自宅練習に最適!おすすめヘッドホン特集!

こんにちは。皆さんはギターを練習する際にヘッドホンを使用していますか?日本の住宅環境上、アンプを鳴らして練習するのではなくヘッドホンをアンプやパソコンに挿して練習する方も多いのではないでしょうか。 しかしヘッドホンによっては低域が出過ぎていたりハイがキツかったりなど、音質に差があるもの。そこで今回はギターを練習するためのおすすめヘッドホンをご紹介致します!

目次

  • SONY MDR-CD900ST
  • Audio-technica ATH-M50x
  • SHURE SRH840
  • AKG K240mk2
  • まとめ
 

How's your Saturday? ? #Repost @theraush ・・・ Mornings be like #eveaudio #sc307

EVE Audioさん(@eveaudio)がシェアした投稿 -

SONY MDR-CD900ST

 

多くのプロがレコーディングで使う、業務用ヘッドフォン....!!! 素晴らしすぎて、鳥肌立った??✨ いつも聴いてる曲、今まで知らなかった音が沢山聞こえる♬感動?? 源さんもレコーディングとか、ラジオで弾き語りするとき使ってるやーつ....このヘッドフォンで音確認して、世に出してるんだね....スギョイ!同じ音が聞こえてるのか?! こないだの王様のブランチでも、買ってた!没収されてたけど?(笑) マッキーのコンサートアルバム聴いてみたら、、、ピアノの響きやばい〜〜〜〜〜〜 アーティストの息づかいまで全部全部ぜんぶ聞こえるうぅうう〜〜ヽ(;▽;)ノ✨✨ 就職祝いでいただいちゃった〜〜〜〜〜〜、、、一生大切にする! #sony#sonymdr#sonymdrcd900st#mdrcd900st#cd900st#ソニー#ヘッドホン#星野源

Haruka.M (はる薫)さん(@harukaoru)がシェアした投稿 -

モニターヘッドホンの定番といえばこの機種、SONYのMDR-CD900ST。1989年に発売されて以来様座な音楽シーンやレコーディングスタジオでリファレンスモニターヘッドホンとして使用されています。 低域がスッキリとしたフラットな出音で音楽業界の標準サウンドとして使用されているのもうなずけますね。 強みはやはり業界スタンダードとしての信頼性、そして故障用のパーツが豊富にあるのでケーブルの断線やイヤーパッドのほつれなどが起きたときにもすぐに修理することが出来る点でしょうか。 音作りやMIXなどの最終確認用として使うのもいいですね。

AUDIO TECHNICA ATH-M50x

 

#FanPhotoFriday: #M50x #headphones are enjoying the spotlight in this pic from @fernando_tlrado! #ATHM50x #audio #proaudio #dbrandskins

Audio-Technica USAさん(@audiotechnicausa)がシェアした投稿 -

Audio-technicaはいくつものヘッドホンを発売していますがその中でもこのATH-M50xはスタジオモニター用として開発されました。 音は味付けなくフラットでハイレンジとスタジオモニターヘッドホンらしいものになっています。 遮音性の高いイヤーパッドは大きく、耳に負担がかかりにくいため長時間の使用にも適している他高い耐久性も兼ね備えています。 加えて、ケーブルは着脱式で場面に応じて長さを調整できる他ヘッドホン自体が折りたたみの機構を採用しているため持ち運びにも便利です。

SHURE SRH 840

マイクやワイヤレス製品でも大規模な市場を持つSHURE社が発売しているモニターヘッドホンの中でもハイエンドに位置するモデルです。 精度の高いフラットな出音ながらも抜けがよく、また解像度にも優れているためMIXの粗探しにも使える高精度なスタジオモニターヘッドホンです。 やや重く締め付けがありますが、それ故の装着感および遮音性は他のヘッドホンに追随を許さないものになっています。

AKG K240mk2

こちらもマイク等のレコーディング向け製品で有名なAKG社のスタジオモニターヘッドホンです。 今まで紹介してきたヘッドホンと違うのはセミオープン型の開放機構を採用していること。開放型独特の奥行きや立体感を感じることのできるモデルになっています。 リファレンス用のスタジオモニターヘッドホンはフラットな味付けという特性のためにリスニングには物足りないと思われる方もいるようですが、このモデルは様々なジャンルのリスニングにも使いやすいことも特徴でしょう。 加えて頭のサイズに合わせてヘッドバンドが動く「セルフアジャスト機構」を採用しているため頭部に重さを感じにくく長時間の使用にも適しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。ヘッドホンは音作りの根幹に関わる大事なファクターですからやはりこだわりたいですね。 それでは。

この記事に関連する商品

シンプルで美しい!フェンダーUSAテレキャスターの特徴と評価まとめ

シンプルで美しい!フェンダーUSAテレキャスターの特徴と評価まとめ

フェンダーUSAのテレキャスターは、「大量生産を可能にした世界初のソリッド・エレキギター」であると言われています。その個性的なボディシェイプと、高音域に強い、特徴のあるパキっとした音が魅力で、1952年に販売が開始されて以来、現在に至るまでほとんどデザインを変えないまま世界中で愛されています。

アグレッシブなEDM兄弟、DVBBSのオススメ定番曲

アグレッシブなEDM兄弟、DVBBSのオススメ定番曲

みなさんはDVBBS(ダブズ)というEDMデュオを知っていますか?DVBBSは兄弟で結成されたEDMデュオで、TomorrowlandやUltra Music Festivalなどにも出演する超有名DJ。2014年の世界人気DJランキングで初登場20位を獲得。まさに今、乗りに乗った超人気EDM...

近未来型ギターブランド「TALBO(タルボ)」の魅力とは?

近未来型ギターブランド「TALBO(タルボ)」の魅力とは?

GIBSONやFENDERなど数多くの有名ギターブランドの殆どが海外ブランドの中、日本の繊細かつ精密な技法が生みだしたギターが今回紹介する「TALBO(タルボ)」です。TALBOは鋳造(ちゅうぞう)と言う方法で、砂型に800℃以上のドロドロに溶けたアルミを流し込み、ちょうどエンジンやアルミホイ...

種類豊富!アイバニーズ変形ギター系シリーズの特徴とおすすめモデルまとめ

種類豊富!アイバニーズ変形ギター系シリーズの特徴とおすすめモデルまとめ

アイバニーズ(Ibanez)が日本のメーカーということは、少しギターをかじったことがある方ならご存知かと思います。日本の楽器メーカーである星野楽器のギターやベースに名を冠されるブランドです。過去にはイバニーズと呼ばれていたこともありますが、現在ではアイバニーズという呼称に統一されています。アイ...

全てはここから始まる!ヤマハアコギ FG/FSシリーズの特徴とオススメモデル

全てはここから始まる!ヤマハアコギ FG/FSシリーズの特徴とオススメモデル

アコースティックギター(以下アコギ)と言えば…その質問がくればヤマハを思い浮かべる人は多いと思います。ヤマハは日本を代表する楽器メーカーです。それはもちろんアコギにも該当します。日本の楽器屋さんを巡って、ヤマハのアコギを置いていないところを探すほうが難しいかもしれません。そんなヤマハのアコギで...

おすすめの記事一覧

リッケンバッカー370/12の12弦ギターがトレードマークのロジャー・マッギン

リッケンバッカー370/12の12弦ギターがトレードマークのロジャー・マッギン

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

IK MULTIMEDIAのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

Digital Performer 9の操作性はトップクラス

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

エレキギターの王道レスポールの選び方と種類。愛用ギタリストからおすすめメーカーまで!

エレキギターの王道レスポールの選び方と種類。愛用ギタリストからおすすめメーカーまで!

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

これからを担う!!ヘッドウェイのスタンダードシリーズの特徴と代表モデル

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

PreSonusのオーディオインターフェイスの特徴とおすすめ製品

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レコーディング業界の定番!YAMAHAのモニタースピーカーの特徴と音質レビュー!

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

レス・ポールで奏でるワイルドなリフが魅力のロニー・モントローズ

ギブソンやレス・ポールを奏でる“生命の子”アレックス・ライフソン

ギブソンやレス・ポールを奏でる“生命の子”アレックス・ライフソン

楽器・機材を探す