フェンダーUSA ジャガーの商品一覧

フェンダーUSA ジャガーの商品を掲載中です。フェンダー(Fender)ジャガーは1962年にフェンダーの最高級機種として発売されたモデルです。トレモロユニットは兄弟機種であるジャズマスターと同じフローティングシステムを搭載していますが、ボディシェイプが若干異なっており、ジャガーはショートスケールのネックが採用されています。

■フェンダー(Fender)ジャガーの特徴

ジャガーは、ジャズマスターよりもエッジの効いた歯切れのいい音色が特徴的です。ジャズマスターやムスタング同様、サスティーンが乏しく、ロングトーンが世の中で求められていくにつれ人気が衰えてしまい、1975年に一度製造中止となっています。しかし、1990年代にニルヴァーナのカート・コバーンが使用した事で人気が再燃。オルタナ、グランジ界で一躍人気の機種となりました。カート・コバーンの使用モデルに倣い、ハムバッカー搭載等の大幅な改造を施すことが流行し、日本ではコピーモデルがフェンダージャパンよりリリースされるまでにいたりました。現在は本家フェンダーでも製造されています。ボディ材は基本的にはアルダー、ネックはメイプル、指板はローズウッドが使用されています。

■フェンダー(Fender)ジャガーの価格帯、愛用アーティスト

使用アーティストは前述のカート・コバーンが有名で、もはや彼の代名詞ともなっているギターです。ほかにも国内ではGLAYのHISASHIやLUNASEAのSUGIZO、チバユウスケや吉井和哉なども愛用しています。価格帯としてはフェンダージャパン製ならば8万から10万ほどで手に入るので、カート・コバーンに憧れているならばちょっと奮発して最初の一本にしても長い間愛用できるギターでしょう。カート・コバーンモデルでも20万以下で買うことができます。フェンダーUSAになると少し価格が上がり、20万から30万前後。ヴィンテージモデルともなると30万~50万ほどになります。ただ、フェンダー社の他のヴィンテージモデルと比較すると、若干ではありますが安めの価格設定になっているように思えますので、こちらを購入してみるのもいいでしょう。

フェンダーUSA ジャガーに関連する記事

  • 【モデル別中古相場】フェンダーUSAジャガーのエレキギターの中古相場まとめ

    【モデル別中古相場】フェンダーUSAジャガーのエレキギターの中古相場まとめ

    フェンダーUSAのジャガーというと、みなさんはどんな印象を持つでしょうか?ご存知の方もいるかと思いますが、ジャガーはもともとフェンダーの最上位機種として販売されたモデルで、現在USAから販売されている定番モデルは非常に高額になっています。そこで、フェンダーメキシコまで視野に入れ、本家フェンダー社から販売されているジャガーの人気シリーズに的を絞り、新品価格と中古相場をまとめました。

  • 鋭さが持ち味!フェンダーUSAジャガーのエレキギター特徴と評価まとめ

    鋭さが持ち味!フェンダーUSAジャガーのエレキギター特徴と評価まとめ

    フェンダーUSAのジャガーといえば、ニルヴァーナのカート・コバーンがメイン機として愛用していたことで非常に有名なギターですね。ジャズマスターの兄弟機種に当たるジャガーは、1962年にフェンダー社の最上位機種として販売を開始され、当初はサーフ・ミュージックなどで人気を得ました。特製の巻数の少ないシングルコイルピックアップにより、ストラトよりもさらに歯切れの良い音が特徴のジャガーでしたが、歪ませ...

  • 一時は生産停止!?フェンダーUSAジャガーのエレキギターの歴史まとめ

    一時は生産停止!?フェンダーUSAジャガーのエレキギターの歴史まとめ

    フェンダーUSA ジャガーといえば、レオ・フェンダーがフェンダー社の最上位機種として販売を開始したギターです。知名度で言えばやはりニルヴァーナのカート・コバーンが仕様したジャガーがもっとも有名で、一時期生産停止にまで追い込まれていたジャガーが現在でも使われているもっとも大きな理由になっていると言えるでしょう。この記事では、大きな変化の歴史をたどったジャガーの軌跡をひもときます。

  • フェンダー ジャガー - フェンダーの最高級機種の魅力

    フェンダー ジャガー - フェンダーの最高級機種の魅力

    1962年にフェンダー社の最高級モデルとして販売されて以来、その用途を変えながらも現在まで使われ続けているジャガータイプのギター。この記事ではそんなジャガーの特徴についてまとめます。