高品質を守る日本のブランドAriaproⅡのストラトキャスターの特徴とおすすめ

1970年代から日本のギター界を支えてきたAriaProⅡ。常に品質の高いギターを作り続け、多くのギタリストをサポートしてきました。レスポール・タイプのPEが代表的なモデルですが、ストラトキャスター・タイプのギターも世界に誇れるレベルのものをリリースしています。

そんなAriaProⅡのストラトキャスターについての解説と、現行モデルの特徴やおすすめをお伝えします。

目次

  • AriaProⅡのストラトキャスターの今・昔
  • 王道的スタイルのFL-STD Ⅰ
  • モダンな装いのFL-STD Ⅱ
  • まとめ

AriaProⅡのストラトキャスターの今・昔

AriaProⅡは1975年からエレキギターの製造を行っています。

当時は主にGibson、Rickenbackerなどの海外メーカーのコピーモデルが作られ、fenderストラトキャスターのコピーモデルは「StageCaster」という名称で販売されました。後に「Strikin' sound」に改称され、国産ギターの黎明期に名を残すギターになりました。

海外メーカーの楽器は値段が高く、年代によって造りが粗いものも多かったため、国産楽器の低価格で品質が安定した点が人気を集めました。さらに、AriaProⅡのストラトキャスターには安価にも関わらずDimazioのPUが搭載され、同価格帯のギターよりも音が良かったようです。

特に1987年に廃業してしまった「マツモク工業」で生産されたギターは日本のみならず海外からも高い評価を受けました。現在もジャパンヴィンテージと呼ばれ、根強いファンが多いです。

現在のAriaProⅡはオリジナルモデルのみの販売を行っていますが、ストラトキャスターのコピーモデルは低価格帯を扱うブランド「Legend」から販売されていて、安価ながらやはり質が高く、当時の魂を受け継ぐものになっています。

王道的スタイルのFL-STD Ⅰ

ここからは、現在のAriaProⅡからリリースされているストラトキャスタータイプのモデルについてご紹介します。

まずは、伝統的なストラトキャスターの意匠を継ぐFL-STD Ⅰです。

コードが押さえやすく、歌モノのバッキングやブルージーなプレイに適した240Rの指板、丸みを帯びたボディーはヴィンテージのストラトキャスターにヒントを得たものです。

PUは手巻き作業でヴィンテージ・サウンドを再現するKlein製「JazzyCat」を搭載、フレットは長寿命と弾きやすさが特徴のJescar製、ペグとブリッジにはチューニングの安定をもたらすGOTOH製を採用。高品位のパーツを贅沢に使用しています。

さらにハイポジションの演奏性を高めるヒールレスカットを施し、表現の幅が広がります。

非常にバランスの取れた仕上がりで、ジャンルを問わず活躍する一本です。

モダンな装いのFL-STD Ⅱ

ヘッド、ボディーが黒い塗装でモダンな印象を持つFL-STD Ⅱ。

こちらもハードウェアはGOTOH製でヒールレスカットもされていますが、その他の点で違いが見えます。

FL-STD Ⅰに比べ丸みの少ないボディー、指板はカーブが緩い305Rを採用。弦高を低くしやすくテクニカルなプレイに適した仕様です。

PUはクリアなトーンが特徴のEMG製SAを3基搭載。ヴィンテージの音を基調にしつつパワーがあり、ノイズレスでストレスなく演奏出来ます。

見た目も相まって、ハードロックやメタルのような激しい音楽で本領を発揮しそうなギターです。

まとめ

AriaProⅡは、創業当時から良いギターを手に入れやすい価格でユーザーに届けています。

それは現在も変わらず、FLシリーズのように高品位なモデルもリーズナブルに抑えられているので、現場でガンガン引き倒すギタリストには持って来いです。

ヴィンテージ・テイストのSTD Ⅰ、現代風のSTD Ⅱと、方向性は違うながらも多くのギタリストが納得のいくギターなので、クオリティーの高いストラトキャスター・タイプを探してる方は参考にしてみて下さい!

この記事に関連する商品

【マメ知識】何が違うの!?ギターアンプとベースアンプの違いを解説

【マメ知識】何が違うの!?ギターアンプとベースアンプの違いを解説

アンプと聞くと、音楽を聞くときに使うものと思い浮かべるかもしれません。また、ギターやベースを弾くときに使うアンプは同じものなのかという疑問も同時に浮かんできますね。今回は、その違いをはっきりさせていきたいと思います。目次<ul> <li>何が違うの?目的の違いを抑える!</li> <li>...

危うい響きをコントロール!スラッシュの魅力とおすすめ曲5選!

危うい響きをコントロール!スラッシュの魅力とおすすめ曲5選!

アメリカはロサンゼルスに生まれた世界的に人気のあるギタリスト、スラッシュ(Slash)様々な音楽経験と私生活での刺激的な日々が今のスラッシュを完成させました。そんな波乱万丈な生活をしてきたスラッシュは一体どのような人物なのか?彼の魅力を追求してみました!合わせて、スラッシュの代表曲を感じながら...

個性派ベーシストならこれ!SGベースの魅力に迫る!

個性派ベーシストならこれ!SGベースの魅力に迫る!

みなさん、SGベースってご存知ですか?エレキギターでは定番ともされるほど有名なボディですよね!そのベース版であるSGベースについて紹介していきます!

FenderUSAが放つモダンギターのフラッグシップ!American Eliteシリーズの魅力と特徴!

FenderUSAが放つモダンギターのフラッグシップ!American Eliteシリーズの魅力と特徴!

Fender USAのフラッグシップモデルのAmerican Deluxeが2016年にリニューアルされたことはご存知でしょうか。リニューアルされた新シリーズはその名も「American Elite」。元々FenderUSAのなかでは一番モダン志向だったAmerican Deluxeですが、コ...

早弾きを諦めない!続ければ必ず上達するエレキギター早弾き練習法

早弾きを諦めない!続ければ必ず上達するエレキギター早弾き練習法

早弾きといえば、ギタリストが一度は目指す道。早弾きの名手、イングウェイ・マルムスティーンのソロを見ると、あまりの素早さに驚かされます。早すぎて何の音が鳴っているかよくわからないぐらいですね。早弾きに憧れるものの、なかなか上達せず、「こんなの弾けねーよ!」と諦めてしまう方も多いです。ですが、早弾...

おすすめの記事一覧

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来  ”クリス・デュアーテ

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来 ”クリス・デュアーテ

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

サンプラー&サウンドクリエイションツール「HALion 6」の特徴

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

少女時代のピンク担当♡ティファニーがソロで見せた新たな姿

少女時代のピンク担当♡ティファニーがソロで見せた新たな姿

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

楽器・機材を探す