ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

リッチー・ブラックモアの後にディープ・パープルに加入したトミー・ボーリンやジミー・ペイジに憧れ、自身もランディー・ローズの後任ギタリストとしてオジー・オズ・ボーン・バンドに加入したジェイク・E・リー。激しくもキッチリ構成されたギターソロは圧巻の一言。今回は彼のキャリアや愛用するフェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)に迫ります。

目次

  • アメリカ  ヴァージニア州ノーフォーク出身のギタリスト
  • 1983年  ランディー・ローズの後任としてオジー・オズ・ボーンに加入
  • ワイドストレッチによるフィンガリング
  • フェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)

アメリカ ヴァージニア州ノーフォーク出身のギタリスト

1957年にアメリカのヴァージニア州はノーフォークに生まれたジェイク・E・リー。ウェールズ人の父と日本人の母のもとに生まれたリーは6歳になりピアノを習い始め、9歳でギターも弾き始めます。

15歳になると、ロックにハマりギター1本に絞ると、ジミー・ペイジやリッチー・ブラックモア、未来の自分と同じくリッチーに変わりディープ・パープルに加入するトミー・ボーリンらのギタープレイをコピーします。

1983年 ランディー・ローズの後任としてオジー・オズ・ボーンに加入

Lets see those Christmas Charvels and Jacksons! #Charvel #jacksonguitars #jakeelee

@vintage_charvel_guitarsがシェアした投稿 -

青年期まで過ごしたサンディエゴからロサンゼルスに移ると、ミッキー・ラットやラフ・カットなどのバンド活動をおこなっていたリーは、1982年に急逝したランディー・ローズの後任ギタリストを探すオジー・オズ・ボーン・バンドのオーディションを受けて無事に合格、1983年にバンドに加入し、早速ヨーロッパツアーに参加しました。

加入して最初のアルバム『BARK  AT  THE  MOON』(1983)では鋭いリフと激しいソロを披露し、存在感を示しています。

翌年の1984年には初の来日公演も実現しました。

1986年に、オジーのバンドを抜けると、1989年、のちにKISSで活躍するドラマーのエリック・シンガーらとブルースをベースにしたハードロック・サウンドが特徴のバッド・ランズを結成し、バンド名を冠したアルバム『BADLANDS』(1989)をリリースしました。

ワイドストレッチによるフィンガリング

@reddragoncartel @charvelusa @evhgear @zakkwyldebls @ozzyosbourne #jakeelee #ozzy #charvelguitar

AllThatShredsさん(@allthatshreds)がシェアした投稿 -

リーのプレイスタイルは、単なる早弾きではなくワイドストレッチによるフィンガリングから繰り出される、オリジナリティー溢れるサウンドです。ソロもただ単に激しいのではなく、構成が練られたもので聴けば聴くほど引き込まれる、1980年代のヘビーメタルやハードロックでは珍しいタイプのギタリストです。

フェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)

オジー・オズ・ボーン・バンド時代にはフェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)を使用していたジェイク・E・リーは、ギブソンSG・ジュニアや同じくギブソンのレス・ポール・ジュニアなども使用しています。

ブルースをポピュラーなフィールドに押し上げた“スリーキングス”

ブルースをポピュラーなフィールドに押し上げた“スリーキングス”

今でこそ、ギターといえばロックのイメージが強いですが、今から70年近く前はやはりブルースが主流でした。そこで、今回はブルース界で偉大な功績を残し、エリック・クラプトンやジミー・ペイジ、ジェフ・ベックの世界3大ギタリストやジミ・ヘンドリックス、さらにはピーター・グリーン、レス・デューディックやス...

初心者卒業!スイッチャーを使った便利な足元の作り方

初心者卒業!スイッチャーを使った便利な足元の作り方

お気に入りのエフェクターをいくつか揃え、いざライブやスタジオなどで使った際に「この音にしたい場合はエフェクターを2つ同時に踏まなくちゃ...」などといった経験はありませんか?さらに、エフェクターはものにもよりますが、繋げば繋ぐほどに原音は「音痩せ」と言われる音の劣化の原因となってしまいます。そ...

エレキギターを弾く人の指先はどうなっているべき?

エレキギターを弾く人の指先はどうなっているべき?

ギターを始めたばかりの頃は、左手の指の皮が向けてしまったり、赤くなってしまったりして、指がどんどん頑丈になっていく感じがしますよね。みなさんは今どのくらいの状態でしょうか?今回はちょっと番外編的に、ギターを弾く人の指先はどんな状態であるべきか、について考えてみました。 

解散後も色あせぬステレオポニーのおすすめ曲5選

解散後も色あせぬステレオポニーのおすすめ曲5選

ステレオポニーは2007年に結成されたロックバンドです。沖縄のスタジオで知り合った3人で結成されました。結成して間もない2008年にメジャーデビューを果たし解散までの4年間で12枚のシングルと4枚のアルバムをリリースするなど多くのファンを魅了していました。この記事では今も色あせぬステレオポニー...

元JacksonのスタッフによりデザインされるCaparison Guitarsの特徴とラインナップ!

元JacksonのスタッフによりデザインされるCaparison Guitarsの特徴とラインナップ!

その特徴的なデザインと弾き易さから注目を集めるCaparison Guitars。実は意外にも日本で生産されています。今回はM3ボディ構造やオリジナルブリッジなど数々の魅力をもつCaparison Guitarsの魅力や特徴、ラインナップについて解説していきます。

おすすめの記事一覧

奇人にして変人で天才!!“The  Baby  S  nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

奇人にして変人で天才!!“The Baby S nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

楽器・機材を探す