フェンダージャパン エレキギターの商品一覧

フェンダージャパン エレキギターの商品を掲載中です。フェンダージャパン(Fender Japan)とは、かつて日本に存在したギターブランドの一つです。米フェンダー社が日本でより多くのギタリストに安価に購入できるようにをコンセプトとして製造されたのが、フェンダージャパンです。日本メーカーの丁寧で繊細な技術力と、フェンダーの深い歴史、ブランド力が組み合わさったことで、今では国内はもちろん、海外でも大変人気のブランドになっています。現在フェンダージャパンは2015年の4月で生産終了となっております。そのかわり、フェンダーUSAのラインナップにJapan Exclusive(ジャパン・エクスクルーシブ)シリーズとして販売されています。中古ではまだまだ出回っているので、お気に入りの1本を見つけてみてください。

フェンダージャパン エレキギターの歴史、特徴

1982年に設立され、設立後は富士弦楽器製造(現フジゲン)が製造を手がけ、廉価版をスクワイア、ワンランク上の商品がフェンダージャパンとして売り出されました。長野県に拠点を置くダイナ楽器が製造を担当しています。あくまでフェンダーからライセンスを受けて別の会社が製造販売を行っているという形態であり、フェンダーの名を冠していますが本家フェンダーとは全く別のブランドです。フジゲン時代などと見分ける方法としては、フジゲン製は「MADE IN JAPAN」、組み込みがダイナ楽器のものは「CRAFTED IN JAPAN」、完全にダイナ楽器が製造しているものは「MADE IN JAPAN」という表示になっています。日本独自やニッチな市場に向けたアーティストモデルの製造や復刻モデルの発売などが特徴のひとつです。モデルは本家と同じなのでストラトキャスターにはストラトキャスターの特徴が、テレキャスターにはテレキャスターの特徴があります。製造がアメリカ合衆国と日本ですので、もちろん工業規格が異なります。ネジや金属パーツ、ツマミ類など微妙に差がありますので互換性はありません。あくまで似て非なるものなのです。

フェンダージャパン エレキギターの価格帯

工業規格の違いが価格面にどこまで反映されているかは断言できませんが、輸入にかかるコストなども踏まえた上で、フェンダージャパンの方が低価格で販売されています。勘違いしないで欲しいのは、金額が安いからと言って決して悪いギターというわけではありません。楽器全般に言えることなのですが、使用者がどんな音を求めているかによって、例えば5000円のギターでも喉から手が出る程欲しいということもあるのです。

出品