ギブソン レスポールの商品一覧(3ページ目)

■ギブソン(Gibson)レスポールの特徴

レスポールはギブソン初のソリッドギターであり、レス・ポール氏と共同開発した、いわばシグネチャーモデルです。それまでフェンダー等で一般的であったシングルコイルピックアップではなく、シングルコイルを二つあわせたハムバッカーピックアップを搭載しており、出力や音の大きさが特徴的です。ボディは高音を弾きやすいように削られたシングル・カッタウェイ(一部ダブル・カッタウェイも存在します)でネックはセットネック。リアとフロントのそれぞれにトーンノブとボリュームノブがついています。ストラトキャスターと比較すると非常に重量があり、立って弾くと肩が凝ってしまうほどです。また、ギブソンの楽器は基本的にラッカー仕上げなため、ゴム製のスタンドなどに立てかけておくと塗装が剥げてしまうこともあります。楽器店やインターネット上で注意喚起がされていますが、知らない人も多いので気を付けた方が良いでしょう。

■ギブソン(Gibson)レスポールのラインナップ、愛用アーティスト

一口にレスポールといっても様々なバリエーションがあり、レスポールゴールドトップ、レスポールスタンダード、レスポールカスタム、レスポールジュニア、レスポールスペシャル、レスポールスタジオ、レスポールクラシック、レスポールトラディショナルなどがあります。シグネチャーモデルも多数生産されており、アジア人で唯一のシグネチャーモデルになっているのがB’zの松本孝弘です。レスポールの価格帯としては、安いものであれば15万程度で購入できます。しかしヴィンテージ物となると、かなり高額になるので、本物を見る機会があればじっくりと眺めて拝んでおきましょう。

ギブソン レスポールに関連する記事

  • ギブソン レスポールスタジオ! スタンダードに劣らぬクオリティの秘密

    ギブソン レスポールスタジオ! スタンダードに劣らぬクオリティの秘密

    レスポールスタジオは、一言で言えば本家レスポールスタンダードの廉価版モデルです。木材、配線、ピックアップの仕様など、基本的なところはレスポールスタンダードとほぼ同じ設計ながら、ながら、バインディング(木材の縁取り。保護や装飾の目的で行う)を行わないなどの方法で製造コストを下げ、販売価格を安くしたものということで、素朴な見た目や高いコストパフォーマンスも相まって今でも人気のあるモデルの一つです...

  • 高機能版レスポール! 愛用者の多いギブソンレスポールカスタムの特徴をまとめました

    高機能版レスポール! 愛用者の多いギブソンレスポールカスタムの特徴をまとめました

    レスポールカスタムは1954年にそれまで発売されていたレスポールタイプのギターのハイグレード版として販売されたギターです。「タキシードに似合うギター」というコンセプトのもと開発されました。この記事では、ギブソンのレスポールカスタムについて、その歴史や音・形状の特徴をご紹介します。

  • 廉価版、でもハイクオリティ!ギブソンレスポールジュニアの特徴と違いまとめ

    廉価版、でもハイクオリティ!ギブソンレスポールジュニアの特徴と違いまとめ

    レスポールジュニアは、ハイグレード版レスポールであるレスポールカスタムと合わせて1954年にギブソンから販売された廉価版のモデルで、P-90というシングルコイルのピックアップが積まれたことから他のレスポールシリーズとは一線を画し、個性ある存在として現在に至るまで愛されているギターです。この記事では、ギブソンのレスポールジュニアについて、音や形状、材質の特徴をご紹介します。

  • 実は廉価版? ギブソンレスポールスペシャルの特徴と他シリーズとの違い

    実は廉価版? ギブソンレスポールスペシャルの特徴と他シリーズとの違い

    レスポールスペシャルは、1955年に初めてギブソンから販売されたモデルであり、シングルコイルのピックアップP-90を2機搭載したことと、ダブルカッタウェイの他のレスポールと異なるシルエットが特徴のギターです。この記事では、そんなギブソンレスポールスペシャルの特徴をご紹介します。

ガッキマニアとは

ガッキマニアは中古楽器の通販・フリマ情報サイトです。ギブソン レスポールをはじめとする中古楽器の情報サイト。エレキギター、エレキベース、アンプ、エフェクター、イヤホン、ヘッドホン、スピーカー、DJ機器、サックス、パーツ/アクセサリー、シンセサイザー/キーボード、DTM/DAW、ドラムなどのカテゴリがあります。