ボン・ジョヴィのハードでありながらキャッチーなサウンドを支えたリッチー・サンボラ

1970年代に活躍した名だたるギターヒーローに憧れてギターを始めたリッチー・サンボラ。自らとあるバンドのボーカルに惚れ込み、「俺がお前のバンドのボーカルになってやる」と宣言し、オーディションに参加、そうして結成したバンドがボン・ジョヴィ。その後、ハードでありながらもポップロックともいえるサウンドが日本を中心に、高い評価を受けました。今回は、そんな“ボン・ジョヴィ・サウンド”の根幹を築いたギタリスト リッチー・サンボラの魅力に迫ります。

目次

  • アルバム名にもなるニュージャージー出身
  • 1983年  ボン・ジョヴィ結成
  • 日本で火がつくハードなポップロックサウンドを築いたリッチー・サンボラ
  • ロッド・ショーファー(レス・ポールタイプ)

アルバム名にもなるニュージャージー出身

Epic. Glastonbury. With Dolly Parton.

Richie Samboraさん(@therealsambora)がシェアした投稿 -

ボン・ジョヴィを支えるギタリスト  リッチー・サンボラは、4thアルバム『NEW  JERSEY』のタイトルにある通りのアメリカ ニュージャージー出身です。家族揃って音楽好きであったサンボラは、幼少の砌よりピアノをはじめとして、アコーディオンやサックス、トランペットなどを演奏しました。

そして、転機が訪れたのは14歳を迎えた時です。時代は1970年代初頭、数多くのギターヒーローが活躍した時代でした。サンボラはレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジやディープ・パープルのリッチー・ブラックモア、さらにはジミ・ヘンドリックスや“ギターの神様”ことエリック・クラプトンらに夢中になりギターを始めました。

1983年 ボン・ジョヴィ結成

14歳でギターを始めたサンボラは、大学に進学し音楽を学びながらスタジオミュージシャンやレッスンの仕事をしてギターの腕を磨きます。

偶然、観に行ったジョン・ボンジョヴィ・アンド・ザ・ワイルド・ワンズのライブで、ボーカルのジョン・ボンジョヴィのセンスに惚れ込み、初対面ながらで「俺がお前のバンドのギタリストになってやる」と声を掛け、バンドのオーディションを受けます。結果としてバンドの一員となり、1983年にボン・ジョヴィを結成し、翌年バンド名を冠したファーストアルバム『BON  JOVI』(1984)でデビューを果たします。

すると、母国アメリカより先に日本で火がついて以降も、『NEW  JERSEY』(1988)や『KEEP  THE  FATH』(1992)などのヒットをとばし、世界中で愛されるロックバンドとなります。

また、サンボラ自身もソロアルバム『STRANGER  IN  THIS  TOWN』(1991)をリリースし、好評を博しました。

日本で火がつくハードなポップロックサウンドを築いたリッチー・サンボラ

Love it ? #richiesambora

@richie.samboras.guitarがシェアした投稿 -

ボン・ジョヴィはアメリカより先に日本で人気に火がついたいわゆる“逆輸入バンド”でしたが、その人気の秘訣はサンボラが中心に手掛けたハードでありながらもキャッチーなサウンドと言えます。

ボン・ジョヴィが世界中でブレイクを果たすきっかけとなったアルバム『SLIPPER  WHEN  WET』(1986)でも、サンボラは12弦ギターやピーター・フランプトンが使用した事で知られるトーキング・モジュレーターを使用するなど、ありとあらゆる方法で、ロックの持つハードな面とポップな面を両立させる事に成功しました。

ボン・ジョヴィの世界中で愛されるサウンドの原点を構築したのは、リッチー・サンボラのギタープレイと言えます。

ロッド・ショーファー(レス・ポールタイプ)

GuitarKing kesukaan #RichieSambora❤

Tety Gharettaさん(@tettygreat_04)がシェアした投稿 -

ボン・ジョヴィのハードなポップロックサウンドを支えたリッチー・サンボラは、ロッド・ショーファーのレス・ポールタイプやクレイマーのシグニチャーモデルなどを使用します。また、いずれも3ハムを搭載です。

【民族楽器】初めてのケルト楽器ならティンホイッスルがおすすめ!

【民族楽器】初めてのケルト楽器ならティンホイッスルがおすすめ!

ケルトミュージックって、なんだか郷愁的でひきつけられますよね。あの世界の彼方から語り掛けてくるようなケルトの笛の音は心の奥底に眠る懐かしい感情を揺さぶる気がします。できることなら初めてみたいけど、民族楽器って高いし気軽には手を出せなそう…。そんなあなたにおすすめの楽器があります。それがティンホ...

「Mr.Thunderfinger」ザ・フーのジョン・エントウィッスルの魅力

「Mr.Thunderfinger」ザ・フーのジョン・エントウィッスルの魅力

ジョン・エントウィッスルは、ザ・フーのベーシストで、リードベースとも呼ばれる独特のベースラインを書くことで有名です。ジョン・エントウィッスル(John Entwistle、本名:John Alec Entwistle,、1944年10月9日 - 2002年6月27日)は、イギリスのミュージシャ...

音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

ギタリストにとってシールドは音作りには必要不可欠のアイテムですよね。でも、どのメーカー、どの型番のシールドが良いのかは結構判断しづらいと思います。そこで今回はそんな方に向けて、おすすめのシールドメーカー、型番をご紹介したいと思います。

丁寧な作りが特徴の国産カスタムメイドギター!T's guitarsの特徴とおすすめ!

丁寧な作りが特徴の国産カスタムメイドギター!T's guitarsの特徴とおすすめ!

こんにちは。T's Guitarsというギターメーカーを皆さんはご存知でしょうか。高い技術力を持ち某atelier◯などの多数のOEM製品を製作する傍ら、自社でカスタムメイドのギターを製作している国産メーカーです。Godspeed氏やa2c氏などネットギタリストにより人気に火がついて以来その圧...

ESPのフラッグシップモデル!ESP Horizonシリーズのおすすめと特徴!

ESPのフラッグシップモデル!ESP Horizonシリーズのおすすめと特徴!

ESPにはいくつものギターがラインナップされていますが、そのなかでもフラッグシップとして頂点に位置しているモデルがHORIZONシリーズです。木材自体はシンプルですがその組み込み精度やエレクトロニクス、ネックコンストラクションまで全てが考え込まれているギターです。今回はそのHORIZONシリー...

おすすめの記事一覧

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

楽器・機材を探す