オベーション エレキギターの商品一覧

オベーション エレキギターの商品を掲載中です。オベーション(Ovation)はアメリカのエレアコギターのブランドです。かつてはエレキギターやエレキベースの製造を行っていた時期もありますが、非常に短期の生産のみで現在は作られていません。親会社が航空会社という非常に特殊な楽器メーカーという部分も特徴的です。エンジンなどを作る際の技術を応用し、フェンダーなどの大手老舗メーカーのサウンドを科学的に検証、再現をしている為、アンプから出力した際のサウンドの安定感は抜群です。冒頭でもお伝えしましたが、現在はエレキギターの販売は行っていない為、中古市場で探すしかありません。少し変わった1本をお探しの方やコレクターの方にはオススメのメーカーですので、是非お探しください。

■オベーション(Ovation)のエレキギターの特徴

オベーションの特徴は何と言ってもそのボディ構造でしょう。強化プラスチックによるラウンドバックという他のメーカーでは見たことも聞いたこともないボディ構造をしています。これはヘリコプターの羽を作っていた親会社のノウハウをギター製造に活かしたことにより生まれたものです。バックがお椀のような曲線で、独特のフィット感があります。また、強化プラスチック製ということもあり、非常に軽く、強度もあります。このラウンドバック形状により、反響した音がサウンドホールに集中するため、今までのギターの概念とは真逆の「箱鳴りを抑制する」という効果をもたらしています。これにより、ハコモノエレキの最大のネックであったハウリングを抑えることに成功しています。音質としては、好き嫌いがキッパリ別れる音と言えるでしょう。オベーションの音はエレキでもなくアコギでもなく「オベーションの音」なのです。高音と低音が削られ、中音域のヌケの良い音質です。エレアコはどれだけアコギに近づけるか、という考えが常識ですが、その常識とは真逆に位置する個性あふれるギターです。

■オベーション(Ovation)のエレキギターの価格、愛用アーティスト

スタンダードシリーズは6万円から7万円台、エントリーシリーズは10万円近辺、レジェンドシリーズは高いものですと30万円くらいするものもあります。多くの有名ミュージシャンからも愛されており、松本孝弘(B’z)、南こうせつ、松山千春などが愛用しています。海外アーティストですとアル・ディメオラ、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー等そうそうたるアーティストから絶大な信頼を得ています。

出品