ヤマハ エレキギターの商品一覧

ヤマハ エレキギターの商品を掲載中です。ヤマハ(Yamaha)は言わずと知れた国内の有名楽器メーカーです。ご存知の通り、元々はピアノを中心とした楽器を製造していました。しかし1965年、加山雄三主演の「エレキの若大将」で使用するために試作第一号のエレキギターを制作し、それ以降エレキギターを始め、様々なギターを製作しています。多くの楽器を製造・販売している事もあり、ヤマハのエレキギターは非常に品質の良い事で知られています。レスポールタイプやSGタイプ、ストラトキャスタータイプ、テレキャスタータイプなどのエレキギターがリ作られており、「REVSTAR」シリーズに始まり、「SG」シリーズ、「Pacifica(パシフィカ)」シリーズなどがリリースされています。

■ヤマハ(Yamaha)のエレキギター特徴

ヤマハ製エレキギターの特徴は、非常にシンプルなデザインで操作系に一切のムダがない点です。どのようなジャンルの音楽でも扱いやすく、かつオリジナリティー溢れるデザインとなっています。ある程度ギターをやっている人ならば、一目見ただけでヤマハのギターとわかります。価格も安価なモデルが多く、しかもサウンドとしては十分なクオリティーを持っており、流石大企業の技術と言わざるを得ません。ヤマハの代名詞とも言えるSGモデル、ストラトシェイプを基調としたPacificaモデル、超軽量かつ個性的なRGXA2などのモデルが存在します。

■ヤマハ(Yamaha)のエレキギター価格、愛用アーティスト

日本のグループサウンズを牽引してきたエレキの神様とも言われる寺内タケシ。モズライトを多く使用していますが、ヤマハのギターも愛用しており、自身のシグネチャーモデルは100円という高額にもかかわらず完売しています。またサディスティック・ミカバンドの高中正義、カルロス・サンタナなどもヤマハのギターを愛用しています。最近有名になってきた通称オオカミバンドと呼ばれているMAN WITH A MISSIONもヤマハのPacificaやRGXA2を使っています。価格としては4万円くらいから購入できるものもあり、最初の一本として購入するのもいいでしょう。ヤマハブランドである以上、クオリティーに関しては安心できるものがあり、最初の一本と言いつつも長い間愛用できるギターであることは間違いありません。

出品