ザ・ローリング・ストーンズに“加入しなかった”テレキャスターのパイオニア ロイ・ブキャナン

かつてアメリカのテレビで“世界最高の無名ギタリスト”という特集が組まれるほどの隠れた実力者 ロイ・ブキャナン。15歳でプロデビューを果たして以降、ロビー・ロバートソンにギターを指南し、極めつけはブライアン・ジョーンズを欠いたザ・ローリング・ストーンズからメンバー入りを打診されるも断るというなんとも掴み所のない変わったエピソードを持つギタリストに迫ります。

目次

  • アーカンソーに育ち15歳でプロデビュー
  • ザ・ローリング・ストーンズに加入せず
  • “世界最高の無名ギタリスト”
  • “ナンシー”と呼ばれるテレキャスター/ブルースマスター
  • マイペースにギターを奏でる「テレキャス・マスター」

アーカンソーに育ちたい15歳でプロデビュー

アメリカプロバスケットボールリーグ NBAのシカゴブルズで2度の3連覇に貢献したスコッティ・ピッペンの出身地でもあるアーカンソー州に1939年に生まれたロイ・ブキャナン。楽器にハマった多くの少年がそうであるように、ブキャナンもギターにのめり込みました。

ギターを始めてほどなくして15歳でブルースシンガーのジョニー・オーティズのバックバンドとしてプロデビューを果たします。これが1954年の出来事というのも驚きです。

ちなみに1960年になると元々ベーシストだったロビー・ロバートソンにギターを指南しています。

ザ・ローリング・ストーンズに加入せず

Tipping of the hat to this guitar maestro #roybuchanan

Was once @brian.j0nesさん(@stoned.kinks_kinky.stones)がシェアした投稿 -

セッション・ミュージシャンとして一流の腕を振るっていたブキャナンは次第に音楽業界の関係者から注目を集め始めました。1969年になるとリーダーであるブライアン・ジョーンズが抜けたザ・ローリング・ストーンズからメンバー入りの依頼を受けるのです。

今のように「生ける伝説」といわれる類では無いにせよ、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのツートップが在籍するザ・ビートルズやジミー・ペイジのギタープレイが光るレッドツェッペリンと並び当時から高い人気を誇っていたザ・ローリング・ストーンズからのこの依頼、なんとブキャナンは断ってしまうのです。

さまざまな風評はあるものの実際の所、どう考えていたかは本人のみぞ知る所です。

“世界最高の無名ギタリスト”

#roybuchanan ロイ・ブキャナンはかっこいい♪

Akira Hasegawaさん(@a.h.1964.ventura)がシェアした投稿 -

ストーンズからのオファーを断ってから2年後の1971年、アメリカでとある特集番組が放送されたのですが、その番組タイトルがなんともアメリカらしいというか非常にストレートで、インパクト十分。その名も“世界最高の無名ギタリスト”。

この番組でブキャナンのキャリアが紹介されるとこれまた注目を浴び、自らの名前を冠したソロ デビューアルバムの『ROY  BUCHANAN』(1972)をリリース、このアルバムにはブキャナンの代表曲でもある『メシアが再び』を収録しています。

しかし、単に無名と言う訳ではなく“世界最高”がつくのは伊達ではありません。1975年にジェフ・ベックがリリースした『Blow  by  Blow』(1975)に収録されている『哀しみの恋人達』は「ロイ・ブキャナンに捧げる」というメッセージがクレジットされました。

1980年代になると自主レーベルのウォーター・ハウスを設立したり、名門ブルース・レーベルのアリゲーターに移籍するなど、自分の音楽に向き合う環境を考え始めます。そしてアリゲーター移籍後にリリースしたアルバム『WHEN  A  GUITAR  PLAYS  THE  BLUES』(1985)はグラミー賞にもノミネートされました。

“ナンシー”と呼ばれるテレキャスター/ブルースマスター

テレキャスターのパイオニアとして知られるロイ・ブキャナンは通称“ナンシー”と呼ばれるフェンダー・テレキャスター(1953年製)を使用しています。

また、フリッツ・ブラザーズのシグニチャーモデル“ロイ・ブキャナン ブルースマスター”も作成しています。

マイペースにギターを奏でる「テレキャス・マスター」

指とピックを同時に弦に当たることによって、奥行きのある音を奏でられるピッキングハーモニクスから繰り出される激しく、美しいギタープレイが魅力の「テレキャスマスター」として活躍したロイ・ブキャナン。マイペースだからこそギタープレイにも“奥行き”があったのでしょう。

ザック・ワイルドの使用ギター&おすすめ曲3選!豪快な演奏が魅力的!?

ザック・ワイルドの使用ギター&おすすめ曲3選!豪快な演奏が魅力的!?

アメリカ出身のギタリスト、ザック・ワイルド(Zakk Wylde)。現在も大人気ロックバンドのブラック・レーベル・ソサイアティーのメンバーとして活動しています。他にもオジー・オズボーンのメンバーとして活動していた経験があり、いくつかのバンドを掛け持ちしていたザック。今回はそんなザックの使用して...

アングラな世界観に酔いしれる!黒木渚の鮮烈に輝く5曲を紹介!

アングラな世界観に酔いしれる!黒木渚の鮮烈に輝く5曲を紹介!

日常を歌いつつも独特の日本語表現で現実と虚構を行き来させる、そんな歌を歌えるアーティストが黒木渚以外にいるでしょうか。キレイ目のビジュアルにロリータフェイス、そこから発せられる歌声は真逆の力強さを孕み、オーディエンスをあっという間に虜にする黒木渚。絶妙なアンバランスで業界内で話題となっている彼...

ソニック・ユースのギターボーカル、サーストン・ムーアの愛用ギターまとめ

ソニック・ユースのギターボーカル、サーストン・ムーアの愛用ギターまとめ

サーストン・ムーア(Thurston Moore)は1980年初頭に結成されたグランジロック・バンド、ソニック・ユースのギター・ボーカルで、身長198cmもの長身で有名です。バンドの実質的なリーダーの役割を担っていましたが、2011年、自身の浮気をきっかけにおしどり夫婦として有名だったキム・ゴ...

破天荒な韓国出身ラッパーIRONって何者だ!?正体を暴く!

破天荒な韓国出身ラッパーIRONって何者だ!?正体を暴く!

HIPHOP文化はアジア1と言われている韓国。アイドルグループが多い韓国ですが、グループに1人はラップ担当がいます。それくらいHIPUHOPやラップが流行っているのです。韓国の音楽業界はアメリカの音楽を目指しているので、HIPHOP色が強くなっています。今回紹介するIron(アイオン)は韓国で...

ギター初心者にオススメしたい、基本のコードの組み合わせと弾き方

ギター初心者にオススメしたい、基本のコードの組み合わせと弾き方

ギターを始めたみなさん、こんにちは。まだコードの押さえ方もままならない時期には、どのコードから覚えるのかでも悩みますよね。この記事では、どのコードを覚えておくと最初は効果的にギターが弾けるようになるかをまとめていきます。

おすすめの記事一覧

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

奇人にして変人で天才!!“The  Baby  S  nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

奇人にして変人で天才!!“The Baby S nakes SG”からフロイドローズまで操るフランク・ザッパ

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

楽器・機材を探す