AKAI professional EWI-USBでT-SQUAREを演奏しよう!その特徴も紹介!

ウィンド・シンセサイザーという楽器をご存知の方はあまり多くは無いと思いますが、T-SQUAREという名前はご存知の方も多いと思います。彼らがリード楽器として利用していたのが、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWIシリーズです。 この記事では、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWI-USBの特徴と使い方について解説します。

目次

  • T-SQUAREで広まった
  • 音源をもたない強み
  • EWI-USBの特長と使い方
  • まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

T-SQUAREで広まった

まずは、T-SQUAREの演奏をご覧ください。TVコマーシャルなどにも、使われているので、耳にした方も多いと思います。ヒット曲TRUSHはF1グランプリのテーマ曲にもなり、彼らの名前を一躍日本全国に広めました。

ウィンド・シンセサイザーは、サックスやフルートなどの木管楽器の奏法で、シンセサイザーを演奏する楽器として、誕生しました。多くのメーカーから製品が発売されましたが、市場リーダーとして、生き残ってきたのは、AKAIとヤマハの2社で、T-SQUAREが使っていたのは、AKAIの製品です。

特に、タッチセンサーを利用していることで、早いフレーズへの対応が特徴です。

音源をもたない強み

ウィンド・シンセサイザーは、大きく2種類に分類することができます。具体的には、音源を自ら持っているものと、midiコントローラーとしての機能のみで、音源は外部のハードウェア、ソフトウェア音源に任せるもので、EWI-USBは音源を持たないコントローラーです。

AKAIでは、EWI-USB以外は音源内蔵ですが、EWI-USBは音源を持たないことで、軽量であること、音源、特にソフトウェア音源の将来の技術革新に対応できること、ソフトウェアの機能によってですが、単音だけでなく、コードやアルペジオ奏法などもできるなど、発展性を持っています。

EWI-USBの特長と使い方

シンセサイザーといえば、キーボードを連想するように、現代のシンセサイザーは、一般的にキーボード・シンセサイザーをイメージすると思います。では、なぜ、ウィンド・シンセサイザーを利用するのでしょうか?それは、ひとえに感性的な要素が強いと思います。

キーボードを巧みに使って、サックスやフルート系の音を鳴らす人もいますが、やはり、管楽器に近い形態のウィンド・シンセサイザーの方が様になります。また、管楽器のなめらかな音色を表現するためには、管楽器の特性を取り入れた、ウィンド・シンセサイザーが適しています。

管楽器はB♭などの移調楽器が多いのですが、デジタルの強みで、移調も簡単です。さらに、息を挿入することによって、発音するので、弦楽器の発音状態とも相性が良いと言われています。 唯一の難点は、基本的に単音楽器であることですが、これも工夫することで、かなりの部分克服することができます。

具体的には、音源ソフトが持っている、コード演奏機能や、アルペジオ機能の利用です。例えば、アップルのMainstage3では、midiプラグインを利用して、一つの音程で、コードを鳴らしたり、アルペジオを演奏することができます。他のソフトでも同様の機能を持っていることが多いので、是非、試してください。

まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

ウィンド・シンセサイザーは、ヤマハがWX5を1998年に発売して以来、新製品を導入していません。ヤマハのWX5はAKAIに比べて、運針面で優れているので、是非、新製品を導入してほしいと思います。

AKAIもEWI-USBを2008年、ワイヤレス機能を搭載したEWI-5000を2014年に発売して、ほぼ動きが止まったように感じましたが、ローランドが2016年にAerophone AE-10で市場参入を果たしました。

AE-10はどちらかというと、クラッシックの分野を意識して、ナチュラルな音色を売り物にしていますが、ウィンド・シンセサイザーの世界に、また活気が持たらしました。そして、T-SQUAREに続く、新しいアーティストの誕生が待たれます。

この記事に関連する商品

ライブパフォーマンスの決め手!キーボードスタンドの種類と機能!

ライブパフォーマンスの決め手!キーボードスタンドの種類と機能!

ライブでキーボードを演奏する時、立って弾く人と座って弾く人がいますね。ほとんどのキーボードには脚が付いておらず専用のスタンドに乗せて演奏します。ライブハウスやリハーサルスタジオにはキーボードスタンドが置いていますが、自宅練習をする場合は自分で所持しておく必要があります。 またスタンドによってキ...

ファンフレット搭載でクリアな音像が魅力!Dingwall Guitarsの特徴とモデル!

ファンフレット搭載でクリアな音像が魅力!Dingwall Guitarsの特徴とモデル!

ファンドフレットというものをご存知でしょうか。ナット、ブリッジを斜めに配しそれに準じてフレット扇状に打つことにより低音弦側のテンションを稼ぐことができテクニカルなプレイをすることが多い高音弦側のテンションはそのまま、という驚きのフレッティング技術のことです。アコースティックギターでは比較的以前...

『響け!ユーフォニアム』に学べ!金管楽器と木管楽器の違いまとめ

『響け!ユーフォニアム』に学べ!金管楽器と木管楽器の違いまとめ

最近京都アニメーション制作のアニメ、『響け!ユーフォニアム2』が話題になっていますね。筆者も、一期からのファンです。このアニメを機に、吹奏楽や吹奏楽で演奏される楽器に興味を持たれた方もいるのではないでしょうか?アニメを見ている方はもちろん、アニメは知らないけど吹奏楽に興味がある初心者の方々たち...

三大ギタリスト「白いジミヘン」ジョン・フルシアンテの名曲まとめ

三大ギタリスト「白いジミヘン」ジョン・フルシアンテの名曲まとめ

ジョン・フルシアンテはレッド・ホット・チリ・ペッパーズに1989年途中加入しました。一時期は、脱退もありましたが1999年に復帰しました。そこで魅せた「枯れたギター」と呼ばれるサウンドにより「白いジミヘン」と称されるようになりました。2007年には、ローリングストーン誌が選ぶ「現代の三大ギタリ...

技術力の高さが売り!トーカイエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

技術力の高さが売り!トーカイエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

日本が世界に誇る楽器メーカーの一つであるTokai(トーカイ)は東海楽器製造株式会社の独自ブランドとして発展してきました。それぞれの機種が、独自性に溢れておりギター作りに対する思いが伝わってくるようなギターを作っています。この記事ではトーカイのエレキギターについて、特徴と種類、おすすめのシリー...

おすすめの記事一覧

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

同じバンドにいる事自体がスゴいツートップを擁する”ロックバンド

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

スタジオミュージシャンやプロデューサーとしてAORの代表的なギタリストとなったジェイ・グレイドン

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

レス・ポール片手にデヴィッド・ボウイとグラムロックの世界を創造したミック・ロンソン

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

ドッケンのギタリストとしてブレイクし、個性的なシグニチャーモデルを使用するジョージ・リンチ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

楽器・機材を探す