フジゲン エレキギターの商品一覧

フジゲン エレキギターの商品を掲載中です。フジゲン(FUJIGEN)は日本一という意味を込めて「富士」の名を社名に関した富士弦楽器製造株式会社として発足した日本の楽器メーカーです。元々国内外のOEM生産をしており、1983年にはその年のギター生産量世界一位になりました。フジゲンの姿勢は品質を落として安いものを売らないというスタイルを貫いており、高品質なギターにこだわっているメーカーです。

■フジゲン(FUJIGEN)のエレキギター特徴

ストラトシェイプのオデッセイ、レスポールモデルのフレイム、両者のハイブリットモデルのエランの三本柱が主なモデルです。特にエランに関しては七弦モデルもありますので、ヘヴィ志向のギタリストにはもってこいのモデルと言っても良いでしょう。さらにフジゲンの特徴としてはウェブオーダーシステムの楽しさです。これはホームページ上から自分の好みのパーツや色、材料などを指定して世界で一本のオリジナルギターを作れるシステムです。選んだものに応じて画像も表示されますので完成のイメージもつきやすく、買う気がなくても楽しめます。また、メーカーに直でオーダーですので価格も比較的抑えられます。一度筆者の理想のモデルを組んでみたところ、30万以上になってしまいました…。多くのメーカーがセミオーダーを受け付けている中、ネット上でいろいろとレイアウトできるのはフジゲンくらいですので、買う気がなくても是非一度アクセスしてみるのも楽しいですよ。

■フジゲン(FUJIGEN)の価格、愛用アーティスト

価格に関して、オデッセイは15万弱、フレイム、エランは20万前後くらいが大体の相場のようです。オーダーに関しては千差万別ですのでもし購入する気ならある程度の金額は覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。愛用アーティストは意外にも多く、カトウタロウ(BEAT CRUSADERS)、NICOTINE、亮君(マキシマムザホルモン)、TAKUMA(10-FEET)、ジョプリン得能(米米クラブ)などが有名です。これらを見てわかる通り、第一線で活躍している有名アーティストも愛用していることから、楽器としてのクオリティの高さをうかがい知れます。

フジゲン エレキギターに関連する記事

  • 世界に誇る国産ブランド、フジゲンエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

    世界に誇る国産ブランド、フジゲンエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

    FUJIGEN(フジゲン)というブランドをご存知でしょうか?日本を代表するエレキギターのメーカーであり、かつてはあの有名はフェンダーの日本ブランド「フェンダージャパン」の製造も行っていました。その品質はピカイチで人気の高いブランドです。では具体的に、フジゲンエレキギターの特徴や種類、おすすめシリーズをご紹介してきましょう。

  • ストロークから速弾きまでこなせるピック!ジャズ型ピックのおすすめ!

    ストロークから速弾きまでこなせるピック!ジャズ型ピックのおすすめ!

    こんにちは。ピックには様々な種類がありますがみなさんはどのタイプをお使いでしょうか?形によって弾きやすさなども変わってくるので自分のスタイルに合ったピックを選びたいですね。今回紹介するジャズ型のピックは速い演奏を弾くことの多い方やモダンなスタイルを好む方にオススメのピックです。これを機会に、ジャズ型のピックを持って、早弾きやモダンスタイルに挑戦してみましょう!

  • オールマイティに弾ける!ティアドロップ型のおすすめピック!

    オールマイティに弾ける!ティアドロップ型のおすすめピック!

    こんにちは。ティアドロップタイプのピック、皆さんは使ったことがありますか?涙のような形からその名前がついたティアドロップ型ピック、色々なジャンルに対応できるバーサタイルに使えるオールマイティなピックです。オールマイティーに使えるからこそ、ティアドロップ型のピックは、プロからアマチュアの方、全ての人に愛されています。今回はそのティアドロップ型ピックのおすすめを紹介していきます!

  • 迷ったらこれ!トライアングル型ピックのおすすめと特徴!

    迷ったらこれ!トライアングル型ピックのおすすめと特徴!

    こんにちは。皆さんはこだわりの楽器用アイテム、何かありますか?プレイに直結するものからそうでないものまで様々なものがありますが今回はそのなかから最もプレイアビリティに直結するアイテムであるピック、トライアングル型のピックのおすすめと特徴を紹介していきます!