同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

バンドというと、以前はひとりのリーダーやフロントマンの名前を冠したバンドも少なくありませんでした。しかし、さまざまなロックバンドが成功を収める時代を迎えると、ひとつのバンドにふたりのオリジネイターが所属する事も珍しくない、というよりその方が主流となったと言っても過言ではありません。今回は、ツートップを擁する代表的なバンドをご紹介します。しかし、強烈なふたつの個性がぶつかるバンドにあっては、ジョージ・ハリスンやロン・ウッド、松井常松など縁の下の力に徹するメンバーの存在を忘れてはいけない事を先に断っておきます。

目次

  • ザ・ビートルズ  ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
  • ザ・ローリング・ストーンズ  ミック・ジャガー&キース・リチャーズ
  • レッド・ツェッペリン  ロバート・プラント&ジミー・ペイジ
  • エアロスミス  スティーヴン・タイラー&ジョー・ペリー
  • BOØWY  氷室京介&布袋寅泰

ザ・ビートルズ  ジョン・レノン&ポール・マッカートニー

世界のロックバンド、もっと言ってしまえば、その後のミュージシャンのロールモデルとなったバンドと言えばザ・ビートルズです。イギリス  リヴァプールで結成され、世界中から注目を集める事になるバンドには、ジョン・レノン(ボーカル)とポール・マッカートニー(ベース)というふたりのオリジネイターが在籍していました。

ジョンはコンセプトの部分でバンドを引っ張り、ポールはベースはもちろんのことギターやドラム、ピアノなどなどありとあらゆる楽器を操り、多彩なビートルズメロディーを生み出していったのです。

ザ・ローリング・ストーンズ  ミック・ジャガー&キース・リチャーズ

The Rolling Stones perform Out Of Control, on stage at Desert Trip last night. Photo by @kevinmazur for @deserttripindio #StonesDesertTrip

The Rolling Stonesさん(@therollingstones)がシェアした投稿 -

今現在でも活躍する事で、文字通りの“生ける伝説”と化しているザ・ローリング・ストーンズ。彼らが世界的なビッグバンドとなったきっかけは、ミック・ジャガー(ボーカル)とキース・リチャーズ(ギター)のキャラクターを全面に押し出した事でした。

また、ステージでも多くのアーティストが「あんな動きをしながら歌は歌えない」と賛美を送るミックのパフォーマンスと、フェンダー・テレキャスターを低く構えて披露するアップストロークが何とも言えぬ渋さを醸し出すキースのギタープレイのコンビネーションは唯一無二です。

レッド・ツェッペリン  ロバート・プラント&ジミー・ペイジ

レッド・ツェッペリンというと人によっては、ジミー・ペイジ(ギター)のギターリフに“目”がいってしまいますが、ロバート・プラント(ボーカル)のハイトーンかつダイナミックなボーカルを忘れてはいけません。彼のボーカルはQUEENのフレディー・マーキュリーやエアロスミスのスティーヴン・タイラー、ガンズ・アンド・ローゼスのアクセル・ローズなどに多大な影響を及ぼしました。

世界3大ギタリストのひとりであるジミー・ペイジは、キャッチーかつ個性的なギターリフに聴くものを惹きつけるギターソロなど独自のギタープレイはもちろんのこと、そのプロデュースセンスとソングライティングでバンドを引っ張りました。

ロバート・プラントの歌声と合間に聴こえてくるジミー・ペイジのギターの“ダブルボーナス”はレッド・ツェッペリンをハードロック・バンドの代表格に押し上げました。

エアロスミス  スティーヴン・タイラー&ジョー・ペリー

ここまでは、イギリスのロックバンドを取り上げてきましたが、ここからは他の国のロックバンドにも目を向けていこうと思います。

まずは、アメリカを代表するツートップ・バンドのエアロスミスをご紹介します。“トキシックツインズ”と称されるスティーヴン・タイラー(ボーカル)とジョー・ペリー(ギター)のふたりは、音楽面はもちろんのこと、ビジュアル面でも超がつく個性的なコンビと言えます。

豹柄やレッド、パープル、時には海賊のような出で立ちで踊り歌うタイラーとサングラスにブラックのジャケットにホワイトシャツという、“いかにもロックスター”の風貌のペリーが魅せるエアロスミスのステージは見応え十分です。

BOØWY  氷室京介&布袋寅泰

これほどにまでそれぞれ異なるカラーで、ソロとして活躍するアーティストが同じバンドに在籍していたというのはにわかには信じ難いですが、氷室京介(ボーカル)と布袋寅泰(ギター)は、周知の通りBOØWY に在籍していました。

自らが求めるビートを探求するべく無駄な要素を一切排除し、ソロ転向後はアメリカンロックの聖地  ロサンゼルスでビートロックの理想を追求する氷室と、ありとあらゆるジャンルの音楽にアンテナを張り、ソロのギタリストとして世界で活躍し、ブリティッシュロックの本場  ロンドンで活動する布袋のコンビはわずか6年の活動期間で絶大なインパクトを残しました。

アイ・ラブ・ロックンロール!ジョーン・ジェットの名曲たち

アイ・ラブ・ロックンロール!ジョーン・ジェットの名曲たち

ロックスターとして非常に有名になった人に、女性は未だ少ないのが現状です。ジョーン・ジェットはそんな男ばかり(しかも大抵は非常にぶっ飛んでいる)の偉大なギタリスト・アーティストたちの中にあって、女性ロックンローラーとして名を馳せた女傑です。この記事では、そんなジョーン・ジェットの名曲たちを聴いて...

解散後も色褪せない名曲の数々。GO!GO!7188のおすすめ曲をご紹介!

解散後も色褪せない名曲の数々。GO!GO!7188のおすすめ曲をご紹介!

1998年結成。2000年6月にメジャーデビューを果たした3ピースバンドGO!GO!7188(読み方:ゴーゴーなないちはちはち)。2012年2月、ギターボーカルのユウが脱退することを機に、バンド解散となりました。解散から5年経った今でも、GO!GO!7188の楽曲は多くのファンに支持されていま...

ウリ・ジョン・ロートから譲り受けた32フレットのスカイ・ギターを操るヘルゲ・エンゲルケ

ウリ・ジョン・ロートから譲り受けた32フレットのスカイ・ギターを操るヘルゲ・エンゲルケ

ドイツ生まれのロックミュージシャンというとマイケル・シェンカーやウリ・ジョン・ロートの名前が真っ先に浮かびますが、そのウリ・ジョン・ロートから譲り受けた32フレットのスカイ・ギターを巧みに操るのがヘルゲ・エンゲルケです。来日公演も果たしているハードロック・バンドのフェア・ウォーニングでサウンド...

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

バンド内におけるボーカルとギターのコンビも好きですが、単にボーカルとギターというコンビがフューチャーされるのも存外好きなものです。例えば、ビリー・アイドルとスティーヴ・スティーヴンス、COMPLEXの吉川晃司と布袋寅泰といったところがその例にあたるでしょうか?今回は、グラムロックの世界をデヴィ...

天才的作曲家、神前暁さん。経歴、おすすめ曲まとめ

天才的作曲家、神前暁さん。経歴、おすすめ曲まとめ

神前暁という名前を知ってるでしょうか?アニメ好きの方の中には、何か名前を見たことがあるような…となる方も多いかもしれません。クールによっては毎日のようにアニメのopやedのクレジットで彼の名前を目にすることになります。実はこの神前暁さん、アニソン、ゲーソン界を牽引する凄腕作曲家であるとともに、...

おすすめの記事一覧

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

楽器・機材を探す