トム・アンダーソン エレキギターの商品一覧

トム・アンダーソン エレキギターの商品を掲載中です。トムアンダーソンは、スタジオミュージシャンや多くの実力派ギタリストから愛される、いわゆる「ハイエンドギター」の製造で知られるアメリカのメーカーです。 ギターの材質、パーツの厳選はもちろんの事、工法やチューニングシステムに至るまで一切の妥協をせず丁寧に作られる事が特徴です。そのため、年間の生産本数は少なくプレミア価格のついたギターも存在します。

TOM ANDERSON トム・アンダーソン エレキギターの歴史

創業者のトム・アンダーソン氏が80年代後半に設立されたメーカーですが、設立以前はシェクター社の社員として製造に関わっていました。 しかし、シェクターが企業買収され、創業者のデビットシェクター氏が解雇されました。その後にトム・アンダーソン氏は他の従業員とともに退職し、メーカーを立ち上げたのです。 シェクターとトムアンダーソンはギターのデザインやボディの形状に似る部分もあり、ギターに対するイデオロギーが一部共通している部分があるためか、両ブランドを所有するギタリストもいます。 設立当初はジェームスタイラー等の下請け製造がメインでしたが、後にカスタムオーダーも手掛けるようになり、現在は多くのラインナップを販売しています。

TOM ANDERSON トム・アンダーソン エレキギターの特徴

トップにメイプルをあしらった非常に美しいボディ加工が特徴ですが、ピッキングに最適化された右肘部分のカーブされた削り加工からも、外観美と機能性に非常に長けたギターなのが特徴の一つです。 音に関しては、コードポジションによるチューニングの不安定さを解消した、「バズフェイトン・チューニングシステム」を採用しており、非常にクリアで抜けの良い音が特徴です。また、ネックとボディの接合部分を最大限増やし、ギター本体の振動伝達を伝えるジョイント加工がなされており、木材の持つパフォーマンスを最大限に引き出すよう設計されています。 また、電気系統への拘りとオリジナリティは随一とも呼ばれ、オリジナルッピックアップの製造や、「スイッチュルー」と呼ばれるピックアップの組み合わせを選択できるスイッチシステム、ギターソロ時に役に立つブースタースイッチなど、ギタリスト視点に立ったまさに「最適化」された電気系統を持つギターです。

TOM ANDERSON トム・アンダーソン エレキギターの使用アーティスト

スティーブ・ヴァイ、マイケル・ランドゥ、DAITA(SHAM SHADE)といった凄腕ギタリストから、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、クリストファー・クロスといったビックネームまで愛用者がいる事からも、同メーカーのクオリティがプロからの信頼度が高いという事が伺えます。

TOM ANDERSON トム・アンダーソン エレキギターのラインナップと価格

同メーカーの代表的なモデル「Drop Top」を有するSファミリー、テレキャスターのTファミリー、コブラ、レスポール型のブルドッグ、Atom、Crowdsterの6種類が現行モデルとして発売されています。 価格は近年の減産の影響から、新品では最低30万以上となっており、中古でも20万円を切るケースは稀です。

トム・アンダーソン エレキギターに関連する記事

  • こだわりが詰まったトム・アンダーソンギターの魅力と特徴!

    こだわりが詰まったトム・アンダーソンギターの魅力と特徴!

    スタジオミュージシャンなどが使用できるように細部までこだわりぬいたギターがトム・アンダーソン社のギターです。ピックアップなどのパーツも高い評価を受けており、どちらかというと玄人好みになっているメーカーです。この記事ではそんなトム・アンダーソンギターをより多くの方に知っていただく為に細部のこだわりや人気のラインナップ、さらにはその特徴をご紹介します。