伝説の名機M1がiPadでよみがえる、KORG iM1アプリの特徴!

デジタルシンセサイザーではFM音源のヤマハDX7とPCM音源のKORG M1が双璧の名機と言われています。中でもM1の抜けの良いサウンドは、今でも沢山のファンがいます。そのM1サウンドがiPadで再現されています。

今回はiPadアプリKORG iM1 for iPadの特徴をご紹介します。

目次

  • デジタルシンセサイザーの名機M1
  • ソフトウェアシンセとして復活
  • ついにiPadアプリとして登場
  • まとめ:DTM市場のiOSアプリの動向に注目

デジタルシンセサイザーの名機M1

1988年に発売されたKORG M1は、シーケンサー機能とデジタルエフェクト機能を本格的に導入した”ワークステーション”として、総合的な楽曲創りができる、最初のデジタルシンセサイザーとして良く知られています。

キーボードに複数の音色を組み合わせるレイヤーや、スプリット等の機能を導入したのも、M1あたりからではないでしょうか。

そして、何にも増して、その独特の、いかにもシンセ的なシャリーンとした音色は、最近のナチュラル志向のシンセにはない持ち味を持っています。それまで、経営不振もありヤマハからのサポートを受けていた、KORGがM1の成功で勢いにのり、経営面でも大きな影響を与えた1台となりました。

当時は日本だけでなく、海外の著名アーティストもM1を使用し、デジタルシンセサイザーとしては画期的な10万代を超す、ベストセラー機種となり、その後のシンセサイザーの基本モデルにもなっています。また、キレの良いデジタルピアノの音色は、”M1ピアノ”として、その後のシンセサイザーにも移植されており、その音色には定評があります。

ソフトウェアシンセとして復活

そんな名機をソフトウェアシンセとして2005年に甦らせたのが、KORG Legacy collectionです。ハードウェアシンセサイザーM1の後継機種である、M1EXをソフトウェアシンセとして、完全サンプリングして発売しました。その機能はM1を超えるものでした。

ソフトウェアシンセがある意味ではハードウェア・シンセに追いつき、DTMが本格的に音楽づくりの正面に出てきた時代でもあります。KORG Legacy collectionでは、M1の機能に加えて、M1時代にはカセットROMで提供されていた、増設PCM音源も内蔵し、プログラム・データを含む強力なソフトウェアシンセとして登場しました。

ついにiPadアプリとして登場

そして、2015年に、ついにiPad版M1、iM1が3600円(為替などによって変動)で登場しました。M1の価格が確か10万円弱ですから、28分の1の価格で、あのM1サウンドが手に入るような時代になりました。iOSアプリにおける音楽ソフトの成長には、眼を見張るものがあります。

iM1は、単にM1をコピーするだけでなく、エフェクトの強化や、新たに、カオシレーターモード(XYパッドによる操作)を取り入れ、iPadに最適化された、ユーザーインターフェースを用意しました。M1時代の小さな液晶画面にくらべると、iPadの大きな画面は使いやすさの面では大きな進歩です。

M1が9Kgであったのに対して、iPadは、カバンの中に入れて持ち運べる便利なシンセです。その活用場面も大きく拡大します。

もちろん、midiキーボードとの接続や、bluetooth midiを利用したワイヤレスな接続も可能です。その他、KORG Gadjetとの連携や、Audio busやInter-App に対応することによって、Garage BandやiCubasisなどの、iOSアプリの音源としても活用できるなど、iOSの機能を十分活用できるアプリになりました。

まとめ:DTM市場のiOSアプリの動向に注目

M1という歴史的なデジタル・シンセサイザーがハードウェア・シンセが、ソフトウェアシンセに進化し、さらにiOSアプリへと進むプロセスは、まさに現代のDTMの進化の象徴です。

しかし、そこにはM1が作り上げた、「universe」といった伝説の音色がしっかりルーツとして残っています。DTMに最近AI技術が導入されるようになってきましたが、M1の歴史、そして音色は今後も継続するのでしょう。

この記事に関連する商品

これぞ本家のクオリティ!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴と評価まとめ

これぞ本家のクオリティ!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴と評価まとめ

アメリカのギター老舗ブランド、フェンダーUSAのストラトキャスターといえば、押しも押されぬ超有名ギターであり、レスポールと並んで世界で最も普及しているギターシェイプの草分けでもあります。1954年に発表されて以降、販売不振などに苦しみながらも、1960年代後半のジミ・ヘンドリックス、エリック・...

もう一段レベルアップしたいあなたに!オルタネイトストロークの練習法とコツ

もう一段レベルアップしたいあなたに!オルタネイトストロークの練習法とコツ

ギター初心者のころに、簡単そうに見えて意外とできないものの一つに、オルタネイトストロークがあります。シンコペーションなどの複雑なリズムを、速いスピードで安定してこなすにはオルタネイトを身につけるのがもっとも近道なのですが、うまくいかないじれったさから全てダウンピッキングでこなそうとしてしまう方...

FIASCO3、Dezille Brothersのベーシスト、鈴木渉って何者?

FIASCO3、Dezille Brothersのベーシスト、鈴木渉って何者?

ギタートリオ「FIASCO3」、椎名純平率いる独特の雰囲気が魅力の「Dezille Brothers」のベーシストとして活動している、鈴木渉という人物をみなさんご存知でしょうか?大御所のアーティストたちのセッション・ベーシストを務めながら、自分たちのバンドを育てているこの魅力ある鈴木渉というベ...

歪みを使いこなそう!オススメのディストーションペダル

歪みを使いこなそう!オススメのディストーションペダル

昔の楽曲に比べると、「歪み」と言われるサウンドは激しいものが好まれる傾向にあります。一言に「歪み」と言ってもその種類は多く、お目当の歪み系エフェクターに中々出会えずにお困りの方も多いのでは無いでしょうか?この記事では歪み系の中でも「ディストーション」と呼ばれるカテゴリーの中から人気の高い、おす...

耳だけでエレキギターをチューニングできる、ちょっとしたコツ

耳だけでエレキギターをチューニングできる、ちょっとしたコツ

「なんか音がおかしいけどチューナーが手元にないなあ」「ちょっとピッチが狂ってる気がするけどチューナーを設定するのがめんどくさい」そんな悩みを抱えてるみなさん、いませんか?ハーモニクスなどを使って自分の耳だけでチューニングしている人を見ると、「この人すごいかも」って思ったりしますよね。この記事で...

おすすめの記事一覧

ピックアップ交換で更なる音質向上を目指そう!Suhrピックアップのラインナップと特徴!

ピックアップ交換で更なる音質向上を目指そう!Suhrピックアップのラインナップと特徴!

マンドリンやドブロ、バンジョーも演奏するイーグルスのギタリスト  バーニーレドン

マンドリンやドブロ、バンジョーも演奏するイーグルスのギタリスト バーニーレドン

レス・ポールでフリートウッド・マックを立て直したアメリカン・ギタリスト  ボブ・ウェルチ

レス・ポールでフリートウッド・マックを立て直したアメリカン・ギタリスト ボブ・ウェルチ

ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトン、ジェフ・ベックなどストラトキャスターを愛用するギタリストたち

ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトン、ジェフ・ベックなどストラトキャスターを愛用するギタリストたち

西のイーグルスに対する東のオーリアンズのサウンドを支えたジョン・ホール

西のイーグルスに対する東のオーリアンズのサウンドを支えたジョン・ホール

ウリ・ジョン・ロートから譲り受けた32フレットのスカイ・ギターを操るヘルゲ・エンゲルケ

ウリ・ジョン・ロートから譲り受けた32フレットのスカイ・ギターを操るヘルゲ・エンゲルケ

“神”はエリック・クラプトン、“グリーン・ゴッド”はピーター・グリーン

“神”はエリック・クラプトン、“グリーン・ゴッド”はピーター・グリーン

名曲を英語詞でカバー!BENIのおすすめ曲5選

名曲を英語詞でカバー!BENIのおすすめ曲5選

P.G.M創立者が手がけるプライベートブランド!K.Nyui Custom Guitarsの特徴とおすすめ!

P.G.M創立者が手がけるプライベートブランド!K.Nyui Custom Guitarsの特徴とおすすめ!

“スカンク”ジェフ・マクフィーの後を継ぎ、ドゥービー・ブラザーズに加入したジョン・マクフィー

“スカンク”ジェフ・マクフィーの後を継ぎ、ドゥービー・ブラザーズに加入したジョン・マクフィー

楽器・機材を探す