エピフォンの商品一覧

エピフォンの商品を掲載中です。エピフォン(Epiphone)は、現在ギブソン社の傘下ブランドで、エレキギター、ベースの発展に大きく貢献してきました。ジョン・レノンが使用したことで有名なカジノや、EB・サンダーバードといったギブソンスタイルのモデルを低価格で提供しています。ギブソンの廉価ブランドと言われがちですが、豊富な種類やカラーバリエーション、完成度の高さで定評のあるブランドです。

ガッキマニアとは

売る時も買う時も手数料無料!ガッキマニアは楽器に特化したフリマ・情報サイトです。フリーマーケットとして誰でも簡単に出品・購入が可能!今なら7月末迄の出品商品、購入商品は出品手数料・購入手数料無料です!登録は30秒で簡単に行う事ができます

会員登録はこちら

購入の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 欲しい商品を探す
  3. 商品を購入する
  4. 出品者と直接やりとりを行い、支払い、商品を受け取る

出品の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 出品者登録をする
  3. 商品を出品する
  4. 購入されたら代金を受け取り、発送

■エピフォンの歴史、特徴

1957年にギブソンに買収されたエピフォンですが、元々はニューヨークで独立した工房を開いていたメーカーで、バイオリンやマンドリンなどを製作していました。また、バンジョーの設計に関する米国特許も取得しています。1970年代、エピフォンの製造拠点は日本に移され、国内で生産されていましたが現在売られているものは中国製や韓国製が主となっているようです。Epiphone Elitistとなっているものが日本製のモデルになります。ギブソンとの違いは、ロゴが「E」や「Epiphone」となっており、ヘッドの形状もギブソンとは異なっています。代表的な機種はビートルズのジョン・レノンなどが愛用した「カジノ」でしょう。また、個性的なボディシェイプのデザインが気に入ってエピフォンのベースに決めたという方は多いのではないでしょうか。中でもギブソンで人気の高いサンダーバードのエピフォン版としてThunderbird IV Vintage Sunburstはとても人気があります。

■エピフォンの価格帯

ギターキッズにとってギブソンのギターは憧れの一本でしょう。ですが、とてもじゃないけどギブソンなんか買えないと思っている方は多いはずです。そんな方は是非エピフォンをおすすめします。廉価版だからと言って決して悪いものではなく、しっかりとしたサウンドを味わえる出来となっています。全体的なエピフォンの価格帯は初心者の方が手に取りやすい5万円代から10万円代ほどです。もちろん初心者にもオススメですが、ライブで激しくパフォーマンスをするプレイヤーに気軽に使うことができるのでライブ用に1本持っていてもいいかもしれません。