光速ギタリスト!ポール・ギルバートの使用ギター&おすすめ曲3選!

ポール・ギルバート(Paul Gilbert)はアメリカ合衆国出身のミュージシャン、ギタリスト。光速のギタリストとして有名で、早弾きを得意としています。他にも、歯でギターを弾いたりと破天荒なプレイスタイルをとる事でも有名なポール。今回はそんなポール・ギルバートの使用ギターやおすすめ曲を交えながら、彼の魅力を追求していきます!

目次

  • ポールと音楽の出会い
    • ソロとして新たなスタート!しかし、、
  • 光速プレイスタイル!ポールの魅力は?
  • ポールの音を体感!おすすめ曲3選
  • ポールの使用ギター紹介
  • プロフィール情報
  • まとめ

@Paulgilbert_official Ready to do his thing! #paulgilbert #Andertons #ibanez #guitarclinic

Andertons Music Companyさん(@andertonsmusicco)がシェアした投稿 -

ポールと音楽の出会い

ポール・ギルバートはアメリカのイリノイ州で生まれました。叔父の影響を受けたポールは幼少期からギターを学び始めます。ビートルズやクラシックなどを中心に練習していたみたいですよ!

Paul gilbert masterclass in bristol was amazing the guy can play anything! #paulgilbert #paulgilbertibanezguitar @paulgilbert_official

Mark Jolly Williamsさん(@jollyweird666)がシェアした投稿 -

音楽の熱が冷めなかったポール。高校はロサンゼルスの音楽専門学校へ進学。あまりにもギターがうますぎたため、なんとこの高校を1年で卒業してしまいます!そして、なんとこの高校の教師に就任。この高校とは運命だったのかもしれませね!

1986年には「レーサーX」を結成し、他にも「Mr.Big」というバンドも結成しました。「To Be With You」という曲が全世界で大ヒットし、ポールは瞬く間にスターの仲間入りを果たします。

ソロとして新たなスタート!しかし、、

1997年にMr.Bigを活動休止にし、ポールはソロに転向。1999年にバンドが再結成してもポールはバンドには戻らずに、ソロとしての道を歩み始めました。

ソロとしても何枚かアルバムを出したのですが、バンドにいた時に比べるとイマイチな結果に。ライブは精力的に行っていたのですが、ヒットソングはなかなか出ませんでした。

ソロとしての道を選び、バンドの再結成の誘いも断ったのですが、1999年にポールは再び「レーサーXに戻ります。そして2009年には「Mr.Big」にも合流。ソロとしての活動が思うように行かず、再びバンドとして活動をスタートさせました!

ポール・ギルバートは現在もバンドのメンバーとして精力的に活動しています!

光速プレイスタイル!ポールの魅力は?

ポール・ギルバートといえば「光速ギタリスト」。速弾きを得意としており、その実力はかなりのものです。速弾きだけに注目したら、世界一と言っても過言ではないかもしれません!

@paulgilbertrock @paulgilbert_official #paulgilbert #guitar #guitarplayer #gtr #ibanez #photography #canon?

André Motaさん(@andremotafotografia)がシェアした投稿 -

他にも、タッピングやストリングスキッピングなどを駆使したハードロックなテクニカルプレイを得意としています。

また、作曲家としての才能もあり、アイディアマンという愛称もあります。色々なジャンルの音楽を組み合わせたり、歯で演奏したりと普通ではないアイディアを持っているのがポール。そのアイディアを曲に入れたいというミュージシャンも多く、彼に作曲を依頼するミュージシャンも多いみたいです。

「光速のギタリスト」、「アイディアマン」。この二つの魅力がポールの特徴です。

ポールの音を体感!おすすめ曲3選

Paul`s Gitar Play

まずはポールの破天荒なギタープレイをみてください!アイディアマン、光速のギタリストポールとはこの人です!

To Be With You

Mr.Bigよりこの曲を紹介します。誰もが聞いたことのある曲です。全世界で大ヒットした名曲中の名曲です!

Undertow

ロック色が強いこの曲。男らしく、熱い気持ちにさせてくれますよ!

ポールの使用ギター紹介

気になる光速のギタリスト、ポールの使用ギター!ここで一挙大公開します!

Ibanez PGM300

Finally ????? #IbanezPgm300 #QuintaIsLife #RakkNaThis

Christian Evangelistaさん(@chris_sessoms)がシェアした投稿 -

Ibanez PGM401

\m/ pic by @nacho.bugallo #ibanez #ibanezpgm #ibanezpgm401 #guitar #electricguitar

Leanさん(@lean.m.fiore)がシェアした投稿 -

Ibanez AFJ85

他にも下記のようなギターを使用しています。

  • Ibanez PGM80P
  • Ibanez FRM150
  • Ibanez FRM100
  • Ibanez PGM700
  • Ibanez PGM Double-Neck Electric Guitar

プロフィール情報

  • 名前:ポール・ギルバート(Paul Brandon Gilbert)
  • 生年月日:1966年11月6日
  • 出身地:アメリカ合衆国イリノイ州
  • ジャンル:ハードロック、ヘヴィメタル
  • 担当楽器:ギター
  • 所属バンド:Mr.Big
  • 公式ホームページ
  • Twitter:@PaulGilbertRock
  • facebook:@paulgilbertmusic

まとめ

光速のギタリストとして速弾きを得意とするポール・ギルバート。彼のギターテクニックは世界でもトップを争います!後世に残るギタリストとして今後も素晴らしいアイディアで私たちを魅了してくれると思います。皆さんもこれを機会に、ポールのギタープレイに酔いしれてください!

この記事に関連する商品

ストラトキャスターで動物たちの鳴き声を再現!?エイドリアン・ブリュー

ストラトキャスターで動物たちの鳴き声を再現!?エイドリアン・ブリュー

フランク・ザッパのバックバンドを務めたり、デヴィッド・ボウイのツアーやアルバムレコーディングに参加したエイドリアン・ブリュー。ケンタッキーで生まれ、ありとあらゆる仕掛けが備えられたフェンダー・ストラトキャスターを操るギタリストとして知られ、なんと象や猫、サイなど動物たちの鳴き声をギターで表現す...

楽器のマルチプレイヤー!トレント・レズナーの使用機材&おすすめ曲3選!

楽器のマルチプレイヤー!トレント・レズナーの使用機材&おすすめ曲3選!

トレント・レズナー(Trent Reznor)はアメリカ合衆国出身のミュージシャンです。ギターやキーボードなど多くの楽器を使いこなせるマルチプレイヤーで、楽器ごとに全く違った顔を見せてくれるのがトレント。多くの楽器を使えるため、作曲家としても活動しています。今回はそんなトレントの使用機材やおす...

グレッチ ホワイトファルコンの特徴とラインナップ

グレッチ ホワイトファルコンの特徴とラインナップ

「世界一美しいギター」として称される事が多いグレッチの「ホワイトファルコン」はその美しい白さとゴールドパーツが魅力的なモデルです。経年変化によるクリーム色への変化も味わいの一つとして題されグレッチの中でも最上機種として扱われています。この記事ではそんなホワイトファルコンの魅力と特徴、ナインナッ...

付属のギターケースで満足してませんか? 個性を出すギターケースのオススメ5選

付属のギターケースで満足してませんか? 個性を出すギターケースのオススメ5選

ギターを運ぶギグバック。最初からついているものだと薄いし衝撃に耐えられるか不安、と思うことありますよね。そんな時はちょっといいギグバックを買ってみるのはどうでしょう。オシャレなものもありますし、部活やライブの楽屋から目立つこと間違いなしです。

どう変わった?フェンダージャパンとフェンダージャパンエクスクルーシブの比較まとめ

どう変わった?フェンダージャパンとフェンダージャパンエクスクルーシブの比較まとめ

フェンダージャパンが2015年3月に生産を終了し、後継的な位置づけで発表されたのが、フェンダージャパンエクスクルーシブ(Fender Japan Exclusive)ですね。しかし、唐突にブランドが変わり、シリーズのラインナップも変わってしまったのでイマイチ何が変わったのか掴めていない方もいる...

おすすめの記事一覧

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト  ジョー・ペリー

多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

楽器・機材を探す