クリーンなサウンドを言えば!フェンダー TWIN REVERBアンプの特徴まとめ【Fender】

フェンダーのギターアンプと言えば、TWIN REVERB(ツインリバーブ)を思い浮かべる人が多いかと思います!

ツインリバーブはオールチューブのギターアンプで、フェンダー社の特徴となるクリーンサウンドを象徴するアンプです。

ここの記事では、そんなTWIN REVERBのアンプの特徴や仕様をまとめていきます!

TWIN REVERB(ツインリバーブ) / Fenderとは?

FENDER ( フェンダー ) / '65 TWIN REVERBhttp://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/208542/

フェンダー(Fender)のツインリバーブ(Twin Reverb)は、フェンダーの代表的なフルチューブのギターアンプです!

60年代になり、大きな会場でのエレキギターの演奏が一般化し様々な会社が高出力アンプの発売を始めました。

(中略)

Fender TWIN REVERBは60年代に生まれ、そこから90年代にかけて、ブラックフェイス・シルバーフェイス・ツインリバーブⅡ・レッドノブツイン・’65リイシューと幾度も改変をされてきました。

引用元:スタジオラグへおこしやす-元祖クリーンサウンド・真空管ギターアンプ Fender Twin Reverb-

TWIN REVERBの特徴

フェンダーのツインリバーブの特徴といえば、

クリーンサウンドでしょう!

クリーンサウンドは、ナチュラルなギターの音を大きくしたものです。

そんなクリーンサウンドは、ボリュームをあげるとどうしても歪みやすいんですよね。

しかしこのアンプは、しっかりとクリーンサウンドのままに大きくしてくれます。

歪ませたい人には不向きというわけではなく、フラットなサウンドがだせるのでエフェクターの効果もしっかり効かせてくれるアンプなんです!!

TWIN REVERBのモデル

ツインリバーブはいろいろなモデルがあります。

時代によって仕様・スペックが変わっていますので紹介していきます。

ブラックフェイス

ブラックフェイスとは、1963年から1967年に作られたアンプですね!

全面のパネルが黒いのでブラックフェイス、黒パネと呼ばれています。

あまり歪みを必要としないジャズ、カントリーのプレイヤーや、エレクトリック・ピアノ・プレイヤーの好むアンプとなり、歪みを求めるブルースやロックンロールのプレイヤーはよりパワーの低い2x6L6のSuper Reverbやさらにロウ・パワーである2X6V6のDeluxe Reverb、あるいはハイゲインであったツイード時代のアンプを使うことになった。

引用元:wikipedia-フェンダー・アンプ-

http://www.guitar-licks.net/stock.php?id1=amp&id2=0PP1

ブラックフェイス.リイシューモデル : ’65 TWIN REVERB

1992年には、当時の出力と同じ85wで、クリーンなフェンダーらしいサウンドが期待できるリイシューモデルが発売されています。

http://www.digimart.net/magazine/article/2014120301220.html

シルバーフェイス

1968年から1981年に作られたアンプはパネルが黒から白に変更されました。

それがシルバーフェイスで、銀パネとも呼ばれていますね。

ブラックフェイスとは回路が違い、ギラギラとした高域サウンドが特徴です。

http://www.ray-guitar.jp/catalog/amplifier/images/RAM000019-1.jpg

シルバーフェイス.ヴィンテージモディファイモデル : ’68 CUSTOM TWIN REVERB

2013年に発売されたモディファイモデルです。

当初のシルバーフェイスを基にしていますが、仕様の変更はかなりあるのでモディファイですね!

Fender '68 Custom Twinhttp://www.zzounds.com/item--FEN2273000

ツインリバーブⅡ

ツインリバーブⅡは1983年に製造されたフェンダーアンプでルックスはブラックフェイス時代と同じです。

1986年までの製造なので中古市場でもレアなモデルですよ。

http://www.rockin.co.jp/shop/archives/249.html

レッドノブツイン(The Twin)

レッドノブツインは、1987年から1994年に製造されたアンプですね。

本当の名前はThe Twinですが、ルックスからレッドノブツインと呼ばれています。

アウトプットスイッチは25wと100wの出力を選択できます。

http://ja.audiofanzine.com/

いかがでしたか?

ツインリバーブをまとめると、

  • クリーンサウンドが特徴
  • ブラックフェイス、シルバーフェイスが有名

フェンダーのアンプ、ツインリバーブはクリーンサウンドを求めている人にぜひおすすめしたいアンプです!

フェンダーのアンプを探す

 

この記事に関連する商品

変化し続けるシグネチャーモデル、MusicMan JPの特徴と種類

変化し続けるシグネチャーモデル、MusicMan JPの特徴と種類

こんにちは。John Petrucci(ジョン・ペトゥルーシ)というギタリストを皆さんは御存知でしょうか?プログレッシブメタルバンド「Dream Theater」のギタリストで、彼の超絶技巧プレイは多くのアーティストに影響を与えました。今日はそんな彼のシグネチャーモデルであるERNIE BAL...

ジミ・ヘンドリックスイズムを受け継ぐストラトキャスターを愛用  ロビン・トロワー

ジミ・ヘンドリックスイズムを受け継ぐストラトキャスターを愛用 ロビン・トロワー

<p style="text-align: left;">ジミ・ヘンドリックスのギタープレイを耳にした事、高校時代からのバンド仲間となるゲイリー・ブルッカー(ボーカル・ピアノ)との出会いがギタリスト  ロビン・トロワーの未来を決めました。ジミ・ヘンドリックスがギターという楽器を彼に選ばせ、ゲイ...

ヘヴィメタなら任せろ!ダイムバック・ダレルの使用ギター&おすすめ曲3選!

ヘヴィメタなら任せろ!ダイムバック・ダレルの使用ギター&おすすめ曲3選!

ダイムバック・ダレル(Dimebag Darrell)はアメリカ出身のギタリスト。元パンテラ、ダメージプランのリードギタリストだった事もあり、かなり有名で実力のある人です。若くして数々の賞を受賞、そしてそれが理由で「コンテスト荒らし」なんて言われる事も!今回はそんなギタリスト、ダイムバック・ダ...

BOSSのエフェクター、MD-2を徹底解説!【Mega Distortion】

BOSSのエフェクター、MD-2を徹底解説!【Mega Distortion】

みなさんはどんなエフェクターを使っていますか?ギターのエフェクターといえば、歪み系ですよね!その歪み系エフェクターの中でも1番歪みが深いのがディストーションです。ここでは、そんなディストーションエフェクターであるBOSSのエフェクター「MD-2 Mega Distortion」について徹底解説...

弾き語り用のコード譜を見つけられるオススメサイト5選

弾き語り用のコード譜を見つけられるオススメサイト5選

弾き語りってみなさんやってみたことありますか?ギター一本をかき鳴らして、自分の声で音楽を表現する弾き語り。このためにギターを始めた人も多いのではないでしょうか。今回は好きな曲を自分で弾き語りができるように、コード譜を公開しているサイトを5つオススメします。

おすすめの記事一覧

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

ポップセンスも持ち合わせたパンクロック・バンドのラモーンズのサウンドをモズライトで支えたジョニー・ラモーン

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト  アレキシ・ライホ

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト アレキシ・ライホ

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

楽器・機材を探す