ギブソンに引けを取らない人気!エピフォン エレキギターの歴史まとめ

エピフォンというメーカーは聞いたことがあると思います。現在では、エピフォンのエレキギターはギブソンの廉価版として最初の一本に購入する人も増えていますね。

しかし、かつてはギブソンとそのシェアを競い合う程の技術を持ち、エピフォンはギターメーカーの中でももっと長い歴史を持つメーカーの一つなのです。

今回はそんなエピフォンのエレキギターの歴史について紹介していきたいと思います。

エピフォンの設立

エピフォン ロゴhttp://www.epiphone.jp/
エピフォン社は、トルコで材木商をしていたアナスタシオス・スタトポロウがアメリカに渡り、彼の息子のエパミノンダス・スタトポウロが1928年に設立しました。

英語の「Epiphene」とはスタトポロウのニックネームであった「Epi」と音という意味の「phone」を合わせた造語です。同時に、「epiphonous」というギリシャ語で「父の夢を息子が叶える」という願いも込められています。

エピフォン社設立の前は、当時アメリカが流行していたマンダリンを制作していましたが、会社設立の頃からギターの製作も開始しました。

ギブソンとのシェア争いの果てに・・・

エピフォンは当時からギブソンとそのシェアを競い合っており、よりよいもの、最新のものを発表していました。

その技術力のおかげで、エピフォンは現在の革新的な技術をいくつも生み出しました。今では当たり前となっているトーン・コントロールを始め、ダブルネックのギターもエピフォンが世界で初めて開発しました。

トーン・コントロールhttp://www.teenarama.jp/epiphone70slp.html
しかし、1945年にエパミノンダス・スタトポロウが亡くなってしまったために、弟のオーフィ・スタトポロウが会社を引き継ぎました。

エピフォンは高い技術力を持っていましたが、1957年にライバルのギブソン社に買収されてしまいました。

ギブソン傘下でもギブソンに劣らぬ技術力、人気

ギブソンの傘下になりながらも、ギブソンへの対抗心はなくなりませんでした。

ギブソン社ES-335の対抗モデルとして「Riviera」、ES-355には「Sheraton」、ES-330には「Casino」、

Les Paul Junior などには「Olympic」「Coronet」など、それぞれ対抗モデルをエピフォン・ブランドで発表。

引用元:ギター用語マメ知識 Vol.7 エピフォンのギターってどなの !?

エピフォンはギブソンの中では、ギブソンの下位の下位という初心者モデルという位置づけでした。

しかしその技術力も評価されていたことと、当時人気を博していたビートルズのメンバーたちがエピフォンのカジノを使用していたことから、大人気となりました。

生産の拠点をアジアに〜日本生産の開始〜

エピフォンのエレキギターを1970年〜1990年代前半は、日本で生産されるようになりました。このことは、日本で初めて海外メーカーのギター生産を請け負うという事でした。

この当時のエピフォンのエレキギターは、丁寧な作りで海外からの評価も高く、中古となっても高額で取引されるほど品質がよくできていました。

エピフォンJAPANhttp://www.teenarama.jp/epiphone70slp.html
1990年代後半には、生産工場を韓国などに移しました。韓国での製造によって品質は劣化してしまいました。そのため、この当時に作られたエピフォンのエレキギターはよく酷評されています。

2005年からは、中国で生産するようになりましたが、その品質はより劣化してしまします。

2006年12月に日本で輸入総代理店をしていた山野楽器とアメリカのギブソン社との契約が切れたことで、ギブソン社は品質の改善に乗り出しました。

そのため、近年製造されたエピフォンのエレキギターはその品質を改善しています。

ちなみに現在ではエピフォンを輸入している代理店はおらず、アメリカのギブソン社直属の日本法人、ギブソン・ギター・コーポレーション・ジャパンが共有を日本向けに行っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

エピフォンのエレキギターは、

  • アメリカ、日本で生産されたものは今でも評価が高い
  • 韓国、中国で生産されたものには注意が必要
  • 近年生産されたものであれば、中国製でも安心

といった特徴があります。

エピフォンと聞いて、すぐに決めつけるのではなく、歴史を知ることで少なからず弾いてみたくなったのではないでしょうか?

ギターを始める一本目としても、中上級者にとってもコストパフォーマンスのよいギターが揃っているので是非試してみてください。

この記事に関連する商品

エレキギター初心者がギターの購入前に考えておきたい事と購入のポイント!

エレキギター初心者がギターの購入前に考えておきたい事と購入のポイント!

ギターを弾きたくなって、「さぁ、早速楽器屋に行って買ってくるか!!」なんてことしたら、大きな後悔をするかもしれません。楽器を買いに行く前に自分に合っているギターはどのようなものなのか見当をつけてから買いに行きましょう。ポイントは大きく分けて、どんな音楽が弾きたいのか?予算はどの程度なのか?と言...

確固たる理念が追求する心に響くアコギ コールクラークの紹介

確固たる理念が追求する心に響くアコギ コールクラークの紹介

コールクラーク(Cole Clark)はアコースティックギター(以下アコギ)をご存知でしょうか。それはオーストラリアで生まれたギターメーカーです。ブンヤ、キング・ウィリアム・パイン、ブラックウッド等いままでギター製造過程で必要な木材に代わるものをギターの材に取り入れ、革新的なギターを作るブラン...

あなたはどっち派!?アクティブベースとパッシブベースの違い

あなたはどっち派!?アクティブベースとパッシブベースの違い

エレキベースには、アクティブベースとパッシブベースがあります。その違いはわかりますか?ここでは、アクティブベースとパッシブベースについて紹介していきます。

ギブソン  ファイヤー・バードやマーティンギターが奏でるアメリカンギタリスト  スティーヴン・スティルス

ギブソン ファイヤー・バードやマーティンギターが奏でるアメリカンギタリスト スティーヴン・スティルス

スティーヴン・スティルスは、ソングライターとしてはもちろんの事、ギタリストとしてもオウ・ゴーゴー・シンガースでのデビュー以来、バッファロー・スプリングフィールドやクロスビー・スティルス&ナッシュなどさまざまなバンドのメンバーとして活動し、サザンロックやカントリー、ジャズ、ラテンミュージ...

オアシスの元ギタリスト!ノエル・ギャラガーの使用ギターとおすすめ曲3選

オアシスの元ギタリスト!ノエル・ギャラガーの使用ギターとおすすめ曲3選

歴史に名を刻むバンド「オアシス」の元ギタリスト、ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)。オアシスではセンスのある言葉選びと作曲技術で一世を風靡ました。2009年にオアシスを脱退し、本格的にソロ活動をスタートさせたノエル。今回はソロでも大活躍中のノエルの魅力や使用しているギター、おす...

おすすめの記事一覧

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

元祖コンポーネントギターの雄!MOON GUITARSの特徴とラインナップ!

元祖コンポーネントギターの雄!MOON GUITARSの特徴とラインナップ!

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

ストリートから大舞台へ!コブクロのおすすめ曲5選

ストリートから大舞台へ!コブクロのおすすめ曲5選

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

楽器・機材を探す