AKAI professional EWI-USBでT-SQUAREを演奏しよう!その特徴も紹介!

ウィンド・シンセサイザーという楽器をご存知の方はあまり多くは無いと思いますが、T-SQUAREという名前はご存知の方も多いと思います。彼らがリード楽器として利用していたのが、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWIシリーズです。 この記事では、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWI-USBの特徴と使い方について解説します。

目次

  • T-SQUAREで広まった
  • 音源をもたない強み
  • EWI-USBの特長と使い方
  • まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

T-SQUAREで広まった

まずは、T-SQUAREの演奏をご覧ください。TVコマーシャルなどにも、使われているので、耳にした方も多いと思います。ヒット曲TRUSHはF1グランプリのテーマ曲にもなり、彼らの名前を一躍日本全国に広めました。

ウィンド・シンセサイザーは、サックスやフルートなどの木管楽器の奏法で、シンセサイザーを演奏する楽器として、誕生しました。多くのメーカーから製品が発売されましたが、市場リーダーとして、生き残ってきたのは、AKAIとヤマハの2社で、T-SQUAREが使っていたのは、AKAIの製品です。

特に、タッチセンサーを利用していることで、早いフレーズへの対応が特徴です。

音源をもたない強み

ウィンド・シンセサイザーは、大きく2種類に分類することができます。具体的には、音源を自ら持っているものと、midiコントローラーとしての機能のみで、音源は外部のハードウェア、ソフトウェア音源に任せるもので、EWI-USBは音源を持たないコントローラーです。

AKAIでは、EWI-USB以外は音源内蔵ですが、EWI-USBは音源を持たないことで、軽量であること、音源、特にソフトウェア音源の将来の技術革新に対応できること、ソフトウェアの機能によってですが、単音だけでなく、コードやアルペジオ奏法などもできるなど、発展性を持っています。

EWI-USBの特長と使い方

シンセサイザーといえば、キーボードを連想するように、現代のシンセサイザーは、一般的にキーボード・シンセサイザーをイメージすると思います。では、なぜ、ウィンド・シンセサイザーを利用するのでしょうか?それは、ひとえに感性的な要素が強いと思います。

キーボードを巧みに使って、サックスやフルート系の音を鳴らす人もいますが、やはり、管楽器に近い形態のウィンド・シンセサイザーの方が様になります。また、管楽器のなめらかな音色を表現するためには、管楽器の特性を取り入れた、ウィンド・シンセサイザーが適しています。

管楽器はB♭などの移調楽器が多いのですが、デジタルの強みで、移調も簡単です。さらに、息を挿入することによって、発音するので、弦楽器の発音状態とも相性が良いと言われています。 唯一の難点は、基本的に単音楽器であることですが、これも工夫することで、かなりの部分克服することができます。

具体的には、音源ソフトが持っている、コード演奏機能や、アルペジオ機能の利用です。例えば、アップルのMainstage3では、midiプラグインを利用して、一つの音程で、コードを鳴らしたり、アルペジオを演奏することができます。他のソフトでも同様の機能を持っていることが多いので、是非、試してください。

まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

ウィンド・シンセサイザーは、ヤマハがWX5を1998年に発売して以来、新製品を導入していません。ヤマハのWX5はAKAIに比べて、運針面で優れているので、是非、新製品を導入してほしいと思います。

AKAIもEWI-USBを2008年、ワイヤレス機能を搭載したEWI-5000を2014年に発売して、ほぼ動きが止まったように感じましたが、ローランドが2016年にAerophone AE-10で市場参入を果たしました。

AE-10はどちらかというと、クラッシックの分野を意識して、ナチュラルな音色を売り物にしていますが、ウィンド・シンセサイザーの世界に、また活気が持たらしました。そして、T-SQUAREに続く、新しいアーティストの誕生が待たれます。

この記事に関連する商品

初心者に絶対おすすめ!エレキギター&ギターお助け道具達

初心者に絶対おすすめ!エレキギター&ギターお助け道具達

これからギターを始めようと思う方、もしくはもう始めている方にも役立つグッズを紹介していきたいと思います。今回はエレキギターにフォーカスしてご紹介します!楽器は最初は誰でもつまずくものです、そこを初心者の方が、つまづきやすい最初を乗り越えるグッズ達をお教えいたします!是非使って楽しみながら楽器を...

レトロな個性派! ダンエレクトロギターの特徴と人気モデルを紹介

レトロな個性派! ダンエレクトロギターの特徴と人気モデルを紹介

かのジミー・ヘンドリクスも愛用していた事で知られる個性派ギター「ダンエレクトロ」をご存知でしょうか?非常にレトロな味わいのルックスと発売当時は「芯がない」と酷評を受けてしまったサウンドも、現代ではダンエレクトロでしか出せないサウンドとして人気を集めています。この記事ではそんなダンエレクトロの特...

ワンランク上の音作り。ギタリストに必要なMIXエンジニア的思考

ワンランク上の音作り。ギタリストに必要なMIXエンジニア的思考

最近はギタリストの人がDAWを使用することもあって、エフェクターボードを作るときにMIXエンジニア的思考をされている方が多くなってきました。MIXを通じて楽曲の音を俯瞰でみれる人が増えたのですね。今回はこのような考え方を理解し、ギター単体のことしか考えていない音作りから、バンド全体における自分...

プレべ、ジャズベに続く定番ベース、スティングレイの特徴と魅力を徹底解説!

プレべ、ジャズベに続く定番ベース、スティングレイの特徴と魅力を徹底解説!

<p style="text-align: left;">ミュージックマンの代表モデルであり、レッチリのフリーが使用していることでもおなじみのスティングレイベース。</p>定番であるプレべ、ジャズベと並ぶほどの人気がありますスティングレイベース。この記事では、スティングレイの魅力的な特徴や価格...

ロカビリーならグレッチ!グレッチギターの魅力

ロカビリーならグレッチ!グレッチギターの魅力

グレッチ(Gretsch)といえば、ホロウボディのギターでロカビリーやロックを彷彿とさせますね!ここでは、グレッチはどんな魅力を持ったメーカーか紹介していきます!

おすすめの記事一覧

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

3種類のリズムモジュールを収録する「Groove Agent 4」

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親   サニー・ランドレス

“ビハインド・ザ・スライドプレイ”の生みの親 サニー・ランドレス

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

Seinbergのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

ギブソンやレス・ポールを奏でる“生命の子”アレックス・ライフソン

ギブソンやレス・ポールを奏でる“生命の子”アレックス・ライフソン

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

プログレッシブ・バンドの代表格“イエス”の命名者 ピーター・バンクス

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

楽器・機材を探す