PRS エレキギターの商品一覧

PRS エレキギターの商品を掲載中です。ポールリードスミス(PRS)はアメリカ合衆国のギターメーカーであり、1985年に会社名にもなっているポールリードスミスによって創業されました。フェンダーやギブソンと比べると新しいメーカーではありますが、非常にクオリティの高い楽器を輩出しており、愛用しているミュージシャンも非常に多数存在します。

■ポールリードスミス(PRS)エレキギターの特徴

ポールリードスミスの特徴は、エレキギターの二大巨頭であるギブソンのレスポールとフェンダーのストラトキャスターの長所を掛け合わせたギターとなっています。ボディはマホガニーバック、メイプルトップでトレモロユニットとロッキングシステムを搭載したCustomシリーズが主力モデルです。デザインはアーチトップボディ、及びキルテッドメイプルやフレイムメイプル、鳥の飛行を象ったバードインレイが特徴です。最高機種ではギター全体を覆うドラゴンのインレイを持つDragonシリーズが存在します。PRSの一番の魅力は、やはり木目を活かしたボディの美しさでしょう。10topと呼ばれ、フレイムやキルトの木目が特別美しく、10本のうち最も木目が美しい1本という意味です。10topのキルトはもはやギターではなく芸術品のような美しさです。また、本来は台形や丸いインレイですが、PRSと言えばコレと言うほどの特徴になっているバードインレイ。慣れるまでは違和感を感じることもありますが、ステージ上での見栄えの良さは間違いありません。

■ポールリードスミス(PRS)エレキギターの価格帯、愛用アーティスト

使用しているミュージシャンも多く、有名なギタリストではマイケルジャクソンのリードギタリストとして選ばれたオリアンティやカルロス・サンタナ、国内ではSUGIZOやDAITA、野村義男などが愛用しています。価格帯は30万から、高いものだと100万を超えるものも存在します。どうしてもPRSが欲しい、でもそんな高額なギターは買えない…そんな方には廉価版であるSEシリーズもあります。こちらは10万以下で購入することができます。兼価版とはいえしっかりとPRSらしさのあるギターですので、PRSデビューにはちょうどいいギターです。

PRS エレキギターに関連する記事

  • カルロス・サンタナの使用ギター&おすすめ曲紹介!ラテンの血が音に!

    カルロス・サンタナの使用ギター&おすすめ曲紹介!ラテンの血が音に!

    メキシコで生まれたアメリカ出身のギタリスト、カルロス・サンタナ(Carlos Santana)。自身の名前でもある「カルロス」をバンド名に、1960年代から音楽界を牽引してきました。現在もその実力は劣らず、最前線で活躍しています。今回はそんなカルロス・サンタナの使用ギターやおすすめ曲を交えながら、彼の魅力を深掘りしていきたいと思います!では、メキシコならではのラテンの世界へ行きましょう!

  • 次世代のエレキギターPRSの特徴と種類、おすすめシリーズ

    次世代のエレキギターPRSの特徴と種類、おすすめシリーズ

    PRS(ポール・リード・スミス)は今や多くのギタリストに愛されているアメリカのギターメーカーです。主に「ハイエンド」と呼ばれる高品質、高価格なエレキギターを生産しています。1985年創業の比較的若いギターメーカーでありながら、その品質や音色の良さから絶大な人気、知名度を誇っており、エレキギターの2大メーカーであるギブソン、フェンダーと並ぶ程の地位を築いています。そんなPRSの特徴や種類、おす...

  • 30周年を迎えたPRSエレキギターの特徴とオススメ人気モデル

    30周年を迎えたPRSエレキギターの特徴とオススメ人気モデル

    1985年に発売して以来、数々のアーティストに愛され続けているPRS(ポールリードスミス)は30周年を迎えました。その唯一無二の美しい見た目やプレイアビリティ、更にはサウンドなど魅力溢れるギターブランドです。数あるラインナップの中でも特に人気の高い「custom22」や「custom24」、「single cut」の特徴と魅力、各モデル事の違いをこの記事ではご紹介させていただきます。僅か30...

  • PRSエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    PRSエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    PRS(ポール・リード・スミス)は、1985年にアメリカ合衆国で設立されたエレキギターとエレキベースを製造するメーカーです。社名はPRS Guitarsと言います。この記事ではPRSエレキギターの特徴や種類、おすすめシリーズ・モデルを紹介します。