ギブソン SGの商品一覧

ギブソン SGの商品を掲載中です。ギブソン(Gibson)SGはダブルカッタウェイのレスポール・ジュニアを原型とした、レスポールのフルモデルチェンジ版として1961年に発売されたモデルです。SGの特徴は何と言ってもレスポールと比べて断然軽いボディです。

■ギブソン(Gibson)SGの特徴

ダブルカッタウェイということもあり、ハイポジションのフレットまでストレスなく指が届き、リードギターパートにはもってこいの形状です。ちなみにSGはソリッドギターの略称です。SGには高級モデルであるSGカスタムから、比較的安価なスチューデントモデルであるSGジュニアまでいくつかの種類がありますが、ボディとネックの仕様がすべてのモデルでほぼ同じという特徴があります。これにより全モデルに共通してSGらしい粘りのある中音域と抜けの良い高音が味わえます。しかしボディの軽量化により低音はやや迫力不足な面もあります。P-90を搭載しているモデルではジャキジャキとした軽快なサウンド、ハムバッカーピックアップを搭載しているモデルでは荒々しいロックサウンドを楽しめます。SGファンにとってはたまらないサウンドであり、この魅力に取りつかれたギタリストは際限ありません。SGを愛しているギタリストと言えば、やはりアンガス・ヤング(AC/DC)でしょう。もはや彼の代名詞にもなっているSG。このSGなくしてAC/DCのサウンドは生まれません。エリック・クラプトンやフランク・ザッパも有名ですね。

■ギブソン(Gibson)SGの価格帯

価格として、SGスタンダードあたりでは15万弱くらいで購入できるため、比較的手が出しやすい価格ではないでしょうか。もちろんヴィンテージ品になってくると100万を超えるものも出てくるため、そう簡単に買うことはできません。ですが、SGを使っていた身としては一度は100万レベルのモデルを弾いてみたいものです。欠点という欠点はないのですが、強いて言えば、立って弾いた際にヘッド落ちしてしまう点でしょうか。構造上仕方がないのですが、どこかにぶつけないように注意が必要です。SGは軽くて扱いやすいギターですので初心者のデビュー用ギターや女性のギタリストにもおすすめです。筆者自身、高校時代にレスポールからSGにメインギターを持ち替えたのですが、あまりの軽さにステージ上で飛び跳ねながら演奏していた記憶があります。

ギブソン SGに関連する記事

  • トニー・アイオミの使用ギター&おすすめ曲3選!独特の雰囲気なサウンドで魅了!

    トニー・アイオミの使用ギター&おすすめ曲3選!独特の雰囲気なサウンドで魅了!

    トニー・アイオミ(Tony Iommi)はイギリス出身のギタリストです。ブラック・サバスというバンドに所属し、現在もギタリストとして世界中を駆け巡っています!トニーは独特なサウンドとパワーコードを多用したスタイルが特徴的で、彼のギターから響く音はとても魅力的です。今回はそんなトニーの使用ギターやおすすめ曲を紹介しながら、魅力に迫りたいと思います! 

  • 憧れの一本!! 人気機種ギブソンSGの特徴と種類、おすすめシリーズ

    憧れの一本!! 人気機種ギブソンSGの特徴と種類、おすすめシリーズ

    レスポールの後継機種としてギブソン社で販売されているSGは、いまでも人気機種です。他社でもコピーモデルがいくつも出ているほど年齢問わず使用されています。そんなギブソンSGの魅力、特徴、種類、現在のラインナップからおすすめのシリーズをご紹介します。

  • ギブソンが大好き!アンガス・ヤングの使用ギター&おすすめ曲5選!

    ギブソンが大好き!アンガス・ヤングの使用ギター&おすすめ曲5選!

    オーストラリア出身のギタリスト、アンガス・ヤング(Angus Young)。ランドセルを背負って演奏したりと何かと話題になるミュージシャンです。ステージパフォーマンスが派手で、面白おかしいパフォーマンスでファンを楽しまています!今回はそんなアンガス・ヤングの魅力やおすすめ曲、使用ギターなどを紹介していきたいと思います。とても面白いギタリストなので、ぜひ最後までご覧ください!

  • ギブソンの人気ギター、SGの魅力に迫る!特徴とラインナップまとめ

    ギブソンの人気ギター、SGの魅力に迫る!特徴とラインナップまとめ

    ギブソンのギターと言えば、レスポール!実はそのレスポールが発展したのが、SGなんです!ここでは、人気が高いSGについて紹介していきます。

ガッキマニアとは

ガッキマニアは中古楽器の通販・フリマ情報サイトです。ギブソン SGをはじめとする中古楽器の情報サイト。エレキギター、エレキベース、アンプ、エフェクター、イヤホン、ヘッドホン、スピーカー、DJ機器、サックス、パーツ/アクセサリー、シンセサイザー/キーボード、DTM/DAW、ドラムなどのカテゴリがあります。