リッケンバッカー エレキギターの商品一覧

リッケンバッカー エレキギターの商品を掲載中です。リッケンバッカー(Rickenbacker)はギターやベースを製造しているアメリカの楽器メーカーです。リッケンバッカーのエレキギターは、独特のルックスと芯の太いサウンドが魅力です。ロック黎明期からハードロック全盛期、近年のニュー・ウェイブに至るまで、ロック系のバンドやギタリストたちに愛されています。今ではさほど珍しくない12弦ギターを初めて開発したのはリッケンバッカーですし、実はエレキベースやエレキバイオリンを開発したのもリッケンバッカーだということをご存知でしたでしょうか。ビートルズのジョン・レノンなどが使用した影響で爆発的に人気になり、現在では一流メーカーの仲間入りを果たしているのが、リッケンバッカーのエレキギターです。

■リッケンバッカー(Rickenbacker)のエレキギターの特徴

リッケンバッカーには他のメーカーにはない特徴が数多く存在します。まず指板ですが、ローズウッド指板モデルにもかかわらず指板にしっかり塗装が施されています。一般的にローズウッド指板に塗装はしません。ですが、これにより指板のオイルメンテが不要になるという利点があります。レモンオイルやオレンジオイルで保湿するのは中々面倒ですので、めんどくさがりにはいいかもしれません。テイルピースにはリッケンバッカーの「R」が形取られています。ピックガードが二重になっているのも他のメーカーには見られない特徴です。一枚目のピックガードにスイッチ等をはめ込み、二枚目のピックガードは演奏性を高めるためにつけられています。現在ではセミホロウボディでミディアムスケールセットネックの300系、ソリッドボディでショートスケールスルーネックの600系の二種類がメインモデルです。廉価版は存在せず、すべて職人のハンドメイド製のためかなりハイクオリティな楽器と言えるでしょう。

■リッケンバッカー(Rickenbacker)のエレキギターの価格、愛用アーティスト

価格はどちらのモデルもおおむね20万円前後となっています。職人のハンドメイドギターが20万円で手に入るならば安いものだと思いますが、特徴的なルックスのため好みが非常に分かれるギターでもあります。あらゆるジャンルのギタリストから愛されており、エド・オブライエン(レディオヘッド)、藤巻亮太(レミオロメン)、財津和夫や峯田和伸(銀杏BOYZ)などが使用しています。

リッケンバッカー エレキギターに関連する記事

  • 個性的なメーカー!リッケンバッカーエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    個性的なメーカー!リッケンバッカーエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    Rickenbacker(リッケンバッカー)とは、アドルフ・リッケンバッカーによって作られたアメリカ合衆国の楽器メーカーです。日本の代理店は新星堂、山野楽器となっています。個性的なルックスや硬く芯があるサウンドで、多彩なジャンルのアーティストたちに支持され、長年人気を誇るブランドです。そんなリッケンバッカーが製造・販売しているエレキギターの特徴、種類、おすすめシリーズをご紹介します。

ガッキマニアとは

ガッキマニアは中古楽器の通販・フリマ情報サイトです。リッケンバッカー エレキギターをはじめとする中古楽器の情報サイト。エレキギター、エレキベース、アンプ、エフェクター、イヤホン、ヘッドホン、スピーカー、DJ機器、サックス、パーツ/アクセサリー、シンセサイザー/キーボード、DTM/DAW、ドラムなどのカテゴリがあります。