フェンダージャパンエクスクルーシブベースの魅力とオススメ

「これからベースを始めたい!」そんな方がよくオススメされるブランドの1つに「フェンダージャパン」があります。近年では代理店の変更により、「フェンダージャパン エクスクルーシブシリーズ」として販売されています。

この記事では初心者の方から中級者の方に向け、フェンダーエクスクルーシブシリーズのベース購入の際のオススメポイントや魅力と特徴についてお伝えします。楽器購入の際のご参考にしていただければ幸いです。

目次

  • エクスクルーシブシリーズ人気のベース
    • Fender Japan Exclusive Classic 60s Jazz Bassの特徴
    • Fender Japan Exclusive Classic JB75Bの特徴
    • Fender Japan Exclusive Classic 50s Precision Bassの特徴
  • フェンダージャパンの歴史
  • フェンダーを愛用する国内ベーシスト
  • まとめ

エクスクルーシブシリーズ人気のベース

まず初めに、どのようなモデルが人気かをご紹介します。

Fender Japan Exclusive Classic 60s Jazz Bassの特徴

1番人気の王道ジャズベース

もともと1960年に発売されたジャズベースは、プレシジョンベースに比較してスリムなネックシェイプで、演奏者の身体に馴染みやすいくびれたボディデザインが特徴。

二基のピックアップで表現力豊かなフレーズを奏でてくれるオールマイティなモデルです。

主な仕様

  • ボディ:バスウッド
  • ネック:メイプル
  • 指板:ローズ
  • ピックアップ:JB VINTAGE×2
  • コントロール:2ボリューム、1トーン
  • ソフトケース付属

Fender Japan Exclusive Classic JB75Bの特徴

引き締まったルックスとタイトなサウンドが人気のジャズベース

アッシュボディにオリジナルPUを搭載したフェンダージャパン75年型ジャズベースでアッシュによるタイトでパワフルな抜けの良いサウンドはスラップでも存在感を発揮します。

ネックのバインディングやブロック・ポジションマークなど高級感あるルックスも魅力的です。

主な仕様

  • ボディ:アッシュ
  • ネック:メイプル
  • 指板:メイプル、20F
  • ピックアップ:JB SINGLE(JAPAN)×2
  • コントロール:ボリューム×2、トーン×1
  • ソフトケース付

Fender Japan Exclusive Classic 50s Precision Bassの特徴

パワフルなサウンドが好きな方にオススメの1本

51年に発売されたプレシジョンベース。仕様変更を繰り返した後、現在の形になったのは57年のことです。そんな57年モデルを日本の工場にて製造することで、手に取り易い価格ながらも高品質を保つことに成功している伝統のMade in Japanシリーズの一本。

本機はその57モデルを基本としながらも、ボディーに鳴りが良く素直な音響特性を持つバスウッドを採用することで、どんな音楽にもマッチするベースに仕上がっております。

ピックアップにはワイドレンジで幅広いジャンルに対応できるオリジナルピックアップを搭載しています。

主な仕様

  • ボディ:バスウッド
  • ネック:メイプル
  • 指板:ローズウッド
  • ピックアップ:Split Single-Coil
  • コントロール:1ボリューム、1トーン
  • ブリッジ:PB-STANDARD
  • ソフトケース付属

フェンダージャパンの歴史

1970年代の後半から80年代に入るころには日本国内の楽器メーカーの技術は大幅に向上し、フェンダーをはじめとする海外メーカーにも決してひけをとらないレベルにまで到達していました。

そうなれば、国内メーカーの人気は一気に高まります。そこで、日本におけるシェアを奪われまいと、フェンダーは日本国内に本格参入をすることになります。こうして誕生したのがフェンダー・ジャパンでした。

日本メーカーの高い技術力と、アメリカ本国のフェンダーの持つ歴史、そしてブランド力が結びついたことにより、フェンダージャパンは大成功を収めます。

そんなフェンダー・ジャパン・ベースのラインナップの中心に常に位置していたのは、やはりジャズベースでした。

国内で生産することによって、価格を抑えることにも成功しましたので、高価でごく一部のプロアーティストしか手にすることのできなかったフェンダー・ジャズベースを誰でも気軽に手にすることができるようになりました。

これによって、多くの日本人ジャズベース・プレイヤーが誕生することになりました。

「フェンダージャパン」という名称で長年愛されてきた日本製のフェンダーは、2015年4月の代理店変更に伴いライセンスを失効し惜しくも楽器店から姿を消すこととなりました。

しかし、同様スペックを踏襲したメイド・イン・ジャパンの国産シリーズが、なんと本家FENDERの新シリーズとして登場しました。それが「フェンダー ジャパン エクスクルーシブ シリーズ」です。

For all Fender Bass lovers , please stop by our store ??? # An American inspiration built with Japanese craftmanship ! ????? : ** BRAND NEW IN BOX ** FENDER JAPAN EXCLUSIVE CLASSIC 60 PRECISION BASS WHITE & SUNBURST, JAZZ BASS SUNBURST & WALNUT # Info : whatsapp / sms / call (NO DM / PM) : +628128700894. Email : contact@gooswynguitars.com Website : www.gooswynguitars.com LIKE US ON FACEBOOK : www.facebook.com/Gooswynguitars # #fenderjazzbass #jazzbass62 #Fender_jp #FenderJapan #fenderjapanexclusive #fenderbass #gooswynmusicstore #gooswynguitarsshop #tokogitar #guitarshop #tokobass #bassshop #fenderprecision #precision62 #bass #basses #precisionbass #fender #reissue62 #jualbass #JualFender #jualgitaroriginal #tokomusikjakarta #tokoalatmusik #tokoalatmusik #tokogitarjakarta #jualalatmusik

Gooswyn Guitars Shopさん(@gooswynguitars)がシェアした投稿 -

フェンダーを愛用する国内ベーシスト

最後に現在、国内でフェンダーを愛用するベーシストをご紹介します。浮雲(東京事変)、亀田誠治(東京事変)、ヒラマミキオなど多くのミュージシャンがライブやレコーディングでの欠かせないパートナーとしてフェンダーベースを愛用しています。

多くのメジャーアーティストが使用する中、インディーズアーティストも多くフェンダーベースを愛用しています。

その中から、現在、インディーズシーンで活躍中の「FROZEN CAKE BAR(フローズン ケーキ バー)」のベーシスト「りぃち」をご紹介します。

重低音が響き渡る中、本来埋もれがちなベースラインを見事に前に表現し、細かなサウンド&フレーズメイキングを実現しているベーシストです。最新MV「自分戦争」でも使用している姿が見れますので、是非チェックしてみてください。

FROZEN CAKE BAR official web site

りぃち使用ベース

  • Fender 70's Jazz Bass MOD R

主な仕様

  • Body Material:Ash
  • Body Finish:Polyester
  • Neck Material:Maple
  • Neck Shape:Slim "C"
  • Scale Length:34" (864 mm)
  • Fingerboard Radius:7.25" (184.1 mm)
  • Number of Frets:20
  • Fret Size:Medium Jumbo
  • String Nut:Synthetic Bone
  • Nut Width:1.5" (38.1 mm)
  • Neck Plate:3-Bolt "F" Stamped with Micro-Tilt(TM);
  • Neck Finish:Polyester
  • Fingerboard:Maple
  • Position Inlays:White Dot
  • Controls:Master Volume, Master Tone, Blend
  • Pickup Switching:None
  • Pickup Configuration:JJ
  • Bridge:4-Saddle Vintage-Style
  • Tuning Machines:Vintage-Style Open-Back
  • Orientation:Right-Hand
  • Pickguard:3-Ply White
  • Control Knobs:Vintage Style Black Plastic Jazz Bass

まとめ

フェンダージャパンエクスクルーシブベースはいかがでしたか?たくさんの魅力が詰まった楽器なので今回おすすめしてみました。皆様の楽器選びに役立つと幸いです!

この記事に関連する商品

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来  ”クリス・デュアーテ

ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来 ”クリス・デュアーテ

60年代、70年代生まれのブルースギタリストの代表格といったらチャーリー・セクストンやジョー・ボナマッサといった所でしょうか?しかし、その年代のそのジャンルで欠かすことの出来ないギタリストがクリス・デュアーテです。デュアーテはギターを始めた後にスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブを観てブルー...

世界で最も使用されてるベース!?フェンダージャズベースの特徴

世界で最も使用されてるベース!?フェンダージャズベースの特徴

ポップス、R&B、ソウル、多くのジャンルでジャズベースは定番のベースとなっています。おそらく世界で最も使われているベースでしょう。今回はそんなジャズベースの特徴を紹介します。

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

エレキギターの代名詞と呼んでも過言ではないギブソンのレスポール。ギターを手にした人ならば誰もが一度は弾いてみたいと思うのではないでしょうか。今回はそんなギブソンのレスポール、中でもレスポールスタンダードの特徴やスペックに焦点を当ててご紹介していこうと思います。

デイヴィッド・ボウイを輝かせた名ギタリスト、ミック・ロンソン

デイヴィッド・ボウイを輝かせた名ギタリスト、ミック・ロンソン

デイヴィッド・ボウイやイアン・ハンターを輝かせたギタリスト、ミック・ロンソンのことをご存知でしょうか。1964年生まれでギタリストとして様々なCDのレコーディング・ミュージシャンやセッション・ミュージシャンを務めました。<blockquote>ミック・ロンソン(Mick Ronson、1946...

アーティストからひっぱりだこ!?テクニカルベーシストIKUOの魅力に迫る!

アーティストからひっぱりだこ!?テクニカルベーシストIKUOの魅力に迫る!

テクニカルベーシストといえば、IKUO!!超絶テクニックでいろいろなバンドで引っ張りだこの彼について紹介していきます。

おすすめの記事一覧

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

楽器・機材を探す