新シリーズ!マーシャルのギターアンプ、ASTORIA(アストリア)シリーズまとめ【Marshall】

マーシャルのアンプといえば、ブラックのカバーとゴールドのパネル、白いロゴというルックスをイメージする人が多いのではないでしょうか。

ここで紹介するASTORIA(アストリア)シリーズは、今までになかったブティック感のあるルックスが印象的です!

マーシャルアンプ ASTORIA(アストリア)シリーズ

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/astoria-series/

マーシャルのアストリアシリーズは、5月13日に発売された新シリーズのアンプです。

ブティック感のある今までになかったルックスが目をひきますね!

アストリアシリーズは、濁りのない開放的なクリーントーンから、耳に心地いいサチュレーションした歪みまで、アンプの音がピュアに出てくる、そんなアンプです。

玄人好みのハンドワイヤードで組み上げられたアストリアは、まさに現代のニーズと生々しい真空管トーンに拘る熱狂的なギターリストの為のアンプなのです。

引用元:マーシャル公式サイト-ASTORIA SERIES-

マーシャル ASTORIAシリーズの特徴

最近販売が始まったアストリアシリーズ、気になりますね!

マーシャルのASTORIA(アストリア)シリーズはどんな特徴があるか見ていきましょう!

これまでになかったルックス

まず、目をひくのはこれまでになかったユニークなルックスです。

今までマーシャルのアンプと言えば、ブラックのカバーリングにゴールドのパネル、白いマーシャルのロゴ・・というイメージが強かったのではないでしょうか?

アストリアシリーズは、モデルごとにグリーン、レッド、ブルーのカラーが違い、ヴィンテージ感とモダンさどちらも感じることのできる不思議で絶妙なカラーになっています。

オールチューブながら出力切り替え可能

イギリス製のパワーチューブ、プリチューブ、整流管を用いたオールチューブのアンプです。

Masterを2時方向以上に上げた状態で使用することでこのアストリアシリーズの魅力を堪能することが出来る(特にClassic)が、各モデルとも「POWER REDUCTION」機能により5w出力程度までスイッチ一つで切替が可能なので、音量を抑えつつダイナミックな真空管アンプサウンドを楽しむことも出来る。ただし、パワー管の構造特性を用いた(五極管と三極管)の出力なので切り替えると少しずつ音量が変化することも書き加えておく。

引用元:guitarquest!【新製品レポート】Marshall Amplification渾身のニューモデル「ASTORIA」シリーズ!

マーシャル ASTORIAシリーズのラインナップ

では、マーシャルASTORIA(アストリア)シリーズのラインナップを見ていきましょう!

アストリアシリーズには、ASTORIA CLASSIC、ASTORIA CUSTOM、ASTORIA DUALの3機種にわかれています。

それぞれにアンプヘッド、コンボアンプ、スピーカーキャビネットがあります。

Astoria Classic(アストリア・クラシック)

アストリアクラシックは、クリーントーンやエフェクターで音を作る人に最適なアンプです。グリーンカバーで、美しいクリーンサウンドが特徴になります!

ラウドでクリーンなヴァルブ・トーン。

お気に入りのエフェクターをつないで自分だけのオリジナル・トーンをクリエイトするモデル。

引用元:MARSHALLBLOG-【新商品情報】 Astoriaシリーズ発進!-

"SENSITIVITY"コントロールは、プリ部に採用されたネガティブフィードバック回路により、パワー部を変化させずにプリ部のボリュームを増減できます。これは"SENSITIVITY"レベルがどの位置であろうとトーンの質が変わらないことを意味しています。

引用元:マーシャル公式サイト-ASTORIA CLASSIC-

アストリア・クラシックの仕様・スペック

  • 新品価格:アンプヘッド325500円、コンボアンプ391500円、スピーカーキャビネット95500円
  • 出力:30w
  • チャンネル:1
  • インプット:HI/LO (HI provides +6dB Sensitivity)
  • コントロール:MASTER, SENSITIVITY, TREBLE, MIDDLE, BASS, EDGE
  • スピーカー:CELESTION CREAMBACK
  • プリ真空管:ECC83(12AX7)×3
  • パワー真空管:KT66×2

ASTORIA CUSTOM(アストリア・カスタム)

このアストリア・カスタムは、レッドカラーで現代のニーズに合わせた機能が搭載されたビンテージアンプです。

ブーストスイッチやトゥルーバイパスのエフェクトループを装備しています。

上で紹介したクラシックよりアンプだけでクランチから歪みまで幅広い音作りするならこのアンプです。

多機能さを重視していますね。

「ASTORIA CUSTOM」は、ドライブ・サウンドに重点を置いたモデル。

ブースト・スイッチも装備し、付属のフット・スイッチでもオン/オフが可能となっているため、ステージでも大活躍してくれるはずだ。

引用元:Guitarmagazine-【Marshall/ASTORIAシリーズ】最上級のサウンドと伝統、そして機能性が融合したブティック・アンプ!-

20dbのゲインアップが可能な「BOOST SW」やTREBLEツマミを引っ張ることでサウンドのエッジが変化する「BRIGHTNESS」はこのモデルだけが持つ機能だ。

引用元:guitarquest!-【新製品レポート】Marshall Amplification渾身のニューモデル「ASTORIA」シリーズ!-

 

アストリア・カスタムの仕様・スペック

  • 新品定価:アンプヘッド342500円、コンボアンプ408500円、スピーカーキャビネット95500円
  • 出力:30w
  • チャンネル:1
  • インプット:HI/LO (HI provides +6dB Sensitivity)
  • コントロール:MASTER, EDGE, BASS, MIDDLE, TREBLE, GAIN
  • スピーカー:CELESTION CREAMBACK
  • プリ真空管:ECC83(12AX7)×4
  • パワー真空管:KT66×2

ASTORIA DUAL(アストリア・デュアル)

アストリア・デュアルは、ブルーカバーで上で紹介したクラシック、カスタムの要素をこの1台に搭載したようなアンプです。

アストリアシリーズで2チェンネル仕様のアンプはこのモデルだけです。

アストリアシリーズの中でどれを選ぶかといったらこれを選んだら間違いなしでしょう!

どんなトーンも柔軟に対応してくれます。

ASTORIA DUALは、CLASSICとCUSTOMのエッセンスをチャンネルで切り替えられるため、柔軟なパフォーマンスを可能にするというモデル。

引用元:ASCII.JP×デジタル-マーシャル、斬新デザインのブティックアンプ「ASTORIA」-

アストリア・デュアルの仕様・スペック

  • 新品定価:アンプヘッド359500円、コンボアンプ425500円、スピーカーキャビネット95500円
  • 出力:30w
  • インプット:HI/LO(HI provides+6dB Sensitivity)
  • コントロール:MASTER, EDGE, BASS, MIDDLE, TREBLE. OD VOLUME, OD GAIN, CLEAN VOLUME
  • スピーカー:CELESTION CREAMBACK
  • プリ真空管:ECC83 (12AX7)×4
  • パワー真空管:KT66×2

マーシャル アストリアシリーズのまとめ

マーシャルの次世代のアンプ、アストリアシリーズ。

  • マーシャルの最新アンプ
  • レッド・グリーン・ブルーのカラー
  • オールチューブながら出力切り替え可能

美しいクリーントーン、深い歪み、アンプのサウンドと今までになかったルックスでこれから人気がでそうな予感がします。

現代のニーズとヴィンテージファンどちらも惹きつける力をもったアンプなんですね。

ぜひチェックしてみてくださいね!

楽器マニアでマーシャルのアンプを探す

この記事に関連する商品

  • Bachの新たな代表モデル!Artisan Collection シリーズAB190Sについて

    Bachの新たな代表モデル!Artisan Collection シリーズAB190Sについて

    トランペットはあまり難しくないつくりなので個体差がとても出やすい楽器です。購入するにもメーカーやモデル、仕上げの色…様々なところで悩むと思います。楽器屋さんに行ってもどれを試奏すればよいかというところから迷ってしまう方もいらっしゃるはずです。そこで、筆者が使用している、BachのArtisan...

    BOSSのエフェクター、MT-2を徹底解説!【Metal Zone】

    BOSSのエフェクター、MT-2を徹底解説!【Metal Zone】

    エレキギターのエフェクターといえば、歪み系のエフェクターではないでしょうか?歪み系エフェクターには、オーバードライブ、ディストーション、ファズなどの種類があります。その中でも荒い歪みで人気が高いのがディストーションです。ここでは、エフェクターの定番メーカーであるBOSSからリリースされているM...

    元quasimodeのベーシスト、aikoや東方神起のバックも務めた須長和広の魅力

    元quasimodeのベーシスト、aikoや東方神起のバックも務めた須長和広の魅力

    aikoや東方神起といえば、日本では誰もが知っている有名アーティストですね。そんな彼・彼女らは必ずしも自分たちで全ての楽器を演奏するわけではありません。スタジオミュージシャンや、サポートメンバーと呼ばれる人々とともにライブをやったりレコーディングをしたりしています。この記事では、そんな有名アー...

    スクワイヤー ストラトキャスターのオススメモデルと魅力

    スクワイヤー ストラトキャスターのオススメモデルと魅力

    1982年に日本向けコストパフォーマンスモデルとして販売を開始したSQUIER(スクワイヤー)はエレキギターの老舗メーカー、Fender社の兄弟ブランドです。Fender社が長年に渡り培った技術を低単価で販売する事を目的とされただけあり、楽器としては非常に求め易い価格での販売が多く、その完成度...

    ギター・ベースに使われる指板木材の種類と特徴

    ギター・ベースに使われる指板木材の種類と特徴

    こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。ギターやベースにかなり詳しい方なら既知のこととは思いますが、昨年末から今年の1月頭にかけてかなりショッキングなニュースが楽器業界に流れましたね。そう、なんとあのローズウッドがワシントン条約附属書Ⅱに記載されることになったというアレです。「(゚Д゚)ハァ...

    おすすめの記事一覧

    原宿のKawaiiは世界のKawaiiへ!きゃりーぱみゅぱみゅのおすすめ曲5選を紹介!

    原宿のKawaiiは世界のKawaiiへ!きゃりーぱみゅぱみゅのおすすめ曲5選を紹介!

    電子ドラムの選び方と、DTMとの連携とその特徴を紹介!

    電子ドラムの選び方と、DTMとの連携とその特徴を紹介!

    10代でデビュー!そして母へ!移りゆく心情を歌う阿部真央について

    10代でデビュー!そして母へ!移りゆく心情を歌う阿部真央について

    CMやTVで話題!音楽シーンを引率するバンド「Suchmos」のおすすめ曲4選!

    CMやTVで話題!音楽シーンを引率するバンド「Suchmos」のおすすめ曲4選!

    心に響く歌詞が話題に!SUPER BEAVERの特徴とおすすめ曲3選!

    心に響く歌詞が話題に!SUPER BEAVERの特徴とおすすめ曲3選!

    初心者の方にオススメ!アンティークノエルのアコースティックギターの特徴!

    初心者の方にオススメ!アンティークノエルのアコースティックギターの特徴!

    奇抜な見た目とハイコストパフォーマンス!スピアギターの魅力と特徴

    奇抜な見た目とハイコストパフォーマンス!スピアギターの魅力と特徴

    結成20周年!進化し続けるバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのおすすめ曲3選

    結成20周年!進化し続けるバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのおすすめ曲3選

    メンバー脱退の危機から復活へ!SPYAIRにつて

    メンバー脱退の危機から復活へ!SPYAIRにつて

    ヤマハのトランスアコースティックギター(LL-TA VT)の特徴を紹介

    ヤマハのトランスアコースティックギター(LL-TA VT)の特徴を紹介

    楽器・機材を探す