バッカス エレキギターの商品一覧

バッカス エレキギターの商品を掲載中です。バッカス(Bacchus)は、長野県松本市にある株式会社ディバイザーが展開しているエレキギター・エレキベースのブランドです。ディバイザーはこの他にオーダーメイドを受け付けるSTR、momose、Seventy Sevenと言うブランドを展開しています。バッカスはこのブランド群の中で、価格以上のクオリティに挑戦するブランドと位置づけられており、初心者からベテランまで多くのギタリストに愛されているブランドです。

■バッカス(Bacchus)のエレキギターの特徴

バッカスの一番の特徴と言えば、熟練のギター職人の手によって丁寧に作られるハンドメイドという点でしょう。多くのメーカーが工場でのオートメーション化でコストや人件費、製作期間を削っているなか、徹底したこだわりを持ってハンドメイドを貫いているブランドです。最上位モデルのハンドメイドシリーズはタイラーやクルーズなどのハイエンドモデルのOEMを受注している飛鳥工場の職人によるオールハンドメイドです。上位モデルのクラフトシリーズは組み込みが飛鳥工場、10万以下で買えるグローバルシリーズも海外の自社工場ではありますが職人によるハンドメイドと、手作りに徹底的に拘っています。

■バッカス(Bacchus)のエレキギターの価格

職人によるハンドメイドながら、価格は非常に安価に設定されており、最上位のハンドメイドシリーズは10万円台後半から20万円台、クラフトシリーズは10万円前後、グローバルシリーズは5万円から10万円、ユニバースシリーズは1万円台と、自分のレベルや求めるものに応じて選ぶことができます。ユニバースシリーズは中国生産ではありますが、熟練のクラフトマン指導の下で生産されており、1万円台で購入できると考えると、コストパフォーマンスは最高です。愛用アーティストでは過去にGLAYのJIROモデルが出ていましたが、それ以外のアーティストで使用しているというのを聞いたことがありません。あくまでも「価格の割に素晴らしいギター」というものですので、プロのアーティストはもっと高級なハイエンドギターを使うのかもしれませんね。

バッカス エレキギターに関連する記事

  • 安心 安全の国産エレキギター、バッカスの特徴とシリーズ

    安心 安全の国産エレキギター、バッカスの特徴とシリーズ

    bacchusとは長野にある飛鳥ファクトリーという工場で製作されるハンドメイドギター、ベース を中心に発売している国産ブランドであり、飛鳥ファクトリーではバッカスの製品だけではなく oem製作もたくさん行なっており質の高さが伺える。そんな国産エレキギターバッカスの特徴、シリー ズ、使用アーティストについてまとめました。

  • バッカスのおすすめギターと種類一覧まとめ

    バッカスのおすすめギターと種類一覧まとめ

    バッカス(Bacchus)といえば、コストパフォーマンスが良いことで有名で、人気の高いメーカーです!この記事では、そんなバッカスのエレキギターの特徴や種類をご紹介していきます!

ガッキマニアとは

ガッキマニアは中古楽器の通販・フリマ情報サイトです。バッカス エレキギターをはじめとする中古楽器の情報サイト。エレキギター、エレキベース、アンプ、エフェクター、イヤホン、ヘッドホン、スピーカー、DJ機器、サックス、パーツ/アクセサリー、シンセサイザー/キーボード、DTM/DAW、ドラムなどのカテゴリがあります。