ライブにうってつけのワイヤレスシールド!SHURE&Audio-technicaの特徴とモデル

こんにちは。前回はライブパフォーマンスをするためのマストアイテムといえるワイヤレスシステム、そのなかでもLINE6社の製品を紹介しました。

今回はLINE6に負けず劣らずのワイヤレスシステム市場を獲得しているSHURE社とAudio-technica社のワイヤレスシステム製品の特徴とモデルを紹介していきます。

目次

  • SHURE/Audio-technicaの特徴
  • SHURE GLXD16
  • Audio-technica ATW-1501
  • まとめ

SHURE/Audio-technicaのワイヤレスの特徴

SHURE/Audio-technica共にどちらもマイクやヘッドホンで世界的に有名なオーディオメーカーです。

両社のワイヤレスの特徴は「よりライブに実践的である」という点です。

堅牢なメタルボディを有するレシーバーや内蔵チューナーなどライブをするギタリストにとって嬉しい機能が満載になっています。

それではモデル別に細かい仕様を見ていきましょう。

SHURE GLXD16

Awesome piece of equipment! Can't wait to use this baby on stage! #shure #shureglxd16 #wireless #wirelesssystem

Ian Tuazonさん(@iantuazon)がシェアした投稿 -

GLX-D ギターペダルデジタルワイヤレスシステムは、革新的な LINKFREQ周波数自動マネージメント機能、充電式電池、比類ないShureデザインと構造を組み合わせました。ストロボ式およびニードル式ギターチューナーを搭載する GLXD6 ギターペダル受信機はペダルボードに簡単に取りつけることができ、明瞭度の高いデジタルオーディオとシームレスな操作性を提供します。(出典:公式HPより)

今までのワイヤレスシステムは音質や安定性をある程度犠牲にしているという側面がありましたがSHURE GLXD16は自動的に最適な、つまり電波干渉や音切れなどが起こりにくい周波数帯を選択するLINKFREQシステムを採用しておりこれを解消しています。

頑強なトランスミッターGLXF1と同社初のペダル型レシーバーGLXG6の2つから構成されているSHURE GLXD16は短時間の充電で長時間の運用を可能としており、ストロボタイプとニードルタイプの2つを選択できる高精度のチューナーを内蔵しているなどライブユーズにも適しているモデルです。

使用アーティストにはBABYMETALのギタリスト、大村孝佳氏やGALNERYUSのSyu氏などが使用しており、信頼度の高さが伺えます。

Audio-technica ATW-1501

念願のワイヤレス。 これで私もI CAN FLY〜 #audiotechnica #atw1501 #system10 #bass

Taichi141さん(@taichibass_141)がシェアした投稿 -

Audio-technica ATW-1501は3つのダイバーシティ方式、受信状態の良いアンテナを自動的に選択するベースダイバーシティ方式、時間ダイバー方式、周波数ダイバー方式を採用した革新的なギターワイヤレスシステムです。

チューナーを内蔵したペダルサイズのレシーバーに、電池残量を4ステップで表示するトランスミッター、加えて1台のレシーバーに8台のトランスミッターの同時接続を可能としライブ中のギター持ち替えをスムーズにすることができるマルチペアリングシステムなどライブで使うにあたって痒いところに手が届くような仕様を持っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。SHURE社、Audio-technica社のどちらも独自の機能を有しており甲乙つけがたいですね。

LINE6社のワイヤレスシステム含め、自分の環境にあったモデルを選択してみてください。

それでは。

この記事に関連する商品

使いやすさがウリ!フェンダー PRO JUNIOR IIIアンプを徹底解説!【Fender】

使いやすさがウリ!フェンダー PRO JUNIOR IIIアンプを徹底解説!【Fender】

フェンダーのギターアンプ、PRO JUNIOR III(プロジュニアIII)。シンプルな設計がされているプロジュニアIIIは、フェンダーのギターアンプの中で特に人気の高いモデルです!ここの記事では、そんなPRO JUNIOR IIIの特徴と仕様・スペックなどを紹介していきます!!

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

YAMAHA製レスポールモデル、LP・SLシリーズの特徴

レスポールと言えばギブソンが最も有名なブランドなのは間違いないですが、他社もたくさんレスポールのコピーモデルを生産していますよね。公式に「レスポール」を名乗っているのはギブソン、エピフォンだけですが、ESP、アイバニーズ、YAMAHA、etc...など沢山の種類が存在します。沢山ブランドがある...

アイバニーズ・エレキベース「SR」の特徴・モデルまとめ【Ibanez】

アイバニーズ・エレキベース「SR」の特徴・モデルまとめ【Ibanez】

アイバニーズのエレキベースといえば、癖がなく音作りを楽しむことができる、プレイアビリティが高いなどの特徴のあることで有名ですね。今回は、アイバニーズのエレキベースでも定番のシリーズとなっている「SRシリーズ」の特徴とおすすめのモデルを紹介していきたいと思います。それでは、海外でも評価の高いアイ...

エレキベースのアウトボードプリアンプを活用しよう!使い方と繋ぎ方、おすすめ

エレキベースのアウトボードプリアンプを活用しよう!使い方と繋ぎ方、おすすめ

エレキベースのプリアンプといえば、サウンドメイクができる基本的な機材ですよね。この記事では、エレキベース用のプリアンプの使い方、繋ぎ方、そしてエフェクターとして存在するアウトボードプリアンプをご紹介していきます。<blockquote class="instagram-media" data-...

アンプに通したくなるマーティンレトロシリーズの特徴とおすすめモデル

アンプに通したくなるマーティンレトロシリーズの特徴とおすすめモデル

アコースティックギター(以下アコギ)は音楽シーンの中で多くの活躍の場所があります。弾き語りを一人で楽しむことも楽しいけれど、エレアコ化するとレコーディングやライブパフォーマンス様々な可能性が広がっていきます。マーティンのレトロシリーズはフィッシュマンとの共同開発で、エレアコにしたシリーズです。...

おすすめの記事一覧

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト  ランディー・ローズ

フライングVタイプのオリジナルギターが映えるオジー・オズボーンのファーストギタリスト ランディー・ローズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

“マークⅢ”で奏でるスライドプレイに、マリンバ、シタールなどを操るストーンズの“リーダー”ブライアン・ジョーンズ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

フランク・ザッパの息子はスゴ腕のテクニシャンギタリスト!?ギブソンSGを操るドウィージル・ザッパ

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト  アレキシ・ライホ

モーツァルトに影響を受けたフィンランド人メタルギタリスト アレキシ・ライホ

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

誰もが憧れる!ギブソンレスポールスタンダードの特徴とスペック

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

シーンに絶大なインパクトを残したボーカル&ギターのコンビ

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

百花繚乱80’sバンド 〜個性溢れる4バンドをご紹介〜

楽器・機材を探す