する役割を担う部分であり、「音作り」を可能にする部分です。

対してスピーカーキャビネットは、受け取った音声データを実際に音にして鳴らす部分で、これがないとライブなどで音を出すことはできません。

コンボタイプのアンプひとつで音を鳴らすことができるので、接続する手間がないですね!

ampeg-ba108-v2-2http://www.soundhouse.co.jp/

セパレートタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが別々になっているタイプのものです。

それぞれ自由に組合せることができるので、環境に合わせた音作りができるようになっています。

アンプヘッドとスピーカーキャビネットを重ねたものをスタックタイプといいますね。

セパレートタイプはかなり大型のアンプを想定して使われることが多いので、ライブハウスなどに小型のアンプヘッドだけ持ち込んでそちらで音作りをする、というこだわりを見せるベーシストもいるようです。

ampeg_svt3prodhttp://www.soundhouse.co.jp/eden_ex1104chttp://www.soundhouse.co.jp/

回路の違い

ベースアンプに限りませんが、実はアンプは音を作って出力するまでの流れに2種類のパターンがあるのです。

真空管アンプとトランジスタアンプが存在します。

真空管アンプ(チューブアンプ)

真空管を使っているアンプで、暖かみのあるマイルドなサウンドが特徴的です。一体一体にも個性があり、湿度によっても音色が変わったり、寿命が変わったりします。真空管は消耗品のため、交換が必要になってきます。

トランジスタアンプ(ソリッドステート)

性能が安定していて、硬質なサウンドが特徴的です。チューブアンプより、メンテナンスに手間がかかりにくく扱いやすいでしょう。

真空管アンプの方が、少ないワット数で大きなボリュームが鳴る傾向があり、ワット数でいうとトランジスタアンプの40wが真空管アンプの10wに近いぐらいのイメージです。

出力ワット数

ベースアンプには、出力ワット数というものがあります。演奏する環境によってワット数を選んでいきましょう!

目安としては、次のような基準があります。これは基本的にはトランジスタアンプの基準なので、真空管アンプの場合には数字を控えめにして考えてみてください。

  1. 自宅練習用   → 15~30w
  2. 小規模ライブ → 80w~
  3. 大規模ライブ → 300w~

以上、ベースアンプの種類について、タイプ・回路・ワット数の視点からご紹介しました。

メーカーや機種によってもサウンドの違いがあります。自分の環境に合わせて最適なものを選んでいきましょう!
SONAR PLATINUMを選択するメリット

SONAR PLATINUMを選択するメリット

昨年、Cakewalkのほうで、MAC版「SONAR」を開発しているという情報を出していましが、2017年2月時点だとリリースされていませんので、現時点だと『SONARシリーズ』はWindows専用のDAWソフトです。発売されているガイドブックや、ネットでの情報の多さから見ても、国内だと『CU...

トニー・アイオミの使用ギター&おすすめ曲3選!独特の雰囲気なサウンドで魅了!

トニー・アイオミの使用ギター&おすすめ曲3選!独特の雰囲気なサウンドで魅了!

トニー・アイオミ(Tony Iommi)はイギリス出身のギタリストです。ブラック・サバスというバンドに所属し、現在もギタリストとして世界中を駆け巡っています!トニーは独特なサウンドとパワーコードを多用したスタイルが特徴的で、彼のギターから響く音はとても魅力的です。今回はそんなトニーの使用ギター...

初心者卒業!スイッチャーを使った便利な足元の作り方

初心者卒業!スイッチャーを使った便利な足元の作り方

お気に入りのエフェクターをいくつか揃え、いざライブやスタジオなどで使った際に「この音にしたい場合はエフェクターを2つ同時に踏まなくちゃ...」などといった経験はありませんか?さらに、エフェクターはものにもよりますが、繋げば繋ぐほどに原音は「音痩せ」と言われる音の劣化の原因となってしまいます。そ...

フェンダーUSA ストラトキャスターのエレキギターを中古で買う時の注意点【Fender USA】

フェンダーUSA ストラトキャスターのエレキギターを中古で買う時の注意点【Fender USA】

フェンダーUSAのストラトキャスターといえば、やはりストラト使いなら一本は持っておきたいギターですね。しかし定価で買うと10万円代後半から、という価格帯な上、定番シリーズであるアメリカンスタンダードや、上位モデルのアメリカンデラックス/エリート、アメリカンヴィンテージとなると、20万円代半ばか...

BOSSのエフェクター、MD-2を徹底解説!【Mega Distortion】

BOSSのエフェクター、MD-2を徹底解説!【Mega Distortion】

みなさんはどんなエフェクターを使っていますか?ギターのエフェクターといえば、歪み系ですよね!その歪み系エフェクターの中でも1番歪みが深いのがディストーションです。ここでは、そんなディストーションエフェクターであるBOSSのエフェクター「MD-2 Mega Distortion」について徹底解説...

おすすめの記事一覧

日本で最高品質のギターを作ろう。ヘッドウェイのモデルの特徴と歴史

日本で最高品質のギターを作ろう。ヘッドウェイのモデルの特徴と歴史

ヘヴィサウンド向け!アイバニーズ製レスポールことARZシリーズの魅力と特徴

ヘヴィサウンド向け!アイバニーズ製レスポールことARZシリーズの魅力と特徴

ESP直系!ブランドグラスルーツのエレキベースの特徴とラインナップ!

ESP直系!ブランドグラスルーツのエレキベースの特徴とラインナップ!

独特な見た目が人気のジェームズテイラーギターの魅力

独特な見た目が人気のジェームズテイラーギターの魅力

今年結成15周年を迎えたメロコアバンドNorthern19のおすすめ曲5選と特徴!

今年結成15周年を迎えたメロコアバンドNorthern19のおすすめ曲5選と特徴!

まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

時代の先をいったギター!オベーションギターの特徴と代表モデル

時代の先をいったギター!オベーションギターの特徴と代表モデル

まだ知らないギターがある。シーガルの特徴と代表モデル

まだ知らないギターがある。シーガルの特徴と代表モデル

MADE IN JAPANの実力派ARIA製ギターの特徴とおすすめモデル

MADE IN JAPANの実力派ARIA製ギターの特徴とおすすめモデル

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

楽器・機材を探す